ブログ「マクロなポケット」Blog

スペシャルコース「発酵食品」の予告

  今日も本当によいお天気ですね さて、本日は新しいコースのお知らせです! 「むすび」を定期購読されている方は、9月号の巻頭で もうご覧になられているかと思いますが、 「免疫力アップ! 発酵食品コース」が 11月から12月、1月の3回にわたって開講することが 決定しました 9月号では日程しか告知できていなかったのですが、 本誌を見ていただいた方から 早くもお問い合わせをいただいております。 (中には、すでにお申し込みの方も…!) 本サイトに正式情報を掲載するには、 少し作業時間をいただかないといけないため、 一足先にブログにて予告させていただくことにしました 「免疫力アップ! 発酵食品コース」 講師:今村圭子先生 11月29日(木)第1回目 ・ぬか床作り ・塩麹作り ・甘酒作り 12月20日(木)第2回目 ・塩麹を使って・・・玄米ご飯・季節野菜のポタージュ            三五八漬け・車麩のソテー ・甘酒を使って・・・スイーツ 1月31日(木)第3回目 ・お手軽!みそ作り *1・3回目は玄米ご飯、味噌汁などがつきます 時間:10時半~14時 会場:正食クッキングスクール大阪本校 調理実習室 定員:20名 受講資格:18歳以上ならどなたでも受講できます。 受講料:会員(むすび年間購読者)14,000円      非会員            17,000円      (コースでのご参加のみです。単発参加や振替受講は承っておりません) 現段階でのお問い合わせ、お申し込みは、お電話にてよろしくお願い致します TEL06-0941-7506(9:00~17:30) 本サイトでの正式な紹介ページ、 お申し込みフォームの完成は、しばらくお待ちいただきますよう、 よろしくお願い致します
  • 2012年08月28日 14時51分更新
  • ブログカテゴリー:

スペシャルコース「天然酵母パン」第1回

  8月25日土曜日は、スペシャルコース「天然酵母パン」コースの第1回目でした 講師は、鹿島三嘉先生です。 このコースでは、ベーグル・シナモンロール・中華まん、とシンプルなテーマで パンをつくりながら、こね方、成型をじっくり学んでいきます。 パンデモ.JPG デモでは、先生が生地の作り方から発酵も実演しました (実習には、前日仕込んで発酵済みのパン生地を使用しました) ぱんでも2.JPG 今回つくるのはベーグル2種。 プレーンと、黒ごま入りです。 ベーグル生地.JPG 実習中、先生が各テーブルを回って、生地の扱い方をレクチャーします。 実習.JPG 成型したベーグルです。(デモ用は、金ごまバージョンでした焼く前.JPG ベーグルは、生地をさっとゆでてから焼くことで、 あのもっちりとした食感になります。 生地はゆですぎないように注意! とのこと。 焼きあがったベーグルです。 焼きたての匂いと、さらにごまの香ばしさが嗅覚を刺激します… 少し試食をいただきましたが、表面はカリッ、割った中はもっちり、 噛み応えもあって、そのお味は、そのままでもよし、 スープやスプレッドを添えてもなおよし でした。 残暑厳しい中、オーブンの前はさらに暑かったかと思います。 みなさま、お疲れ様でした 焼き上がり.JPG
  • 2012年08月27日 15時23分更新
  • ブログカテゴリー:

秋期師範科卒業制作発表会!

今日は、先日予告をしておりました秋期師範科の皆さんによる、 卒業制作発表会でした 毎日残暑続きですが、今日も猛暑… しかし皆さん元気に、ご参加くださいました 詳しくは月刊誌「むすび」11月号に掲載しますが、 取り急ぎ、雰囲気をこちらでお伝えします! 携帯電話でこのブログをご覧の方は、 ページが重くなるかと思いますので、 ご注意ください… 午前中、皆さんは持参した作品をそれぞれのブースに分かれて、 思い思いの盛り付けをしておられました 準備3.JPG 準備4.JPG 準備2.JPG 準備1.JPG クラスメイトに作品の解説をする方も。 準備.JPG さて、盛り付けがひと段落しました インド.JPG ご家族が一番好きな、(旦那様の厳しい批評をクリアした)インド料理。 ブランチ.JPG 娘さんと2人3脚で作成、さっぱりめに食べられる軽食を岡山から持参! いなり.JPG 京都人なので、ごはんものといえばやっぱりおいなりさん。紅生姜はお手製。 チリ.JPG 作り置きがきく、家で定番のチリコンカン風ライス。 白鳥.JPG 何度も試作・研究を重ねた、シュークリーム…。 ごぼう茶.JPG (ザルが足りなくて)網戸を外して干し、ゲリラ豪雨で網戸が破れてコウモリ飛来! といういわくつきの、ごぼう茶。 家の味.JPG 自分で作った梅干や味噌を調味料に、家庭の味を。 ビビンパ.JPG 家の近所に韓国の方が多く、韓国料理をマクロにアレンジ &夏バテ対策に、玄米と野菜のスープ。 ラタトゥイユ.JPG 京野菜をふんだんに使ったラタトゥイユ。 チャパティ.JPG 独身の友人宅で材料がない…!けれどもなんとか作れたカレーとチャパティ。 味噌部.JPG 味噌サークルの畑作業で食べたい、手軽な味噌弁当。 おやき.JPG 地元徳島の食材を使いたい!具だけでなく、生地にかぼちゃを練りこんだりの、おやき。 テリーヌ.JPG 寒天の固まり具合に泣かされた、野菜のテリーヌ。 ゴーヤ茶.JPG なかなか生ってくれず、やっと生った1本のゴーヤを、ゴーヤ茶に。 カレーマリネ.JPG 島根から大阪へ・・・ホテルの冷蔵庫で酸味が消えたかも(泣) しっかりカレー味のマリネ。 家庭定番.JPG 食卓によく登場する、基本食をアレンジした我が家の味。 小豆カレー.JPG 昨日作る予定が、今朝子供の宿題を見ながらなんとか完成。小豆入りカレー。 日々草.JPG 大阪の食材、兵庫の食材を使用。野菜のキッシュ、トマト味噌ソースのペンネ。 全員の作品をアップしたかったのですが、あまりに 画像が多くなるため、載せられなかった方には申し訳ありません~。 「むすび」には、全部掲載しますので…!) ひとりひとり、作品についてのコメントをいただきました コメント1.JPG コメント3.JPG コメント2.JPG コメント.JPG 試食で形がなくなってしまう前に、それぞれのカメラで記念撮影を 撮影.JPG そして試食開始です 試食.JPG 取り分け.JPG 少しずつ取り分けても、どれもおいしくて、おかわりしてしまうものも… すごくお腹いっぱいになりました~。 ごちそうさまでした ちなみに、今日の最年少のお客さま。生徒さんのお子さんです。 お客ちゃま.JPG 後片付けをしたあとは、講義室に移動して卒業式です。 まずは、全員集合の写真を1枚 集合.JPG 校長先生から、卒業証書を渡していただきました。 授与式1.JPG 授与式.JPG その後、先生方からの祝辞、校長先生のお話、生徒代表の方の答辞と続きました 校長.JPG 午後に一時雷雨があり、帰りの心配をしていましたが、 無事止んで、また晴れてきました。 皆さん、準備、片付けと、どうもお疲れ様でした そしてご卒業おめでとうございます。 また研修科や公開料理教室など(復習で、初級・中級・上級クラスでも…!) お会いできるのを楽しみにしております
  • 2012年08月24日 18時16分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロビオティック基礎講座

 

自然の法則を基本にして養生指導と治療をされている鍼灸師、

西下圭一先生の講座がありました。

 

マクロビオティック基礎講座第2ステージ基礎編の最終回、

テーマは「足るを知るということ」。

 

哲学的で難しい内容になるのかなと思っていましたが、

いつも通り、ゆっくりとじっくり分かりやすく、

噛んで含むような進め方で、よく理解できました。

  西下さん.JPG

このシリーズの特徴は、一方的に聴くのではなく、

考えながら学ぶスタイルです。  

正食協会の、故岡田定三元会長と初めて出会った時、

「きちんと食を正して玄米を食べていけば、体は確実に変わる。

人生も変わる」 という言葉がマクロの世界の扉を開くきっかけになった

西下先生は、食の実践をすることで0.7だった視力が2.0になったことで、

体が変わることの意味を知ったと話されます。体験を通した講義は、

説得力がありました。

 

「判断力を磨くには、自分を磨くしかない」

というシンプルな言葉には、深く納得です。

 

最近、少食を勧める本が多く出版されていますが、

次の格言を教えてもらいました。

 

「腹八分目に医者いらず」(これは皆さんご存知だと思います)

「腹七分目に薬いらず」

「腹六分目に病知らず」

「腹五分目に老い知らず」

「腹十二分目に医者足らず」

 

9月から、第3ステージ応用編がスタートします。是非、ご参加ください。

  https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/kisokouza_stage3/index.html

 

Terry

  • 2012年08月23日 09時20分更新
  • ブログカテゴリー:

海外からのお客さま

 

正食協会には、様々なお客様が来られます。

 

先日は、オーガニック&マクロ食品を輸出入している、

むそう商事の松田さんが、

ユダヤ系アメリカ人のJosh Cohenさん(Amber Flavors, Ltd

を連れて来られました。

 

ユダヤ教の戒律に基づく食べ物の基準として、

「コーシャ」と呼ばれる認証があります。

Josh(ジョシュ)さんは、日本国内で製造されている

コーシャ食品の工場のチェックのために来日されました。

 

私たちからジョシュさんには、

馴染みがうすいコーシャ食品について、

ジョシュさんからは正食協会の内容や

世界に広がっているマクロビオティックの質問があり、

2時間ほどの楽しく有意義な時間を持つことができました。

 

調理室に案内し、

壁に貼ってある「健康の七大条件」を松田さんに訳してもらうと、

ジョシュさんは「なるほど!」と感心されていました。

そして、「あなたは、“愉快でたまらない”を実践されてるんですね!」

というコメント…(笑)

 

皆さんから、元気をもらっている毎日です Joshさんと.jpg 校長先生と一緒に記念の1枚をパチリ

 

Amber Flavors, Ltdのサイトはこちら↓】

http://www.amberflavors.com/

 

Terry

 

  • 2012年08月22日 13時17分更新
  • ブログカテゴリー: