ブログ「マクロなポケット」Blog

正食協会にオーストラリアからお客様が来られました

122日火曜日。オーガニック&マクロビオティック企業、むそう商事の中山陽彦さんと江原大貴さんと共に、オーストラリアからのお客様が正食協会に来られました。     Wary Organic社は、オーストラリアで現在9店舗を展開、さらに今後2店舗新規オープンする予定の元気な会社で、小売り店内にカフェもあるとお聞きしました。モットーはaffordable real food(手頃感ある真の食べもの)。  2012年に、千葉県いすみ市に田畑つき古民家スペース「ブラウンズフィールド」を運営し、自給的生活をめざすマクロビオティック料理家の中島デコさんが、むそう商事やオーストラリアのスパイラルフーズの協力を得て、メルボルン、バイロンベイ、ブリスベン、シドニーと巡業(?)した際、Wary Organic社の店舗でも料理教室を行いました。   社長を務める奥様デボラ(Deborahさんとご主人の今回の来日は完全プライベート。 店舗で取り扱っている日本の商品の生産者巡りはするものの、以前から興味のあった日本を一カ月かけて観光し、本物の日本食を体験することが目的。4日からは北海道入りし、一週間スキーを楽しむようです。      デボラさんはオーガニックフードに関心を持って、このビジネスを始められました。きっかけは長男が子供の時、強度のアレルギー(特に食品添加物)に悩まされていた事。当時、かかっていたドクターの勧めは、食品をすべてオーガニックにすることだったようです。実行すると6カ月で長男のアレルギーが治ったとのことです。 現在、長男は店舗運営に携わっています。注目する点は志高いデボラさんのような人が、オーガニックの小売りビジネスを成功させられる土壌がオーストラリアにあるという事です。果たして、このような土壌が日本に生まれるでしょうか。                                               (取材協力 中山陽彦さん)  

陶器北保育園の味噌作り教室に行ってきました

1128日金曜日。堺市にある陶器北保育園に、正食クッキングスクールの小松英子先生と指導員で事務局の宮本貴子さんと一緒に行ってきました。 正食協会の食育講座の一環で、保育園の先生方を対象にした味噌作り教室です。来年、保育園では園児たちと一緒に行う味噌作りをする予定で、その練習も兼ねています。   陶器北保育園は、平成24年に開園した当初から、給食に玄米または分づき米を導入しています。園長の川上文子先生は、お孫さんのアレルギーがきっかけでマクロビオティックを学び、今年の2月に正食協会が西福江先生を招いて開催した「食育フォーラム」に参加されたことで正食協会を知り、現在、正食クッキングスクールの中級コースに通われています。そして、管理栄養士で給食担当の先生も初級コース受講中です。   今回は、玄米こうじを使った「米味噌」を作りました。材料は、大豆とこうじと塩と、いたってシンプルです。手順を説明すると、水に浸して柔らかくした大豆を煮ます。こうじと塩を混ぜて、両手でぼろぼろになるまで、もみほぐします。これをこうじの塩きりといいます。   煮た大豆を熱いうちにペースト上につぶし、塩きりしたこうじとよく混ぜます。大豆が熱すぎるとこうじ菌は死んでしまうので、人間の体温ぐらいまで冷ましてから混ぜます。そして、おにぎり大にまるめて、容器に叩きつけるようにして、ひとつずつ入れていきます。これは、空気が入らないようにするためです。 最後に、塩を振りラップか和紙を張り、落とし蓋をして重しをして完了です。   小松先生は、豊富な経験からおいしくできる方法や黴を防ぐポイントを、細かく説明されました。味噌の作り方は、福岡県のお味噌屋さんから直接教えてもらった方法をずっとされています。 小松先生が自分で作った味噌で漬けた、かぶとかぶの葉の味噌漬けと、豆腐の味噌漬けをおみやげとして持参され、食べた園長や先生方は「おいしい!」と喜ばれていました。     保育園では二カ月に一回、「粗食の日」と称して、ふりかけも具も入れず塩だけのおにぎりを持参して、園は具だくさんの味噌汁を用意する日を設けています。 飽食の時代にシンプルな食事を体験することが目的で、おにぎりを忘れた子どもたちのために、新米を炊いて、川上園長が自らおにぎりを握っておられました。また、「弁当の日」も二カ月に一度設けられていて、これは小学校に上がる準備が目的とお聞きしました。 何度も味噌作りをしている部屋をのぞきに来た保育園の子どもたちは、全員裸足で、顔がいきいきして愛想がよく、機嫌が良いのが印象に残りました。                                                                                                                                                      (Terry)
  • 2014年12月06日 10時01分更新
  • ブログカテゴリー:

東京ビッグサイトで開催されたオーガニックEXPOに行ってきました

オーガニックEXPOは、国内外の様々なオーガニック・ナチュラル製品が一同に集まる展示商談会です。きらきら輝く東京湾の上を走るゆりかもめに乗りビッグサイトに向かいました。 今回のトピックは、従来のBtoB(企業間取引)の展示商談会に、一般ユーザー向けのオーガニックマルシェが合体したことです。商談目的ではない消費者が、食べて、飲んで、触って、買って、オーガニックの魅力を心ゆくまで体験できるイベントです。     会場に入ってすぐに、ステージで水野葉子さんが講演されている姿が目に入りました。水野さんは、オーガニック検査員では草分け的存在で、オーガニックの世界では知らない人はいないほど有名な女性です。「むすび」誌にも何度も登場していただいています。講演テーマは「担当者だからこそ知っておきたいオーガニックの基礎ポイント」。心からオーガニックの世界が広がることを願っている一人です。     カフェゾーンには、アメリカから一時帰国されているマクロビオティック・パーソナルシェフの西邨マユミさんが自ら作って販売しているスムージーカフェがありました。正食協会でも、西邨さんのクッキングライブ「プチ・マクロDEメリークリスマス」を開催します。(すでに満員御礼でキャンセル待ちとなっています) 世界の国々を訪れ、その国の伝統や味覚や習慣に合ったアレンジのマクロビオティック料理の技がとても楽しみです。   西邨さんに挨拶すると、顔を見るなり「正食協会は、陰性なものは飲まないんですね?」とニコニコしながら嫌みを言われました(笑)。もちろん飲みました。レッドビーツ、パンプキンスムージー、コーヒージャンキー、柿と小松菜のスムージーと4種類の中から、レッドビーツをチョイス。いろんな味が複雑に絡まり、後で追いかけてくる感じで、すごくおいしかったです。これだったら、朝に飲んでみたいなとも思いました。ドリンクも時代と共に進化しているのかも(?     スムージーカフェの担当者に感想をお聞きしました。「スムージーの中に何が入っているかすべて見せているんです。スムージーに白味噌? 梅酢? お塩も? そういう驚きをされる方が多いんですけど、皆さん、『こんなにおいしいの飲んだことない!』と言われます。大好評です」                                                                                                                (Terry  
  • 2014年12月02日 11時30分更新
  • ブログカテゴリー:

杉樽醤油を作る、小豆島のヤマヒサへ見学に行ってきました

  1113日、木曜日。正食クッキングスクールの講師陣の皆さんと、JR姫路駅に集合し、レンタカーで姫路港からフェリーに乗りました。小豆島の福田港までの時間、わいわい賑やかに楽しくおしゃべりしながら過ごしました。メンバーは、野口清美先生、島田弘子先生、今村圭子先生、そして指導員&事務局の宮本貴子さん。冬将軍到来とあって、風が強く波があるものの、太陽がまぶしく素晴らしい天候でした。   ヤマヒサの四代目社長、植松勝久さんに迎えられて、最初に案内されたのは、小豆島産オリーブオイルを搾っている工場でした。建物の中は青い果実の香りが溢れていました。工程をざっくり説明すると、果実をすり潰してペースト状にしたものを搾り、その果汁を遠心分離器で油と水に分け、油を濾過してできあがりです。   できたてのオリーブオイルを口にした野口清美先生の感想です。 「普段、私がいただいているものとは違って、何のくせもなく、オイルなのに少しさわやかな風味で、後口に少しだけ苦みを感じましたが、それさえもさわやかな感じがして、美味しいものでした。オリーブオイルが、果肉ごと一物全体を搾って作ることを初めて知りました」   そして、発酵食品が大好きな講師陣が興味津々の醤油工場に案内していただきました。ヤマヒサ醤油の伝統製法を、かいつまんで説明させていただきます。 蒸した大豆と炒って砕いた小麦を混ぜ、種麹(麹菌の胞子)を入れて、室屋(むろや)という部屋に入れます。 そして、温度や湿度を与え45時間ぐらいかけて、麹が作られます。その麹を杉樽に移して、塩水と混ぜます。これをもろみといいます。それから発酵熟成の段階に入り、濃口醤油で、1年半くらい時々混ぜながら寝かせます。そして、生醤油であれば、搾って火入れをせずに、濾過して瓶に詰めて出来上がりです。     今村圭子先生のコメントです。 「醤油蔵に入ると、深い香りと年代物の木桶に遠い昔にタイムスリップをしたような感覚を覚えました。木桶には仕込まれたもろみが発酵・熟成し、琴の音色をBGMに季節を重ね静かに変化し生きている力強さに満ちていました」 「一般ではステンレスでの仕込みが普通ですが、ヤマヒサ醤油さんは昔ながらの木桶を使われ、原材料も確かな物を使用され、私達に良い醤油を作り続けてくださるポリシーを感じました」   ヤマヒサを訪れるのは二度目の島田弘子先生の感想です。 「悠久の時がまるでそこだけ止まったようなこの蔵は、言葉にならない不思議な感覚がします。建物全体がまるで大きなひとつの生命のようです。生き物を育てるような人の優しさやぬくもりを感じました。自然にすべてをゆだねて見守り、丁寧に造り上げ送り出されるお醤油たち。今まで以上にお醤油に“いのち”を感じるようになりました。ここのお醤油はきっと自然にもカラダにも一番近い・・・いや私たちと同じ生命そのもののように感じました」   指導員の宮本貴子さんの感想です。 「醤油蔵の中で、お琴の音を聴きながら、フツフツと心地よさそうに育っているお醤油たちは、まるでお昼寝している赤子のような感じでとっても幸せな雰囲気でした。こんな命あふれる環境で育ったお醤油をいただける幸せを改めて感じました」     農産物などで、よく顔が見える関係ということを言いますが、料理や食卓で使う醤油を、海に浮かぶ島の風景や蔵のことや作っていただいている人たちの顔を思い浮かべながら味わう喜びは格別なことだと改めて感じた今回の旅でした。                                                       (Terry)
  • 2014年11月27日 12時55分更新
  • ブログカテゴリー:

むすび12月号

正食協会が発行する月刊誌「むすび」 今月の特集は〝現代の食を知るブックガイド 和書編〟 立ち読みコーナーでは、「身体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか」 「やせる!」という書籍の紹介記事の一部を読むことができます。 本誌ではほかにも紹介していますので、通勤・通学・コタツのおともを 是非見つけてください笑顔 定期購読は随時受け付けておりますが、1冊からでも購入いただけますき ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Macropocket(正食協会事務局)
JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION
https://www.macrobiotic.gr.jp/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
  • 2014年11月25日 10時04分更新
  • ブログカテゴリー: