ブログ「マクロなポケット」Blog

山村慎一郎先生の新シリーズ「山村流・食養の奥義」が開催されました

1012日、3連休の中日の日曜日、正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生の新しい講座、山村流・食養の奥義の第1回「からだが冷えるとうつや引きこもりの原因になる」が開催されました。   イギリスでは認知症患者が80万人いて、医療費が4兆円かかっているそうです。日本は、予備軍を入れるとその10倍で800万人いるということは、40兆円かかるということになります。現在、日本の国民医療費が38兆円くらいですか。これにプラス40兆円だったら国家予算に近くなります。   これだけ医療費が増え続けるとトヨタやパナソニックが稼いでも、GDPを上げてもだだ漏れしていきます。その他にひきこもり、うつ病が増えています。大企業が困っているのはうつ病。会社に出てこられないわけですから。でもお金を払わなければいけないわけです。企業が加入する健康保険組合は、お金がかかり過ぎて四苦八苦しています。そういうことから考えると、食事を変えていかないと企業が破綻するかもしれないけど日本が破綻します。   食事が大切だということに気がついている人は増えてきていますが、じゃあ、 どうすればいのかとなった時に、食事に関心を持つのは女性なんですよね。子ども産んで育てて行くということから、本能的に食べものに関して関心が深い。それに対して男は戦ったり競争するようにできあがっているので、目が外を向いているわけですよ。あまり食べもののことは考えない。それで「あなたのために玄米食をするんだよ」と言った時に、けんかになりません? 子育てで、子どもが嫌がる台詞は「あなたのために、お母さんはがんばっているのよ」というのが、一番迷惑らしいです。旦那にしても、今までと違って、肉も魚も卵もない食事がいきなり出てきた時に、起こるのがマクロビオティック離婚(笑)。   私の勉強会ではロールプレイングするんです。立場を逆にします。私が奥さんになってご主人を説得する。反対の立場でやるわけです。皆さんが「肉食って、完全栄養食の卵食って、牛乳飲むのが絶対にいいんだから、俺の言う通りやれ」と言われたらどうですか? 絶対嫌だと思いますよ。五分五分ですよ。相手の意見も取り入れて、こっちの意見も聴いてよねとならなければうまくいきません。   次回は、119日(日)、「からだが冷えると太りすぎで痩せすぎの原因になる」です。単発受講もできますので、是非ご参加ください。お待ちしています。                                                                                                            
  • 2014年10月13日 12時18分更新
  • ブログカテゴリー:

秋レギュラー教室はじまりました

おはようございます笑顔 大阪本校では、秋レギュラー教室がスタートしております。 写真は初級火曜日クラスの第一回目の授業キラキラ 圧力鍋での美味しい玄米の炊き方を説明されているところです。 皆さま美味しそうに試食されていたのが印象的でした! 初参加の受講生に感想を聞いてみましたビックリ 自然食品関係の仕事をしている小林さん。 先生がやさしくて説明がすごく分かりやすかったです。 楽しく実習することができました。これから休まずにがんばります! これから半年間皆さまどうぞよろしくお願いいたします♪ 正食クッキングスクールでは、途中入学も可能です。 ご興味のある方、ぜひ一度お問い合わせください笑顔 HPはこちら https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular.html  
  • 2014年10月11日 10時51分更新
  • ブログカテゴリー:

岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・望診講座開催

104日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生のマクロビオティック手当法・望診講座第一弾の第1回「秋口を元気に過ごす肺の手当て~大根やレンコンを使った手当て 肺・大腸の望診~」が開催されました。   「夏にビールや氷菓子、アイスクリーム、清涼飲料水などを摂り過ぎたり、一日中クーラーの中で過ごしたりした人は、秋口に体が冷えて内臓が弱り、体内の水はけが悪くなる傾向にあります。そうすると抜け毛や鼻炎、喘息、アレルギー、浮腫、軟便などの水毒症状が現れやすくなります」   「今の食生活でご馳走といわれるものは、油モノがほとんどです。肺と大腸の改善には油モノを控える対策が必要となります。肺や大腸に溜まった油汚れを排泄するのにピッタリの食べものが秋の味覚です。拡散したエネルギーが収斂する秋には、油がのった食べものが増えますが、ちゃんとそれを処理する食べものもまた大自然は提供してくれるのです」   「椎茸や松茸、えのき茸、なめこ茸などキノコ類全般が肺や大腸にこびりついた油汚れ、その中でも動物性食品の脂を洗い流す、リンパ管の大掃除役をしてくれます。蓮根もまた体の水はけをよくする食べものです。蓮根は器官と同じ形をしており、呼吸器疾患全般に抜群の効果が知られています」   これからの季節(9月~11月)に弱りやすい経絡、肺・大腸系を養う食材は辛いもの、白いもの、根のものということで、大根、蓮根、生姜、葛を使った手当て、第一大根湯、第二大根湯、レンコン葛湯の作り方、使い方の丁寧な解説と実践も行われました。 このシリーズの第2回は、126日(土)で、「冬場を元気に乗り切る腎の手当て~ビワの葉やコンニャク、そばを使った手当て 腎・膀胱系の望診~」です。 自宅で簡単に、しかも効果的に実践できる昔ながらの手当法は、いざという時に実行するには、普段から体験を通じて学んでおくことが大切です。迷信と言われていた手当法を科学的な見地から説明していきます。 是非ご参加ください。お待ちしています。  
  • 2014年10月06日 12時38分更新
  • ブログカテゴリー:

研修科と研究会の合同講義が開催されました

927日(土)、正食クッキングスクールの指導員、講師、指導員を目指す人たちを対象にした勉強会「合同講義」が開催されました。 「むすび」誌で「21世紀村 目指せ半農コミュニティ」を連載していただいている寺口正人さんが講演デビュー。どっぷりと浸かっていた都会暮らしから福岡県うきは市に移住するまでの考察と田舎暮らし体験を語っていただきました。タイトルは「21世紀~農的暮らしのススメ」。寺口さんは20118月に開催された集中料理教室に15日間通い続け上級コースを修了されています。講演前、会場の聴講者を見て「先生たちがいるじゃないですか!?」と少々あせっておられました(笑)。   休憩をはさんで、「むすび」誌で「虫のいる森~生命を守る経済学研究室から~」を連載していただいている近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科の教授、坂田裕輔先生の講演です。九州の風土にひかれて、2010年に大阪から移住した熊本から来ていただきました。福岡で里山再生や商店街でカフェ作りの企画などもされています。 講演テーマは「不確実な時代を生きるためのものさしを身につける~経済学的な視点の紹介~」。「寺口さんのような実践をされる方々がもっと自由にやれて、その活動が広がるようにサポートするような政策作り、仕組み作りをするのが自分の役割なのかなと思っています」と話されました。   続いて高知から来て頂いた正食クッキングスクール師範講師の西森寿美子先生です。著書に「マクロビオティックと私 私の治病体験あれこれ」(正食出版)があります。 「料理を学んでいる皆さんに役に立つお話は何だろう、考え続けてきました。自分が失敗して痛い目に合って、何度も何度も失敗してそれでもやめないでいったところに何かがある。身に付くんですね。最後は結局、自学自習です。自分の胸の中に実感というものがあるのね。それが頼りです。生身の実感と勝手に呼んでいるんです。その実感にアプローチするお話はどういうことだろう。すごく悩みました。そして、こういうタイトルになりました。『マクロビオティック料理を伝えるとき~私の場合』」   この合同講義の内容は、「むすび」誌12月号で紹介いたします。お楽しみに。
  • 2014年09月30日 16時07分更新
  • ブログカテゴリー:

2014年秋集中講座が終わりました!

朝晩急に冷えてきた今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか? 先日9月24日に、15日間続いた秋集中講座(初、中、上級コース)が 全て終わりました。 15日間通しでご参加頂いた方も7名いらっしゃいまして、皆様、達成感と 充実感の中でキラキラしてらっしゃいました。 感想発表の様子をお伝えします。   「最初は1日持つかなと自信がなかったけれど、だんだん元気になってきました。温かい気持ちになれました。」 「なんちゃってマクロをしていましたが、本物を経験できました。素敵な出会いもあり楽しかったです。」 15日間(あるいは、5日、10日間)同じ釜の飯を食べた仲間との絆を深められた方々も多くみられました。 そして、「料理だけではなく、生き方も学べました」「技術も去る事ながら、食べる人のことを考えて料理することを学びました。米一粒を大切にすることも。これから生きていく上での哲学を学びました。」といったご意見も。 このお教室は、料理の技術だけで終わらないところが魅力ですよね。 この点がこのお教室の醍醐味だと思います。 マレーシアからいらした方も「マレーシアで是非この正食を広めたい」と決意新たにされていました。 そして、何より、この集中講座に通えたことに対してご家族の方々に感謝を表されている方が多く、とても温かい気持ちになりました。 色々な講師の先生と出会われた皆様は、先生方の一言一言を胸に、それぞれの日常生活へと戻られていかれました。先生方との出会いがきっと大きかったのではないでしょうか。 またこのお教室でお会いできるのを楽しみにしています。 ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました! 教室風景   正食協会では、ただいま、秋のレギュラーコースの募集を行っております。 是非、この機会にご検討くださいませ♪ https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/regular.html    
  • 2014年09月26日 12時25分更新
  • ブログカテゴリー: