ブログ「マクロなポケット」Blog

西下圭一先生のセミナーが開催されました

  11月2日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生のセミナー「未来が開ける生活習慣の極意」の第1回「思考を変える」が開催されました。西下先生がこれまでマクロビオティックや東洋医学を学び、鍛錬してきたエッセンスを伝えたいという意欲が感じられるスペシャル感溢れる内容でした。セミナー告知文にあったように、「食が変われば、運命が変わる」のでしょうか? 終了後、西下先生に感想を語っていただきました。   「健康法としてのマクロビオティックが広まったのはいいことだけれども、その根底にある東洋思想について理解し、また伝えていってくれる人が少ないように感じる」。これは3年前に亡くなられた正食協会の岡田定三会長が以前におっしゃっていた言葉です。   病気治しにマクロビオティックに出会ったり、健康・予防のため、幸せになるため…。人それぞれにあるとは思いますが、せっかく出会ったのに継続できなかったり、もしくは、あれやこれやと家族に言い過ぎて孤立し寂しい思いをしておられる方もいらっしゃったりして、残念な思いがしたこともあります。 僕自身は、20代で出会い、それからの20年近い年月を考えると、あのまま40代を迎えるよりはかなり健康的であると感じるし、何より幸せだし自由になったと思うんですね。   そんな背景もあって、続く人とそうでない人、幸せになっていく人と、そうでない人、そういう分かれ目みたいなのはどこにあるんだろうと考えてきたなかからの気づきを、いつかお話しできればと思っていました。 今日は、自由のためには孤独を恐れない覚悟とか、続けられないのは変わることに対する免疫システムがあることとか、いろんな角度から切り込むことで、その一端はお話しできたかなと思います。 そして、いつもよりは少な目でしたが、そうやって参加してくださった皆さんが、それぞれご自身なりの気づきを持ち帰っていただけたのではないかと思います。 ◇参加された方々からの感想です。
  • 今日のお話では、いろんな段階があることがわかり、なかでも「孤独を恐れない」ということが印象に残っています。確かに周囲にあれこれ言い過ぎると孤立してしまいますもんね。
 
  • まだマクロビオティックに出会って間がないのですが、どうやったら続けていけるんだろうと思って参加しました。楽しんでやっていく心構えとか、自由・不自由についての話を聞けて、今日は参加してみて良かったと思います。
 
  • 何を食べればいいのかばかり考えてきましたが、何を食べないかということもありますし、それ以前に「どう食べるか」というお話で、食べるときには「いただく」ことに集中することが大切で、テレビを見ながらとかの「ながら食べ」をしていた自分を反省しました。2時間のお話が楽しくて、最後まで集中して聞けました。
次回に向けてのコメントです。 大切なのは、せっかくの学びや気づきをどうやって行動に移していくか。次回は、行動を起こすうえで重要なポイントをお話しできればと思っています。   学ぶと、考えが変わる→言動が変わる→生活習慣が変わる→生き方が変わる→運命が変わる(運命が変わらなければ学んだ意味がない)ということを、ジーンズとTシャツ姿で還暦間近なのにとても若々しい南雲吉則医師が、先日、大阪の講演で話されていました。 「未来が開ける生活習慣の極意」の第2回は、12月14日(日)。テーマは「行動を変える」です。行動を変えて、新しい1日を過ごしましょう。 単発受講可能ですので、是非ご参加ください。お待ちしています。
  • 2014年11月08日 10時09分更新
  • ブログカテゴリー:

北欧スウェーデンからお客様が来られました

1031日。北欧のスウェーデンからローフードやスーパーフード、オーガニック関連を中心とした商品を取りそろえているレネー社のレネー・ボルテアさんクリストファー・ロバートソンさんが正食協会に来られました。料理本をたくさん出版されているレネーさんは地元ではちょっとした有名人で、Facebookの企業ページには1万以上の“いいね”がついており、Instagramのフォロワーも1万人近くいるそうです。   日本からは、オーガニックたまりや醤油、せんべい、海藻などを輸入していて、取引先のオーガニック&マクロビオティック企業、むそう商事の担当者と共に、各地の生産現場を回られている旅の途中でした。 初めての日本を訪問されたお二人の感想は「とても親切な人が多く、治安が良くて素晴らしい。食べ物もすごくおいしくて気に入りました」と話され、特に電車で移動中に自動改札機でチケットを取り忘れ、目的地の駅に着いて事情を話すと、ちゃんと連絡が入っていて問題なく通してもらえた時は、日本の交通機関のシステムに感心すると共に人のあたたかさに感動されていたようです。  この日は、正食協会では戸練ミナさんの重ね煮教室が開催されていて、授業風景を見学していただいた後、ムスビガーデンの店内で時間を過ごされました。   旅に同行した、むそう商事の江原大貴さんから一言です。 「今回は溜まり醤油、味噌、梅干、海藻といった日本の伝統的な食品のメーカーさんを中心に訪問頂きましたが、各メーカーさんの歴史やこだわりの製造方法に大変感銘されていました。 また今回がお二人にとっての初めての日本だったのですが、前述の通り満足して頂けたようで大変うれしく思います。 最後に現在Renee社では日本食のレンジを増やし、スウェーデンの市場により日本食を広める計画を進めており、今後のビジネスも楽しみなバイヤー様の1つです」(左端が江原さんです)  

~石塚左玄先生の顕彰会参加~

朝晩の冷え込みがぐんと厳しくなって来ました。 そんな中、秋晴れの土曜日に福井に行って参りました。 京都からサンダーバードに乗り込んで約1時間30分で福井駅に着きました。 そこから、とっても気持ちいい天気の中、レンタカーを借りて山口事務局長の運転で目指すは、大野市。稲刈りが終わり、広々とした田んぼの中を走る大きな道を抜け、1時間ほど走りました。そして、阪谷公民館に到着。 阪谷といえば、“食育の祖”石塚左玄先生のゆかりの地。この地で、石塚左玄先生の顕彰祭が行われました。主催の「食育のふるさと阪谷をよくする会」や共催の「NPO法人フードヘルス石塚左玄塾」の皆さんが出迎えて下さいました。  式典が始まると、次々に阪谷をひっぱってこられた皆様方が挨拶されました。そして、石塚左玄先生のゆかりの地で行われているさまざまな活動が披露されました。阪谷小学校では、「学校田」と言われる田を作り、先生方、生徒さんが一体となり米作りを行っているとのこと。そしてできたお米は、給食のごはんとして提供されているようです。そして、給食のメニューも「食養道」に基づいた食事になっているとのことです。さすが、食育を叫ばれた左玄先生のゆかりの地だなと感心致しました。左玄先生の親族の代表の方は、左玄がといた食養道の活動を、「誇り高き日本人の人格形成に役立ててほしい」とおっしゃられました。  そして、NPO法人フードヘルス石塚左玄塾の理事長である岩佐勢市氏が、「食育の祖石塚左玄とゆかりの地阪谷」という演題で、講演されました。石塚左玄先生の歩みをお伝えくださいました。「食医」と呼ばれた理由がよく分かりました。そして、現代食の問題点を指摘され、それをどうしていけばいいのかの問題定義をして下さり、とても刺激を受けました。我々正食協会の役割の大切さも改めて実感致しました。マクロビオティックという言葉も自然な流れでご説明され、一般の方々にもとてもすんなりと受け入れられているのがよく分かりました。 講演される岩佐理事長  その後、席を移して、食養に基づいたお食事を提供して下さいました。ネットワーク校講師の野坂淳一さんがメニューの説明、素材の作り手のことなどを丁寧に詳しくお話してくださり、身体も心も喜ぶ食事を頂きました。のっぺい汁に入っているこんにゃくひとつとっても前日に手作りしてくださったというもてなしぶりには、頭が下がる思いでした。  その後、山口局長と私は、岩佐理事長、野坂さん、研修科に通われている吉江幸子さんに同行頂いて、左玄先生のご先祖のお墓参りをさせて頂きました。これからも「マクロビオティックの普及に邁進していきなさい」とお墓の中から声がするような気が致しました。  帰りは、高台まですこし足を伸ばし、自然豊かな阪谷地区の全体を拝んでから、福井駅と帰ってきました。  マクロビオティックのルーツを探るとてもいい旅となりました。  阪谷の皆様ありがとうございました! (Taka)      
  • 2014年10月26日 10時45分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび11月号

 
むすび誌11月号が完成しました。 今月号の特集は、「楽しんでいます、マイマクロライフ」 岩手県で自然食レストラン、マクロビオティックカフェを経営する 畠山さゆりさんとイラストレーターせきねゆきさんが登場。 素敵な生活をしているお二人の記事を読むと、元気をもらえました笑顔 立ち読みコーナーで一部を読むことができますのでどうぞご覧くださいビックリマーク ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年10月21日 13時25分更新
  • ブログカテゴリー:

受講生の声をお届けします♪

おはようございますおはな 秋レギュラー教室続々とスタートしています。 「またよろしくね~!」とお馴染みの方もいれば、 初めての参加にドキドキしている方も。 どの教室も、和気あいあいとした雰囲気の中スタートですニコ 今日は受講生の声を紹介します♪ オーガニック食品関連のお仕事をされている竹内さん。 もともと食と健康に興味がありました。 仕事柄マクロビオティックをしているお客さんと取引することも多く、 自分も学ばなくてはと思い受講を決めました。 料理実習と講義どちらも学べるスタイルがすごく良いです。 今後、自分の体と味覚がどう変わっていくのか楽しみです! 竹内さん、ありがとうございました:) 半年後、笑顔で皆さまに「来てよかった!」 と言っていただけるよう事務局も精一杯サポートいたします星 まだお申込受付中の教室もございます。 ご興味のある方、お気軽にお問い合わせください。 https://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/index.html  
  • 2014年10月18日 11時04分更新
  • ブログカテゴリー: