ブログ「マクロなポケット」Blog

手作り豆腐教室

こんにちは! 今日から8月です。 昨日大阪はこの夏一番の暑さになりました…  熱中症には、本当に注意しましょう 先週、「手作り豆腐教室」がありました。 担当は鹿島三嘉先生です。 基本のシンプルな豆腐をはじめ、 かぼちゃ豆腐や梅豆腐などの味付け豆腐、 呉汁のスープ、豆乳カルボナーラ、豆腐スイーツ、と 盛りだくさんな内容。 夏の食卓に欠かせない一品も、 手作りする楽しみが増えるとうれしいですよね 豆腐1.JPG 左上が、基本のお豆腐。右上が甘酒が入った豆腐スイーツ 豆腐2.JPG 変わり豆腐いろいろ。 サラダのようにトマトとオリーブオイルでいただく、という一品も 夏らしいさわやかな味でした。
  • 2012年08月01日 10時05分更新
  • ブログカテゴリー:

西邨マユミさんin初中級研修会☆

7月18日、初中級研修会にスペシャルゲストが登場しました なんと、あのマドンナのプライベートシェフ、西邨マユミさんです 西邨マユミさん講演.jpg 偶然、研修会の開催日に西邨さんが大阪に来られることになり、 奇跡的にこの講演会が実現しました。 西邨さんも、指導者を目指す方への講演は初めてだったとのこと P1070440.JPG 気さくで飾らない人柄と、実践に裏打ちされた 経験談に、みんな引き込まれました サイン会.JPG 講演会後は、サイン会に 記念写真.JPG 西邨さんと校長先生を囲んで、記念撮影させていただきました 講演会の様子は、月刊誌「むすび」に掲載予定ですので、 お楽しみに

  • 2012年07月20日 18時13分更新
  • ブログカテゴリー:

7月の研究会(上級研修会)

  こんにちは。 早くも関西は梅雨明け宣言が出て、暑い毎日が続いています。 皆さん、熱中症や夏バテなど、注意しましょう さて、今日は先週おこなわれた、研究会(上級研修会)の 様子をお伝えします。 今回、郷土料理のご担当は福岡の弓削先生。 弓削さん.JPG 紹介していただいたのは、長崎県の的山(あづち)大島の郷土料理、 「ぼうぶらおじや」と、「ところてん」です。 長崎や大分では「かぼちゃ」のことを「ぼうぶら」と呼ぶのだそう。 その語源は、ポルトガル語の「abobora」(かぼちゃ)とのこと 弓削先生はお仕事の関係で的山大島とのご縁ができ、 地元の方からこの料理を教わったそうです。 鍋ぼーぶら.JPG ↑炊いたかぼちゃと小豆。(大鍋がなかったので、圧力鍋に入ってます) ぼーぶら.JPG 今回は、小麦粉で練った団子が入りました。 味はあっさり塩味です。 ところてん。夏になるとどこでも売られているし、食べられると お思いの方もいらっしゃるかと思います。 でも、テングサを採ってきて、干して…というところからは なかなか始めないですよね ところてん.JPG 透明感、歯ごたえ、見た目ものどごしもとっても涼やかでした テングサも自家製ですが、実は後ろにあるところてん突きも、 手作りなのだとか! 参加された先生方みんなで、おいしくいただきました
  • 2012年07月20日 17時05分更新
  • ブログカテゴリー:

研究会(上級研修会)

 だんだんと日差しがきつくなり 紫外線が気になる今日この頃ですが 皆さんはいかがお過ごしですか? 昨日行われた研究会の様子をご紹介します 今回も30名以上の先生方が各地方から集結! 大坂屋さん.JPG まずトップバッターは郷土料理ご担当の大坂屋先生です。 kettei.JPG 南インドの朝食「イドリィ(豆と米の蒸しパン)」 「サンバル(豆のスープ)」を紹介してくださいました。 先生はヨガの修行のためしばらくの間インドで滞在 されていたそうです パン生地.JPG 食材.JPG 珍しい器具にスパイス。新鮮で楽しいです。 つづいて校長先生の伝統料理は「糸そばニラ納豆」 納豆が苦手なスタッフもこれは美味しいと喜んでました。 校長.JPG そして研究課題は「ごま塩」です。 割合を変えたり、塩の種類を変えてみたり。 色々と作り比べできるはこの研究会の魅力のひとつです 実習.JPG 他にもベテラン先生による定番メニューのデモや講義があり こちらも皆さん楽しく学べると好評でした。 参加された皆さん本当にお疲れ様でした。
  • 2012年06月14日 12時14分更新
  • ブログカテゴリー:

第2回・上級研修会

  5月中旬に上級研修会の第2回目が 開催されました! 各地方から先生方が大勢集まり、当日は ものすごい熱気とパワーに包まれていました。 まず初めに、香川県出身の安富先生が 瀬戸内の郷土料理~ハレの日の2品~ 「醤油豆」「ふくめん」を・・・ 郷土.JPG 続いて校長が伝統料理・塩鮭の頭のカレーを 紹介してくださいました 伝統カレー.JPG そして、今回の研究課題は 「体調に応じたきんぴらの作り比べ」です。 食材の割合・切り方・お水をいれる/入れない など 先生の解説をきいてからみんなで実際に作り比べをしました。 実習.JPG 「理科の実験みたいで面白かった。」 「今までは割合を変えていく発想がなかった。 そのときの体調で作れるようになると面白い。」 ・・・・など参加された方から声をいただきました その後は「食品の陰陽について」の講義があり、 とても濃い内容の一日になりました。 みなさんお疲れ様でした
  • 2012年05月20日 12時18分更新
  • ブログカテゴリー: