ブログ「マクロなポケット」Blog

桜沢如一墓参会in京都

4月20日の日曜日。どんよりした曇り空です。雨の予報が出ていましたが、なんとか大丈夫そうな空模様でした。ちょうど二十四節気で言う、春の雨が全ての穀物を潤すという意味の“穀雨”の時期です。   今日は、日本CI協会と正食協会の合同開催で行われる桜沢如一墓参会です。この二つの協会は、1966年4月24日にこの世を去られた桜沢如一先生の思想・哲学を受け継ぎ、普及啓蒙活動を行っています。それぞれの協会から食品販売部門として誕生したオーサワジャパン株式会社とムソー株式会社が、墓参会の協賛企業として名を連ねました。   京都の堀川通り沿いにある本法寺教蔵院に桜沢如一先生のお墓があります。未だに海外から、ジョージ・オーサワ(桜沢氏の海外での呼び名です)を慕ってお墓参りに訪れる方たちがおられることに、住職さんが驚いておられます。 全国から約50名の、主にマクロビオティック料理の指導者層の参加者が集い、教蔵院の広間で、日本CI協会の勝又靖彦会長と正食協会の岡田昭子校長の講演が行われました。お墓参りの時間がくると、少し雨が落ちてきました。誰かが「先生の喜びの涙だな」と言いました。住職の読経の中、墓参が行われ、記念撮影をしました。 新緑が美しく瑞々しい京都の一日を、特別な想いで過ごすことができました。 この墓参会の様子は、「むすび」誌7月号で紹介させていただきます。 (Terry)  
  • 2014年05月02日 10時20分更新
  • ブログカテゴリー:

日本CI協会の方たちが正食協会に来訪されました

4月19日土曜日。日本CI協会の勝又靖彦会長と桜沢如一資料館の若いメンバー7名が、正食協会を訪ねてこられました。 目的は、正食協会の屋上にある資料室(我々はロフトと呼んでいます…笑)の見学がメインです。ロフトには創刊号から揃っている「むすび」誌(「健康と平和」「正食」「コンパ21」と誌名は変化してきています)のバックナンバーや、桜沢氏の古い著書、アルバムなどが置いてあります。   CI協会で研修期間を終えて、これからはマクロビオティック料理をキッチンカーで営業される男性、仕事に一旦区切りをつけて、パワースポットと言われるアメリカ・アリゾナ州にあるセドナへの長い旅に出る女性、リマクッキングスクールの仕事を始める女性、「桜沢如一とリマの顕彰会」事務局を引き継がれる男性など、この春新しいスタートをきる方たちが多くおられました。     資料館の仕事をボランティアでされているだけあって、「この桜沢先生の本は出版社が違っていて、内容は同じです」というマニアックな発言が聞こえてきたり、古いアルバムを開き、桜沢氏とご縁の深かった方たちのお名前を、かなりご存じなのには感心しました。 資料室見学の後、料理教室やムスビガーデンの見学をしていただきました。 今日は、みんなで大阪のホテルに宿泊し、明日は、京都に移動して、日本CI協会と正食協会の合同墓参会とは別に、午前中に桜沢如一先生のお墓参りをする予定です。日が沈む前に、大阪城を見学に行く皆さんとお別れしました。 (Terry)
  • 2014年05月01日 17時14分更新
  • ブログカテゴリー:

7月5日(土)食育フォーラムPart? 「強く かしこく しなやかに」

先日のブログでお伝えした、講演会のチラシが完成しました。 食育フォーラムPart?「つよく かしこく しなやかに」平成26年7月5日 大阪商工会議所で開催されます。 講師は、子どもが作る“弁当の日”提唱者、竹下和男先生と、
マクロビオティック指導者、山村慎一郎先生。
詳細は近日中にHPでお知らせいたします。 お問い合わせは正食協会まで。   ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  

山村慎一郎先生の講座が開かれました

 
4月13日の日曜日、正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生の講座、 「山村流・食養診断力アップ法」第1回「陰陽五行の基礎1」が開催されました。 造幣局の桜の通り抜けで、天満橋界隈は賑わっていますが、大川沿いのソメイヨシノは葉桜となっていました。            山村先生が主宰する望診法講座に、最近の傾向として、お医者さんが多く来られるようになったそうです。また、薬を使いすぎていることに疑問を持つ薬剤師さんや、自分が習ってきた栄養学と現実が離れてきている、と感じる管理栄養士さんも、勉強に来られる方が増えていると話されました。           「なかなか講座に出向く時間がとれない方も多いので、代替医療に関心のあるお医者さんを4~5人集めてもらったら行きますということになりました。若いドクターは、食事にすごく興味を持っています。生活習慣病は、薬だけではだめで、食事を変えないといけないことをみんなよく分かっています」   「講座のベースは、もちろんマクロビオティックですが、すごく理解してもらうのが難しいなと思うのが、マクロビオティックにがっちり入ってしまうと、自由度がきかなくなってしまうんですね」   「マクロビオティックでは、中心部が陽、あるいは下が陽、上が陰、中心部に対して外側が陰というふうに考えているんですけど、東洋医学では逆でですね、上が陽、下が陰、外が陽、中が陰になっているんですよ。ここがね、「え~っ!?」というところがあって、そこのところを突破すれば、というか頭を少し柔らかくすればなんてことない。見ている視点が違うだけですから。話をしている最中でもかまいませんので、わかんないなと思ったら、ストップかけて聴いてください」              はじめての参加の方たちに、優しい気配りをしながら、本題に入っていかれました。 生活習慣病に関連することで、最近、脂肪の吸収を抑えて、糖の吸収をおだやかにする、1本で二つの働きを持つ特定保健食品(清涼飲料水)の広告を目にしました。おいしそうなカレーや、唐揚げの入ったお弁当や、お寿司などが写真に使われています。食欲を満たした上で何かに頼るのではなく、食べる量や回数を減らすことに気づいてほしいと思いました。   7月5日(土)食育フォーラムPart? 「つよく かしこく しなやかに」が開催されます。 講師は、子どもが作る“弁当の日”提唱者、竹下和男先生と、 マクロビオティック指導者、山村慎一郎先生です。 食で引き継ぐ次世代へのバトンです。是非、ご参加ください。 (Terry)
  • 2014年04月25日 12時00分更新
  • ブログカテゴリー:

瀬谷ルミ子さんの講演会に行ってきました

 4月11日金曜日。「むすび」誌の2月号特集「世界平和のためにできること」で紹介させていただいた、NPO日本紛争予防センター理事長、瀬谷ルミ子さんの講演会に行ってきました。主催は、自然食品・伝統食品・有機食品などを主に取り扱うムソー株式会社で、対象はムソーが取引する企業の方たち約100名でした。   日本紛争予防センターは、紛争地や治安が不安定な途上国で活動しているNGO(非政府組織)で、現在はアフリカのケニア、南スーダン、ソマリアで活動しています。   その地域の人々が自分たちの地域の平和を維持できるようにすることを目的に、治安の改善(現地の警察に対して訓練や研修をするなど)、経済的・社会的自立(職業訓練や就職斡旋など)、和解と共存(民族間の対立など)に取り組んでいます。   瀬谷さんたちの援助で、最貧困の状態からあるていど回復した先は、経済発展していないとその国は自立していきません。紛争地や治安が悪い地域では、悪いことをする方がビジネス化しやすいということがあります。そこで、瀬谷さんは、アフリカなどの途上国への企業進出をお手伝いする「JCCP M」(http://www.jccpm.co.jp)という民間の会社を立ち上げて、日本の企業が現地に入ってビジネスができるためのお手伝いをしたいと話されました。  photo by KAKI *日本紛争予防センター(JCCP)について JCCPは、武力紛争により人々の生命・自由・機会が無条件に脅かされる状況を改善し、傷ついた社会に長期的な平和を築くことによって、紛争の発生・再発を防ぐために国内外で活動している認定NPO法人です。   JCCPへの支援には以下の方法があります。
  • 月々1,000円からの寄付でマンスリーサポーターになる
  • 会員になる
  • 寄付をする
  • 書き損じや未使用のはがきを送る
以上の支援について、詳しくはホームページを http://www.jccp.gr.jp    
  • 2014年04月24日 14時59分更新
  • ブログカテゴリー: