ブログ「マクロなポケット」Blog

8/24 2012年度秋期師範科卒業式

  前回お伝えした発表会に引き続き、 今回は24日におこなわれた秋期師範科クラスの卒業式の 模様をお伝えします。 試食と後片付けを終えて、協会裏手の公民館に移動し、 卒業式をおこないました。 式の前に、クラスごとに集合写真を撮影。 皆さんの晴れやかな笑顔が輝いています☆ 秋師範A.JPG A(木曜)クラスの皆さん。 秋師範B.JPG B(土曜)クラスの皆さん、 諸事情あって今回の発表会、卒業式のご参加となった 2012年春期師範科のお二方も一緒に。 そして卒業証書の授与がおこなわれました。 824授与.JPG 中には、授与の瞬間をカメラにおさめるべく“カメラ班”が 出動、拍手と笑いが同時に沸き起こる場面もたびたびありました。 講師陣を代表して、龍頭佳世先生、藤井美千代先生より 祝辞が述べられました。 龍頭先生は安藤昌益(江戸時代の医者・思想家)の言葉 「米なければ人なし、人なければ米なし、 人をつくる親は米なり」や、野口種苗の「種」を紹介。 「私たちがお伝えしたことは、あくまでも“種まき”です。 それを育て、実らせるのは皆さんひとりひとり。 これからもどうぞ頑張ってください」とお話されました。 824龍頭.JPG 藤井先生は、「信じるな、疑うな、確かめよ」と 「今あるをよしとし、現在よりの向上を目指せ」という言葉を 卒業生に紹介。「故岡田定三会長がおっしゃっていましたが、正食は 『正食道』です。お料理を入口にして、自分の精神性をどこまで 高めていくか。料理とともに心も磨いてもらって、それが幸せにも つながります。指導者は常に勉強し続けているもの。 皆さん、これからもずっと勉強を続けてください」 824藤井.JPG 卒業生を代表してAクラスからは竹内正二郎さん、Bクラスからは 山本浩代さんが答辞を述べました。 824竹内.JPG 「クッキングスクールで勉強していくうちに、桜沢先生の理論の趣旨は、 健康によい食事というだけでなく、自然の摂理に合った生き方や 心構えを大事にされていたと思うようになりました。 卒業というのはひとつの区切りですが、英語で“新しいことへの出発”という 意味も持っています。 今まで教えていただいたことをもとに、さらに自己研鑽に努めていきたいと 思います」と竹内さん。 824山本.JPG 「今回、卒業レシピを作成したことで、先生方が私たちのために とても時間をかけて授業を準備してくださっていたことがわかりました。 また講義では、マクロビオティックの幅広い捉え方を教えていただき、 中でも、校長先生の火傷の手当てのお話が印象的でした。 周りで困っている方がいたら、私も先生方と同じように親身に対応して あげたいと思います」と山本さん。 最後に、岡田校長先生より卒業生に向けてはなむけの言葉が 贈られました。 824校長.JPG 「皆さんのお力で、私もお力をいただいているのだとつくづく感じています。 協会を創設した岡田周三の言葉に、“桜門の一灯無学豆の花”という ものがあります。 “桜沢先生の周りには立派な方がたくさんいらっしゃるけれども、 一隅を照らすだけの無学な私ですが、あだ花がないよう頑張ります”、 という意味だと思います。 皆さんはこれからが日々勉強です。わからないことが出てきたら、 またそれが勉強の機会になります。 また、皆さん、卒業までに応援してくださった家族の方にお礼を申し上げて いただきたいと思います。 本日は本当にご卒業おめでとうございます」 閉会後は仲間や講師陣と記念写真を撮ったり、名残惜しい時間と なりました。 また、残暑厳しい残りの夏を元気に過ごせるようにと、 海の精株式会社さんより、「いのちのもと」をプレゼントして いただきました。 会場の後片付けも皆さんに手伝っていただき、 おかげさまでスムーズに撤収を終えることができました。 どうも有難うございました。 2012年度秋期師範科の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。 またいつでも、協会に遊びに来てくださいね!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年08月26日 11時06分更新
  • ブログカテゴリー:

8/24 2012年度秋期師範科卒業制作発表会

  金曜の夜から断続的な雨模様の大阪の週末、 そんな中、24日土曜日は正食協会3階を会場に、 2012年度秋期師範科クラスの皆さんによる 卒業制作発表会がおこなわれました。 卒制824.JPG 幸い、雨は激しくなく、気温も若干連日の猛暑に比べて低めの朝。 各地から作品の料理を手に会場入りした卒業生たちが、 最後の仕上げ=盛り付けに取り掛かりました。 824卒制2階.JPG ↑2階調理実習室で容器から皿などに盛り付けたり、準備に余念がない皆さん。 824卒制準備.JPG ↑3階の会場では、それぞれのブースにディスプレイをおこなっていきました。 824卒制校長コメ.JPG ディスプレイが完成したブースでは、岡田校長先生が 作品ひとつひとつについて、皆さんの頑張りを聞いておられました。 824撮影大会.JPG 全員のディスプレイが終わって、会場内は撮影タイムに☆ 自分の作品、また一緒に1年間頑張ってきたメンバーの 作品をデジカメや携帯のカメラにおさめました。 発表会が始まり、校長先生の挨拶。 発表会には、初級クラスから師範クラスまでの講師陣がお祝いに駆けつけました。 824校長陣.JPG 試食の前には、それぞれに作品についてのコメントを発表 していただきました。 824コメント2.JPG 824コメント1.JPG 個人発表の方、またグループ発表の方、さまざまですが、 自分の出身地の郷土料理、ご主人やご家族が好きな料理、 家族や大切な人のことを思って考え出した新レシピなど、 とても大事な思いのこもったお料理の数々の紹介をしていただきました。 824いただき.JPG 講師を代表して、野口清美先生に“いただきます”の音頭を とっていただきました。 一斉に、試食開始です! 824いただき1.JPG 並んだご馳走に、皆の顔がほころびます。 824いただき2.JPG また、この会にはムソー株式会社より「さらつや美人番茶」を 差し入れしていただきました。 試食後には、島田弘子先生や、尾道教室の藤原祐子先生に コメントをいただきました。 824島田.JPG 824藤原.JPG 一部ですが、皆さんの作品です! 824テーブル1.JPG 824テーブル2.JPG 824テーブル3.JPG 824ピクニック.JPG 824ブルー.JPG 824パエリヤ.JPG 824井田さん.JPG 824ライスコロッケ.JPG 824玄米ちらし.JPG 824南の風.JPG 824木ピンク2.JPG 824韓国家庭.JPG 824感性感謝.JPG 824そうめん.JPG 824カフェ.JPG どのお料理もスイーツも、本当にとってもおいしかったです♪ 卒業生の皆さん、どうもありがとうございました。 また、発表にあたり、ご協力いただいたご家族の皆様、ありがとうございました。 すべての作品の紹介については、「むすび」11月号の誌面にて掲載 させていただきますので、どうぞお楽しみに! また、卒業式の模様は次回のブログにてご紹介します!! ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2013年08月26日 00時29分更新
  • ブログカテゴリー:

8/19・20レギュラーコースコメント☆

  本日は午後から下り坂の予報の大阪ですが、 今はまだギラギラの太陽が照りつけています。 とはいえ、あっという間に8月も下旬。 明日は秋期師範科クラスの皆さんの、 卒業制作発表会です! 事務局スタッフも、そろそろ明日の会場設営などに 全員総出で準備に取りかかります。 発表会の様子は、またブログや月刊誌「むすび」にて お伝えしますので、お楽しみに! さて、今回は、今週月曜日と火曜日におこなわれた レギュラーコースの模様をお伝えします。 4月から始まったこのコースも、多くが最終回を 迎えています。 月曜日におこなわれたのは、6月からスタートした中級Wクラスの 最終回でした。 午前、第9回の担当は、森脇敦子先生です。 819中月森脇.JPG 重ね煮を使った、大切なおかず「しぐれ味噌」や、 今の季節に嬉しい「かぼちゃ白玉団子」を学びました。 試食のときには、今回で最終回ということもあり、 皆さんに感想を発表していただきました。

3年前に初級を受けていましたが、初めの頃は 手順を忘れていて、周りに手助けしていただきました。 とても楽しかったです。 低血圧で弱かったんですが、授業のある日は、ちゃんと起きられます(笑)。 もっと実践したいと思います」

 

「料理をするのがどんどん好きになってきました。 台所に立つのがストレス解消法になってきました。 今年の健康診断の結果がオールAになって、嬉しいです」

 

「料理以外のことも学べてよかったです。三歳の甥っ子と 同居しているのですが、玄米をおいしいと喜んで食べてくれます」

 

「こちらに来るようになってから有機で野菜を作るようになり、 野菜の力というものに目を向けるようになりました。 ここで習った料理を出しても、なかなか家族に受け入れて もらえないのですが・・・(笑)」

 

「夏はあまり汗をかいたことはなかったんですけど、 初めて汗をたくさんかいて、あせもが生まれて初めてできて(笑)、 体調が普通になってきているのかなと実感しています」

 

また、校長先生からお話をしていただきました。 「料理が好きになってきたという方が多いのが、 とても素晴らしいことです。 喜んで楽しんで真心込めて作った料理は、仕方なしに作ったものと、 まったく違うものになります。

周りからふんわりしてきたな、なんか変わったねと言われることが、 私たちの願いなんです。

家族の方が、ここの料理に馴染まないということは、 培われた味覚は急に変わらないということなので、 あせらないでください。押しつけは決してよくありませんよ」 情報化の現代、物事が早く動くことに慣れてしまっていますが、 じっくりゆっくり着実に、も大事にしたいものですね。 午後、最終回の担当は、島田弘子先生でした。

819中月島田.JPG  夏からおいしくなるかぼちゃを使った、 パンプキンポタージュや、パンプキンパイを作っていきました。 先生方からのコメントです。 森脇先生からは、 「本日で中級修了おめでとうございます。 皆さんがいつも穏やかに楽しくお料理してくださるので、 私も毎回楽しみに来させていただきました。 せっかく覚えたことは、忘れてしまうともったいないので、 時々お家で作ってくださいね」 島田先生からは、 「中級最終授業いかがでしたか。 最後が4人で1テーブルでしたので、大変かなと思いましたが、 皆さんスムーズにゆとりを持ちお料理しており、 見ていてとても気持ちよかったです。 これからも段取りよく丁寧に、楽しくお料理を 続けてください。 初級からの半年で、本当に皆さんの表情の変化に驚きます。 私も優しい微笑をいつも大切にしたいと思いました。 どうも有難うございました」 本当に暑い中、2週間に1度とはいえ丸1日の実習、 皆さんお疲れ様でした! 上級クラス以外にも、公開料理教室やスペシャルコース など、皆さんのお元気な姿をお待ちしております♪ 翌火曜日は、初級火曜クラスの第9回がおこなわれました。 担当は、金子多重美先生でした。 820初火金子.JPG この回は、こちらも今からがおいしいかぼちゃを使った ニョッキスープや、かぼちゃコロッケを作っていきました。 金子先生からのコメントです。 「まだまだ暑さは続きそう。 今は夏野菜をしっかりとって、体を冷やしてあげて くださいね。 高校野球も終われば、秋の声も間近です」 高校野球は昨日、決勝戦がおこなわれて群馬県の 前橋育英高校が優勝しましたね。 また、ニューヨークヤンキースのイチロー選手が通算4000安打を達成。 試合に出て活躍するためには、日々の体調管理、 大きな怪我をしないこと、さまざまな見えない努力が必要ですよね。 それを「プロとして当たり前」というイチロー選手のスタンスも すごいですが、 「-上手くいかなかった時間とどう向き合うか-」という コメントがとても印象的でした。 次回の初級火曜クラス、最終回は9月3日。 暑さももう少しマシになっているといいですね! 皆さんのお越しを、お待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年08月23日 14時38分更新
  • ブログカテゴリー:

9月のイベント紹介♪

  まだまだ残暑厳しい大阪ですが、 皆様夏の疲れは大丈夫でしょうか? さて、今回は協会に届いたお知らせ、 9月におこなわれるイベントのご紹介です。 『子どもの食を考える2日間 2013年秋分 農がはぐくむ こどもの食 こどもの命』 日時:2013年9月22日(日)、23日(月・祝)    22日 8時~17時(オーガニックマーケット8~12時                 フォーラム10時半~ ほか)    23日10時半~17時(フォーラム10時半~                  お弁当の日 11時~13時) 会場:奈良県立図書情報館「こどもの食フォーラム」     はぐくみセンター(※奈良市保健所・教育総合センター)・    JR奈良東口駅前広場    「こどもの『農家の給食』ツアー」    オーガニックマーケット、給食の時間、お弁当の日など。 奈良うら.jpg     フォーラムでの講演は、 22日安井孝氏「地産地消と学校給食」    西村いつき氏「地産地消と有機農業」 23日正木高志氏「持続可能性とこどもの命」    竹下和男氏「本当の食育と生きる力」 参加費:◎フォーラム1日券1000円             両日券1500円      ※小さなお子様連れの方はファミリースペースを       利用できます。      ◎「農家の給食ツアー」要予約・参加費無料(食材は実費)       6歳以上・定員200名       ※農家の給食試食は当日限定100食無料 奈良で農業やオーガニックに携わったり、また、各地で地産地消や学校給食、 こどもの食について考えている人々が一同に会するイベントです。 こどもの「農家の給食」ツアーでは、1日目にオーガニックマーケットで 食材のお買い物、2日目には実際にお弁当を作って披露していただきます! 「お弁当の日」仕掛け人の竹下和男さんに、スピーチもしていただきますよ。 皆様、ぜひご参加ください☆ 詳細は、 サイト:http://morinotsudoi.org/kodomo.shoku.html facebook:http://www.facebook.com/oishiikyusyoku お問い合わせは、 こどもの食フォーラム実行委員会:kodomo.shoku@gmail.com Tel:070-6505-2536(担当榊原)      

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

8/17安心な出産&子育て講座パート2第2回

 

毎回好評の野口清美先生の「安心な出産&子育て」講座が、

お盆明けすぐの土曜日に開講されました。


今回のテーマは「マクロビオティックで育む元気な体」。

毎日、日常でいただくご飯と、お誕生日などのお祝い事や

イベントでいただくご飯について、また、“おやつ”について、

語っていただきました。

817講座野口2.JPG

今、さまざまなお菓子やスイーツがあふれていますが、

いったいどんなものをお子さんのおやつとして食べさせて

あげればいいのか、岡田校長先生のおやつレシピ本

「おやつレッスン」や、野口先生のオリジナルレシピの紹介、

また野口先生が手作りした米粉のクッキーを持参され、

実際に試食しながら、講義が進められました。

817講座野口1.JPG

↑子育て真っ最中の方も、熱心に聴講されていました。


聴講された皆さんの感想です。

「陰陽の理解が少し深まりました。

いつも具体的なお話で分かりやすいです。

小さなことでも続けてやっていこうと思いました。

おやつのレシピをいただき、ありがとうございました」


「今回もとても充実した1日でした。

昔の食事を思い出したら、やっぱり今のような食事ではなかったし、

それはそれで満足して食べていたので、大切な赤ちゃんからのご飯が

大切だと思いました。体に必要ないものは、小さいうちから

気をつけて、『くせで食べる』というのだけは避けたいと

思いました」


「子どもの食べ物について学び、家でも玄米で作ったおやつを

試作するようになりました。

すると子どもがアレルギーを持っている友人から、

興味があるから教えてほしいという声を

いただくことが多くなりました」


「桜沢先生の本に書かれたことの時代背景・

男性目線しか反映されていないことをふまえて、

活用するようにと教えていただき、

多面的に理解する必要があるとわかりました」

 

「今回初めて受講させていただきました。陰と陽のお話を聞き、

私の体はガタガタだなぁーと思いました。

とってもわかりやすいお話で、少し食べ物に気をつけることから

始めてみようと思いました」


「何を食べさせるべきか、すごく勉強になりました。
豆腐は食べさせたら良いと思っていたのですが、
小さいときはそんなにいらないんですね。
先生手作りのお菓子もおいしかったです。
梅酢の技も学びました。『コショク』も、おもしろかったです」

パート1から全回ご参加の方、初めて受講された方、
また飛行機や新幹線などを使ってはるばるお越しの方など、
暑い中ご参加いただき、ありがとうございました。

次回の野口先生の講座は、914日(土)。

テーマは、「お母さんこそが、わが子の主治医」。

お子さんの体が弱っているときのご飯とお手当てや、

予防接種についてのお話をしていただきます。

単発でのご参加も可能です。皆様のご参加をお待ちしております。

↓お申し込み詳細は、こちらまで。

https://www.macrobiotic.gr.jp/seminars/kosodate2.html


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

  • 2013年08月20日 18時56分更新
  • ブログカテゴリー: