ブログ「マクロなポケット」Blog

杉樽醤油を作る、小豆島のヤマヒサへ見学に行ってきました

  1113日、木曜日。正食クッキングスクールの講師陣の皆さんと、JR姫路駅に集合し、レンタカーで姫路港からフェリーに乗りました。小豆島の福田港までの時間、わいわい賑やかに楽しくおしゃべりしながら過ごしました。メンバーは、野口清美先生、島田弘子先生、今村圭子先生、そして指導員&事務局の宮本貴子さん。冬将軍到来とあって、風が強く波があるものの、太陽がまぶしく素晴らしい天候でした。   ヤマヒサの四代目社長、植松勝久さんに迎えられて、最初に案内されたのは、小豆島産オリーブオイルを搾っている工場でした。建物の中は青い果実の香りが溢れていました。工程をざっくり説明すると、果実をすり潰してペースト状にしたものを搾り、その果汁を遠心分離器で油と水に分け、油を濾過してできあがりです。   できたてのオリーブオイルを口にした野口清美先生の感想です。 「普段、私がいただいているものとは違って、何のくせもなく、オイルなのに少しさわやかな風味で、後口に少しだけ苦みを感じましたが、それさえもさわやかな感じがして、美味しいものでした。オリーブオイルが、果肉ごと一物全体を搾って作ることを初めて知りました」   そして、発酵食品が大好きな講師陣が興味津々の醤油工場に案内していただきました。ヤマヒサ醤油の伝統製法を、かいつまんで説明させていただきます。 蒸した大豆と炒って砕いた小麦を混ぜ、種麹(麹菌の胞子)を入れて、室屋(むろや)という部屋に入れます。 そして、温度や湿度を与え45時間ぐらいかけて、麹が作られます。その麹を杉樽に移して、塩水と混ぜます。これをもろみといいます。それから発酵熟成の段階に入り、濃口醤油で、1年半くらい時々混ぜながら寝かせます。そして、生醤油であれば、搾って火入れをせずに、濾過して瓶に詰めて出来上がりです。     今村圭子先生のコメントです。 「醤油蔵に入ると、深い香りと年代物の木桶に遠い昔にタイムスリップをしたような感覚を覚えました。木桶には仕込まれたもろみが発酵・熟成し、琴の音色をBGMに季節を重ね静かに変化し生きている力強さに満ちていました」 「一般ではステンレスでの仕込みが普通ですが、ヤマヒサ醤油さんは昔ながらの木桶を使われ、原材料も確かな物を使用され、私達に良い醤油を作り続けてくださるポリシーを感じました」   ヤマヒサを訪れるのは二度目の島田弘子先生の感想です。 「悠久の時がまるでそこだけ止まったようなこの蔵は、言葉にならない不思議な感覚がします。建物全体がまるで大きなひとつの生命のようです。生き物を育てるような人の優しさやぬくもりを感じました。自然にすべてをゆだねて見守り、丁寧に造り上げ送り出されるお醤油たち。今まで以上にお醤油に“いのち”を感じるようになりました。ここのお醤油はきっと自然にもカラダにも一番近い・・・いや私たちと同じ生命そのもののように感じました」   指導員の宮本貴子さんの感想です。 「醤油蔵の中で、お琴の音を聴きながら、フツフツと心地よさそうに育っているお醤油たちは、まるでお昼寝している赤子のような感じでとっても幸せな雰囲気でした。こんな命あふれる環境で育ったお醤油をいただける幸せを改めて感じました」     農産物などで、よく顔が見える関係ということを言いますが、料理や食卓で使う醤油を、海に浮かぶ島の風景や蔵のことや作っていただいている人たちの顔を思い浮かべながら味わう喜びは格別なことだと改めて感じた今回の旅でした。                                                       (Terry)
  • 2014年11月27日 12時55分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび12月号

正食協会が発行する月刊誌「むすび」 今月の特集は〝現代の食を知るブックガイド 和書編〟 立ち読みコーナーでは、「身体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか」 「やせる!」という書籍の紹介記事の一部を読むことができます。 本誌ではほかにも紹介していますので、通勤・通学・コタツのおともを 是非見つけてください笑顔 定期購読は随時受け付けておりますが、1冊からでも購入いただけますき ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年11月25日 10時04分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんクッキングライブ開催いたします

マクロビオティック・パーソナルシェフの西邨マユミさんをご存知でしょうか? 歌手マドンナのパーソナルシェフを務め、 ゴア元大統領をはじめ、多くのセレブリティにマクロビオティックの食事を提供されてきた方です。 今回忙しいスケジュールの中、西邨マユミさんに 正食協会でクッキングライブを行っていただけることになりました! 西邨マユミさんクッキングライブ プチ・マクロ DE メリー・クリスマス 12月18日(木) 10:30-15:00 定 員:30名(先着順) 受講料:8,000円 メニュー ・Stuffed Seitan 野菜を詰めたセイタン ・Cranberry sauceクランベリーソース ・Wiled Rice with Cornワイルドライス/玄米/セロリ/コーン ・Roasted Root Vegetables 野菜のロースト ・Green Salad with Maple-Mustard Dressing    グリーンサラダのメープルマスタードドレッシングがけ ・Quick Ume Vinegar Pickles 梅酢で漬けるピクルス ・Poached Pear with Red wine 洋梨のワイン煮(デザート) 先着30名様となっております。 お申込はお電話(06-6941-7506)にてお願いいたします。 皆さまのお申込、お待ちしておりますビックリ
*******************  正食協会                                 〒540-0021 大阪市中央区大手通2-2-7   Tel 06-6941-7506 Fax 06-6941-7039   https://www.macrobiotic.gr.jp/ *******************
 
  • 2014年11月20日 17時22分更新
  • ブログカテゴリー:

2015年1月31日食育フォーラムPart3「食が作る 未来とくらし」

2015年1月31日(土)食育フォーラムPart3 「食が作る 未来とくらし」を大阪商工会議所にて開催いたします。 長野県で中学校校長や教育長を努め、授業改革とともに和食中心の完全米飯給食に改めることで、いじめや不登校、非行の防止などに大きな成果を挙げた、教育・食育アドバイザーの大塚貢氏をメイン講師に招きます。 また、無農薬無肥料で自然栽培の米づくりに励む寺口正人氏、新米猟師・ライターの畠山千春氏のお二人にも、自然とのかかわりの中で見つめ直した食と暮らしについてお話しいただきます。 講演のあとは、寺口氏がつくった新米を使った玄米ごはんとマクロビオティック料理の試食会も。 見て、聴いて、味わって、食のチカラをぜひ実感してください。 詳細は近日中にHPでもお知らせいたします。 お問い合わせは正食協会までお気軽にどうぞ。

山村慎一郎先生のセミナーが開催されました

11月9日、日曜日。正食協会の理事で食養家の山村慎一郎先生のセミナー、「山村流・食養の奥義を公開」の第2回「からだが冷えると太りすぎや痩せすぎの原因になる」が開催されました。   冷えの話をずっとしているんですけど、結局、人間は冷えて死にます。赤ちゃんの時は体温が高くて、最後は冷えて死ぬ。最近若い人でも冷えている人がとても多いです。笑い話みたいになりますけど、若い女の子で膝が痛い、腰が痛いという人がいっぱいいるんじゃないかと思います。   「膝が痛い」なんて、年寄りの台詞だと思うんですけど、結局老けているのだと思います。年をとるといろんなところが、緩んで下がってきます。食べ物とか飲み物で緩ませるものの代表って何でしょうね。砂糖ですね。砂糖は緩みます。サトウキビからできますから、もともと日本にはなかったものですね。悪いモノかというと、そうではないんですね。適度に摂ってかまわないと思うんですね。例えば、労働が終わって一杯飲むとかして、適度に緩まないとちゃんと眠れないんですね。   やる気満々では眠れません。全部ご破算にしてから寝る。私の好きな言葉の一つに、どんなに悪いことがあっても、今日の日はおしまい。逆に、どんなにいいことあっても、今日の日はおしまい。次の日にまた新しい命が始まりますので。 ご破算にするためにはよく眠れなければいけない。そのためにちょこっと飲んだり、少し甘いものを食べたり、あるいは果物を食べて緩ませる。マクロビオティック風に言えば、陰と陽。夜は陰の気が流れていますし、そこで横になって寝るわけなんですけど、その時にしっかり陰になっておかないと、次の日が陽として働けないんですよ。   これが過ぎると緩みすぎてしまいます。是非実験していただきたいんですが、チョコレートを一枚か二枚ずつノルマを課しますので、是非、三日か四日続けて食べてみてください。まあ、よく夢を見ます。しかも、カラフルなんです。食べ物って夜の夢まで影響していく。夢うつつになるんですよ。眠りが浅くなるんですよ。そうすると次の日、緩ませていますから、起き上がれないです。起き上がれない時にどうするか、よい方法を教えましょう。迎え酒です。朝、甘いものを食べると、糖質を摂りますから、ぽ~んと起きられるんです。だから“おめざ”なんですね。でもこれを繰り返しているとどんどん緩んでいきますので、そうすると老化が早いし、顔も重力の法則に従って下がってきますから年老いてしまうわけです。顔の筋力が衰えるとたるみます。 くすみやシミはファンデーションなどでカバーできます。これで随分だまされました(笑)。でも、根本的なたるみを隠すのは難しいもの。老け顔の代表が“たるみ”かもしれません。   次回第3回「からだが冷えるとシミ、イボ、吹き出物、老化の原因になる」は、12月7日(日)です。とうとう今年も師走です。来年を元気ですこやかに楽しく生きていくためにも、あらゆる病気の根源である冷えの原因と対策を学んで体調を整えましょう。 単発受講もできますので、是非ご参加ください。
  • 2014年11月12日 11時23分更新
  • ブログカテゴリー: