ブログ「マクロなポケット」Blog

7/6日本食用塩研究会年次集会in新宿

  連日、本当に暑いですね! ニュースを見ていると、1日に900人もの方が熱中症で 病院に運ばれています。 「水分を充分に摂りましょう」と言われていますが、 脱水症状を起こしそうなときにもうひとつ必要なのは、「塩分」です。 ちなみに暑い中を作業しなければならない工場の休憩所や 食堂には、梅干しが置いてあったり、観光地で人力車を引っ張る お兄さんたちは水と塩を補給しつつ、走り回っていたりします。 さて、今回はそんな人体に欠かせない「塩」について 勉強されている団体「NPO法人日本食用塩研究会」の 年次集会の模様をお伝えします。 706食用塩1.JPG (↑会場となった新宿西口前のスバルビル・レガシィホール。 会場は満席でした。) 昭和46年、「塩業近代化臨時措置法」が施行され、国が指定した 7社だけに、現在で言う「イオン膜・立釜式」という製法でのみ塩作りが 認可されるようになりました。 その製法でできる塩は、塩化ナトリウム純度のとても高いものでした。 しかし、日本で昔からおこなわれていた塩作りで主流だったのは、 塩田で海水を濃縮し、平釜でその濃縮海水を煮詰める、 「天日・平釜法」。 高純度の「イオン膜・立釜式」の塩より、この伝統的な 「天日・平釜法」の塩のほうが、人間の身体に必要なミネラルバランスが 揃っているのでは? という研究目的で、昔ながらの塩作りの 挑戦を開始したのが、「日本食用塩研究会」でした。 そして、この研究活動を牽引していたのが、マクロビオティックを実践する 食養家の先人たちでした。 研究会で提唱している“伝統食育”は、マクロビオティックを 基盤としているということもあり、今回講演の講師として、 正食クッキングスクールの岡田昭子校長と、講師の野口清美先生が 招かれ、講演をおこないました。 706食用塩2.JPG 開会の挨拶をする、日本食用塩研究会理事の寺田牧人氏。 海の精株式会社の社長であり、先日お伝えした大島ツアーにて、 校長先生たち一行に塩の製造工程を解説・案内してくださいました。 706食用塩3.JPG 岡田校長の講演テーマは「正食で育つ、元気な体と明るい心」。 冒頭で、正食協会設立や「健康と平和」(現「むすび」)創刊の エピソードを、「健康と平和」創刊号などを提示しながら話されました。 そして、正食とはどういった考え方のものなのかを説明し、 クッキングスクールに通う方の心身の変化を、 上級クラスの感想文や体験レポートの記述を紹介しながら 述べられました。 スクールに通う前、どういったものを食べていたのか? それは「オカアサンヤスメ」「ハハキトク」といった食べもの。 ※オ=オムライス カ=カレーライス ア=アイスクリーム サン=サンドイッチ ヤ=焼そば ス=スパゲッティ メ=メンチカツ ハ=ハンバーグ ハ=ハムエッグ キ=ギョーザ ト=トースト ク=クリームシチュー 基本的にカタカナで表記される料理です。 それに対し、正食では「まごはやさしい」の、和食を中心とした 食べものを中心にいただきます。 ※ま=豆 ご=ゴマ は(わ)=わかめ(海藻) やさ=野菜 しい=椎茸(乾物) それらの中心にあるのが、お米(穀物)。 その穀物の大事さを、翌日7日が七夕であることを踏まえ、 古事記では「たなばた」が「棚機」: 棚田に機織の道具を入れて豊作を祈るという行事だったことを 例に、語られました。 706食用塩4.JPG 休憩を挟み、後半は野口清美先生の講演です。 706食用塩5.JPG テーマは、現在協会の講座でもおこなわれている、 「マクロビオティックで安心な出産と子育て」。 3人のお子さんをマクロビオティックで育て上げられた経験をもとに、 正食と出会うまでの失敗談、お姑さんとのやり取り、 幼稚園や小学校で認知されるまでのエピソードなどを 軽快なテンポで、ふんだんに盛り込んで話されました。 胎児期に、お母さんが食べたものが胎盤を通って 赤ちゃんに届く。 280日で生物の進化の道をたどる赤ちゃんには、 1日が1000万年間。 お母さん方にはぜひ、「自分の育む生命が、 未来をつくる」という“女性”としての意識を持ってほしい。 そしてそういった食を整えるためにも、 家庭内の秩序を整えることから始めてみては? という提案をされました。 講演後は質疑応答の時間がとられ、寺田理事が参加された皆さんから 集められた質問表を整理しながら、岡田校長、野口先生に 投げかけ、それぞれに回答がなされました。 706食用塩質疑.JPG 「お母さん方の不安な心が赤ちゃんやご家族に伝播することが、 一番のマイナス。ぶれずに、信念を持って歩んでください」と 激励する場面もあり、真剣に皆さん聞き入られていました。 終了時には花束贈呈のサプライズもあり、 最後にはスタッフの皆さん、大島よりはるばる聴講に来られた 海の精大島工場の皆さんと記念写真を撮影しました。 706食用塩記念.JPG ご参加いただいた皆様、寺田理事はじめスタッフの皆さん、 どうも有難うございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月11日 09時39分更新
  • ブログカテゴリー:

7/5~7/9レギュラーコースコメント

  7月に入って10日近く経ちますが、ほとんど連日猛暑ですね。 皆様、本当に体調には充分お気をつけくださいね! さて、今回は5日から9日にかけておこなわれた クッキングスクールレギュラーコースの模様を、先生がたの コメントを中心にお伝えします。 5日は上級金曜クラスがおこなわれました。 担当は、ネットワーク教室「佐賀おひさま教室」の講師である 西村幸子先生。 20歳のころからお母様と一緒に正食を学び始め、 現在は一児の母となって、子育てと料理教室に 精を出す毎日とのこと。 はるばる佐賀からお越しいただいたのに・・・ すみません! 当日あまりに来客続きで西村先生の授業写真が 撮れませんでした(汗) 代わりにといってはなんですが、5月に校長先生が佐賀教室で おこなった特別授業の1枚をば・・・。 デモ3.JPG 校長先生の隣で、お鍋の面倒をみているのが、西村先生です。 上級第7回では、「うずら豆と夏野菜の含め煮」や「たたきごぼう」といった お料理を学びました。 西村先生からのコメントです。 「にこやかに、楽しそうに仲良く皆さんが作っておられて、 とても楽しかったです。有難うございました」 こちらこそ、ご担当有難うございました。 6日はスイーツコース。こちらは先にご紹介しているので、 そちらをご覧いただければ幸いです♪ 7日は、初級日曜クラスの第7回・8回がおこなわれました。 午前、第7回の担当は、和歌山からお越しの柳澤幸代先生。 きれいなブルーの紫陽花を差し入れていただきました。 707柳澤.JPG 正食の料理をおいしくする、「蒸し煮」について、 ここでもしっかりと教えていただきました。 午後の第8回は、京都からお越しの、野口清美先生。 ちなみにこの前日、野口先生は東京新宿にて校長先生と 一緒に講演をされていました。 707野口.JPG この回では、玄米海苔巻きを学びました。 巻きすの置き方、ごはんの乗せ方など、丁寧に教えていただきました。 授業後、先生方からコメントをいただきました。 柳澤先生からは、 「お粥の炊き方、初めてでした。授業でお教えしたポイントをおさえて、 安全にお粥をおいしく炊いてください。 煮付けは蒸し煮がポイントですが、皆さん上手になっていましたよ。 ごま和えのごま炒りも、少しずつ経験していって、 体得してくださいね。 次回は最終日になります。ごぼうのささがきをしますので、 早めに来られたら、ぜひたくさんささがきの練習をしてくださいね!」 野口先生からは、 「今日は七夕さまでしたね・・・。そのお話もしたいと思っていたのに、 すっかり忘れてしまいました。 海苔巻きおいしかったですね~。ロッカールームの紫陽花が きれいでしたね。 来月はもっと暑いと思いますが、頑張って来てくださいね。 今晩は、みんながもっと元気に、もっともっと幸せになりますように お祈りします・・・」 翌8日は、中級月曜クラスの第3回・4回がおこなわれました。 午前、第3回のご担当は、兵庫からお越しの森脇敦子先生。 タイガースの最近の活躍、気になりますよね(笑) 708森脇.JPG この回では、手作りの麺の油揚げからする、かた焼きそばや、 ちょっとしたおもてなしにも使えるそば米の葛煮を学びました。 午後からは、同じく兵庫からお越しの島田弘子先生。 708島田.JPG 摘んできた葉っぱと花を生徒さんに回し、 「これ、何の花だと思いますか?」と質問。 「あざみに似てます」といった感想や、葉をちぎって食べてみて、 「苦い!」という感想を受けて、 「実はこれ、ごぼうの花と葉っぱなんです」。 そうして、野菜の陰陽について話されました。 授業後、コメントをいただきました。 森脇先生からは、 「暑い中を皆さん、よくおいでくださいました。 正食をしていると、外の暑い寒いにあまり影響を受けずに 過ごせるようになってきますので、これから暑くなりますが 頑張って来てくださいね。 どの班も、かた焼そばが上手に揚がって、おいしくいただけましたね。 次回はごま塩です。おうちで、ごまを炒る練習をして来てくださいね」 島田先生からは、 「正食いなり寿司、やさしい甘みで美味しかったと思います。 丁寧においしく、ふっくらと寿司揚げを炊くこと、 味付ごはんをやさしく詰めて、寿司揚げでやさしく包んで ちょっと寝かすと、ごはんと揚げが馴染んで、 よりおいしくなります。 ぜひごはんを色々変化させて活用してくださいね」 9日は、中級火曜クラスの第6回でした。 担当は、奈良からお越しの今村圭子先生。 709今村.JPG この回では、洋食に活用できるオートミールバーグや、 ラタトゥイユにも転用できる夏野菜温サラダを学びました。 今村先生からのコメントです。 「梅雨明けの暑い日に、皆さんご参加有難うございます。 夏向けのメニューは、どれもとてもおいしく出来ましたね。 また大切なきんぴらもしっかりとマスターしてくださいました。 食材をみてのお料理の大切さを感じていただきました。 どうぞご自宅で復習をお願いします」 次回の授業は、 上級金曜クラスは7月19日、初級日曜クラスは8月4日、 中級月曜クラスは7月22日、初級火曜クラスは7月23日です。 どうぞ皆さん、次回もお元気な姿でお越しくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月10日 18時26分更新
  • ブログカテゴリー:

CREA8月号にスクール紹介掲載

11・12日におこなわれる生国魂神社(生玉さん)のお祭りの、 太鼓の練習の音が徐々にリズミカルなテンポに なっています。 さて、今回はちょっとしたお知らせです。 「CREA(クレア)」8月号に、正食クッキングスクールの 紹介を掲載していただきました。
 クレア掲載1.JPG ↑この表紙の号です。 特集テーマは「聡明な女は“週末料理”がうまい!」。 (現代女性の心をくすぐるタイトルですね・・・笑) 気軽な女子会からお茶会、大勢を呼んでのパーティなど、 「おもてなし」に使えるレシピや、テーブルコーディネートの コツまでを掲載する1冊になっています。 その中に、「おもてなし上手な女になろう」という 企画ページがあり、正食クッキングスクールが 紹介されています。 クレア掲載2.JPG 使用した料理写真はご存知“基本の正食料理”。 ですが、この基本を踏まえたら、 素材の美味しさを活かすお料理にどんどん発展していける、 と実感されている方は多いかと思います。 教室のロッカールームに見本誌を置いています。 書店で販売されている雑誌ですので、 よろしければ、皆さんご覧になってみてくださいね♪ また、お写真掲載にご快諾いただいた皆様、有難うございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月10日 08時57分更新
  • ブログカテゴリー:

7/1研修科&特別講義

  昨日、7月7日は七夕でしたね。 皆さんは笹の葉に願い事を書いた短冊を吊るしたり、 七夕の行事を楽しまれましたでしょうか? とにかく夜まで暑かった印象が強かったのですが、 そういったときには、「むすび」の表紙にも登場した冬瓜や 胡瓜といったウリ系などの夏野菜で体内から調子を 整えたいですね。 さて、今回は先週1日におこなわれた研修科の模様を お伝えいたします。 この回の研修科は少し変則的になっており、 午前中は毎月と同じく、研修生によるデモ実習と 担当講師による模範デモがおこなわれました。 701研修今村.JPG ↑小豆昆布のデモをおこなう、今村圭子先生。 コーフの作り方や海苔巻きも、デモにチャレンジしてもらった後、 実際に蒸しあげて完成させていきます。 そして午後からは、特別講師にによる講義が おこなわれました。 マクロビオティック歴40年、半断食セミナーなどで知られる 橋本宙八先生です。 普段の回では研修生のみを対象とした講義や研究発表の 時間ですが、この日は、上級コース・師範科コースで 学ばれている方、現役講師・指導員も聴講しました。 701研修橋本2.JPG 橋本先生は26歳のときにマクロビオティックと出会い、 人生ががらりと変わったそうです。 そのひとつは、「健康で幸福で自由な人生を送るには、 いのちの元である食の秘密を知り、その知恵を身につけ なければならない」ということと、 「世界に起こるさまざまな現象を解明し、自然や宇宙の 仕組みを知るには、東洋哲学の根幹である陰陽論を 知ることである!」ということでした。 701研修橋本1.JPG テーマは、ずばり「無双原理」。 誰にでも実践可能で実用的な「人生の生き方術」であるマクロビオティックを どう学び、身につけ、深めていけばよいのか? 老子や、旧約聖書の天地創造のくだりを引用して「陰陽」について 語られ、古代の人たちは彼等なりに「宇宙とはどういったものか?」 ということを知っていたこと、それが例えば曼荼羅のような図として 表現されている、といった壮大なお話から、 「正食を知っている人は、毒も何も使わなくても完全犯罪ができる(笑)」 (←正食と真逆の食生活を家族に勧めれば・・・、 また、味付けの塩梅ひとつで・・・) といったブラックユーモアに飛んだお話まで展開しながら、 原理を理解して料理することの大切さを講義されました。 「正食は、素材とシンプルな調味料だけで勝負します。 作り手の体調や心持ちひとつで、味が大きく左右される ところが難しいんです」 という言葉には、実践されてきた実感が込められていました。 701研修科橋本3.JPG 質疑応答にも丁寧にお応えいただきました。 「こんな話が聞きたかった!」という方、 「奥が深い! 難しい~。でも勉強になりました」という方、 さまざまな感想を抱かれたようですが、 実践的な課題を考える、ひとつの機会になったようです。 橋本宙八先生、ご聴講いただいた皆様、 どうも有難うございました。 次回の研修科も、来月1日。 皆様のご参加、お待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月08日 13時08分更新
  • ブログカテゴリー:

7/6スペシャル「夏を乗り切るココロに優しいスイーツ」

 

76日は早朝から蒸し暑く、 まるでミストサウナのような重く湿った空気に 覆われていました。

そんな夏を乗り切る、ココロに優しいスイーツコースの第1回、 「冷たいスイーツ、固めるものでこんなに違う!」が 開催されました。

706スイーツB.JPG 講師は、東京自由が丘「グレイスフルスイーツ」で 腕に磨きをかけた、廣田直樹さんです。 706スイーツA.JPG

 

今回の講義テーマは、凝固剤がメインです。

寒天、本葛、ル・カンテンウルトラ (寒天のトップメーカー伊那食品の商品)の3種類の凝固剤を、 それぞれリンゴジュースに溶かし、凝固剤の配合量も変えて、 6種類作りました。 706スイーツD.JPG 706スイーツBB.JPG

柔らかいものと硬いものを食べてもらって、 それぞれの食感を楽しんでもらうことと、 ゼリーはこういうものだと決めつけるのではなく、 自分の好きな硬さを見つけてもらうための作業です。

706スイーツC.JPG 

本番の紅茶ゼリーの凝固剤は寒天で、甘味料はアガベシロップで 作りました。 706スイーツE.JPG アガベとはメキシコなどで育つ植物、リュウゼツランのことで、 テキーラなどお酒の原料に使われています。

廣田さんの「普通のお砂糖に慣れている人には、物足りないですよね」 という問いかけに対して、 「マクロビオティックのスイーツの中では、しっかりした甘さです」 との反応がありました。

マクロのスイーツというのは、もっと素材を活かした甘さとか、 もっと軽い甘さというイメージがあるので、今回はしっかりした アガベの甘さを感じられたようです。

 

軽食として出された豆腐のキッシュが好評でした。 706スイーツF.JPG 食べた人の感想です。「玄米と豆腐のキッシュなので、 地味な味だと想像して口に入れたのですが、異国の香りが ふぁっと入ってきて、思わず、うまっ!と声が出てしまいました」

廣田先生にその秘密を聴くと「人参と玉ねぎを入れた玄米リゾットに、 ジェノベーゼペーストを入れているんです」。

706スイーツG.JPG  

次回83日は、「植物性アイスクリームの魅力に迫る!」です。

植物性のアイスクリームは、あまり市販されていないので、 自分で作りたいという方が多く、とても楽しみにされているようです。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年07月07日 18時13分更新
  • ブログカテゴリー: