ブログ「マクロなポケット」Blog

岡部賢二先生の講座「身も心も美しくなる~心と体の宿便取り~」②

 
5月31日土曜日。正食協会の理事、岡部賢二先生の講座「身も心も美しくなる~心と体の宿便取り~」の第2回「腸が変われば意識が変わる、人生が変わる~腸から始まる成功法則~」が開催されました。   今日は、腸から始まる成功法則というお話です。腸が変われば、意識が変わり、意識が変われば、人生が変わる。人生を切り拓く方法というのは、腸にあるのではと思っています。腸というのは皆さん、運気、運勢が関わっているとあまり意識されたことがないでしょ。超不思議って(笑)思う人が多いかもしれませんけど、今日は腸が変わって、物事がいいようにいいように行き始める、潜在意識とも関わる腸のお話をしていきたいと思います。   何をやっても、うまくいかないという人がいるわけですけど、悪いほう悪いほうに自分が選択してしまう。せっかくいい人がいるのに、機嫌を損ねることを言ってしまって、関係性が悪くなるようについつい、無意識の癖というか、潜在意識に入った癖といったものが、その人を悪いほうに引っ張っていくような状態。それを私は幸せ回避症と言っているわけですけど、潜在意識に蓄えられた、マイナスのデータ、無意識の癖といったものを、どうリセットしたらいいか、ということを、始めにお話していきたいと思います。   我々が日々考えたり、思ったりしている意識を、顕在意識というわけです。それに対して無意識、何気なくその人がとる態度とか姿勢とか、生活習慣全般にわたって無意識で選択している領域を管理している、意識の90%を占める意識を潜在意識といっているわけです。潜在意識の法則性の一番は何かというと、善悪の区別がつかないということです。判断ができない。だからいい事がデータとして潜在意識に蓄えられると、いい事を引き寄せる、現実化するように潜在意識は働くわけです。   自分が嫌いだとか、自分は価値がないとか、自分はなんてだめなんだろうと、ダメだしを自分にしていると、そのマイナスのデータを潜在意識が記憶していくんですね。そうすると無意識の中で、だめな自分を現実化しようとして、あらゆる不幸や事故や病気というものを無意識レベルで引っ張ってくる。善と悪の区別ができないので、そのデータ通り現実化を行おうとする法則性が働くんですね。   だから皆さんが、過去に自己否定、自己嫌悪というものを繰り返ししてきたのであれば、無意気のレベルで悪い方に引っ張ってしまう。無意識の中に蓄えられた、マイナスのデータをいかにリセットするか、いいデータにプログラミングを替えるかというお話だと思ってください。   ●10月と12月に岡部先生の、マクロビオティック手当て法・望診講座を予定しています。是非、ご参加ください。お待ちしています。 ①10月4日(土)「秋口を元気に過ごす「肺」の手当て~大根やレンコンを使った手当て 肺・大腸系の望診」 ②12月6日(土)「冬場を元気に乗り切る「腎」の手当て~ビワの葉やコンニャク、そばを使った手当て 腎・膀胱系の望診」   *「むすび」8月号に詳細を告知させていただきます。 (Terry)
  • 2014年06月13日 09時58分更新
  • ブログカテゴリー:

正食クッキングスクール香港校をスタートした、元気一杯の野崎恭子さんから手当法講座のレポートが届きました。

5月26日、 夏日の香港。 香港友の会さんとのコラボ企画「~キッチンのおくすりやさん~病院へ行く前にできる、食べ物を使ったお手当講座」が開催されました。   香港は日本より南国のため、湿気がとても多く、外気は暑いのに屋内は20度ほどの強い冷房にさらされる生活で、体調を崩す方がとても多いです。狭くて人口の密集している土地柄、SARS などが流行ったように、感染ものが流行り出すと本当に早い!お子様の学級閉鎖などの話は本当によくでてきます。まわりでも、ぜんそくなどの呼吸器疾患、皮膚疾患を患っている方が多いです。   だからこそ知っておくと便利なマクロビオティック!おばあちゃんの知恵です。 でも、まずは病気になる前に、色々と日々の生活を見直してもらいたいことがたくさんあります。 食べ過ぎていませんか? 季節のものを食べていますか? よく噛んでいますか?   まずはできること。毎日身体に入ってくる調味料を見直すことからはじめましょう。今回は、海の精さんに協賛頂き、お塩を配布しました。香港でも海の精は買えるので、ぜひキッチンのお塩を変えましょう。   そして「噛んでますか~!?」と、噛むことの大切さをお話しました。香港で玄米を扱うお米やさんに協賛頂けたので、プチ玄米おむすびを何回噛めるかチャレンジしながら食べてもらいました。私は550回、九州の玄米先生は1200回噛んだ話をすると、皆さん驚きの声!いかに普段、意識して噛んでないというのがわかってもらえたようです。 梅醤番茶は梅と醤油を練って作った本物を試飲。便利な携帯用の梅干番茶・スティックも配布させてもらいました。これはアフタヌーンティの多い香港、飲む機会の多い香港には重宝するんですよね。 豆腐パスタ―や青菜枕のデモをして、大根やりんごのお手当、そして蓮根の話。コーレンなども紹介しながら、私の生徒さんにも体験談を語ってもらい、体験を皆でシェアしました。そうすることで体験を実感できるのが大切だと感じています。お子様に薬を飲ませたくない方も多いので、皆さん真剣に聞いておられました。 このような機会を与えてもらえた香港友の会さんに感謝!参加した皆さんが食をちょっと意識してもらえたら、マクロビオティックに興味をもってもらえたら嬉しいですね。 *香港友の会は、1930(昭和5)年に、羽仁もと子創刊の雑誌『婦人之友』の愛読者によって創られました。健全な家庭をはぐくみ、地域に働きかけより良い社会を創りたいと活動されている団体で、食育講座などの企画を年2回ほど開催されています。今回も無料参加ということで、一般の方にマクロビオティックを伝えられると思いコラボさせて頂きました。  

5/24 小松先生のシャンティお茶会

5月24日小松英子先生のインドでの出産体験を聞く、 「シャンティお茶会」が開催されました。 赤ちゃんが産まれてすぐに蛍光灯の光を浴びる病院での出産より、暗闇で産んで徐々に光にならしていく出産方法をチベット医学の本で読んだ小松先生。 感銘を受けてチベットで出産しようと思ったものの、5000メートル級の山を超えるのはとても無理。ダライラマ法王がインドにいると知り、法王のいるインドのダラムシャラという聖地で出産しようと、妊娠5ヶ月目からご主人と共にインドで生活をして出産されたそうです。 食事を意識することによって妊娠したということもあり、 食事が血と細胞と考え方を変えた、という実体験をお話してくださいました。 おやつには番茶チャイとサモサ。 そして、7月からは小松先生のスペシャルコース 「暑い夏こそエスニック料理コース」も始まります! インドやタイなどアジア各国に滞在経験のある小松先生の 楽しい教室を是非味わってください☆ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
  • 2014年06月06日 15時24分更新
  • ブログカテゴリー:

これからのがん対策 ~がんにならない生活習慣~

     
5月24日、土曜日。日本CI協会主催の、第6回マクロビオティック医学シンポジウム「これからのがん対策~がんにならない生活習慣~」に行ってきました。ナチュラルハウス青山店を見学し、けやき並木の緑が美しい表参道を歩いて、会場のシダックスホールに着きました。      日本CI協会 会長 勝又靖彦氏 「協会では玄米を主食とした食養生を勧め、その食生活の指針となる陰陽判断力の育成を提唱しています」 「桜沢如一先生は現代人を克明な地図(知識)は所有しているがコンパスを忘れた旅人に喩えています。陰陽判断力とは人間ならだれもが所有している生来の本能で、その育成のベースは感性です。マクロビオティックはその感性育成のプログラムです」      公益財団法人 日本対がん協会 会長 垣添忠生氏 「わが国も含め、世界の先進国のがん対策は、がん予防、がん検診、がん診療、 緩和ケアの4本柱で進められています。中でも国家的視点に立てば、医療費のあまり大きな増大なしにがん患者、がん死を減少させるには、予防と検診に注力するのが合理的です」       独立行政法人 国立がん研究センターがん対策情報センター  たばこ政策研究部長 望月友美子氏 「タバコは日本では、紙巻タバコが主流ですが、ニコチンという成分をいかに効率よく体内に取り入れるか、という工夫によって様々な形態の製品になる過程で、保存料や添加物が加えられ、毒性を増しました。紙巻タバコの煙には7000種類以上の化学物質が含まれ、200種類の有害物質、70種類の発がん物質の塊を、喫煙者は繰り返し摂取し、周りの人たちにも浴びせているのです」       公益社団法人 生命科学振興会 理事長 渡邊昌氏 「2003~05年にがんと診断された人の国民全体と比較した5年相対生存率は男性55.4%、女性62.9%であり、まだまだ治る病気とはいえません。がんにならない生活習慣がしめされているのでそれを実行することが、“後悔先にたたず”です。がんになっても進行、悪化、転移を防ぐのにはマクロビオティックな生活が有効です」 (シンポジウムのレジュメから一部編集し抜粋) (Terry)
  • 2014年06月05日 15時29分更新
  • ブログカテゴリー:

山の神仏 吉野・熊野・高野

5月23日金曜日。大阪市立美術館で開催されていた特別展「紀伊山地の霊場と参詣道 世界遺産登録10周年記念 山の神仏 吉野・熊野・高野」に行ってきました。“吉野・大峯、熊野三山、高野山の三霊場を中心として篤い信仰をあつめる「神と仏」のすがた約150件を一堂に展観します”とパンフレットに書いてありました。 入場券を今春、正食クッキングスクール師範科を卒業された、巽伯龍さんからいただいたのです。巽さんは昨年の4月に岡田校長や講師の方たちと吉野の桜を見に行った折に、昼の休憩と見学をさせていただいた、櫻本坊というお寺の住職夫人です。確か「うちの本尊も展示されています」とおっしゃっていました。   地下鉄「動物園前」から、新世界のジャンジャン横町を抜けて、天王寺公園の中に美術館はありました。会場に入ると快晴でまばゆいほどの世界から一転して、薄暗い空間。たくさんの仏像などが間接照明で浮かび上がり、瞬時に古代へとタイムスリップしました。   櫻本坊さんから提供された展示物は、10品近くあり、ご本尊「役行者倚坐像」とも出会えました。そういえば、昨年、吉野で見たような・・・。メモしていると「インクが飛ぶといけないので」と、係員が鉛筆を持って来られました。展示物に細心の注意が払われています。展示されていた中で、8世紀のものが一番古いものでした。     光のある方向に向かい、別世界から現実に戻りました。天王寺公園を少し歩いてみました。池がきらきらと輝いていました。名前はよく聞いていた茶臼山(ちゃうすやま)に登りました。鳥の鳴き声と風が葉を揺らす音だけが聞こえます。ここが、近くにハルカスも見える大都会大阪の真ん中とは思えない静けさがなんとも不思議です。
平日ということもあったと思いますが、誰もいません。静かに散策を楽しむ贅沢をしました。 (Terry)
  • 2014年06月04日 11時36分更新
  • ブログカテゴリー: