ブログ「マクロなポケット」Blog

12/8,9レギュラーコースコメント☆

  12月第2週の月曜日、本日は 大阪もこの冬一番の冷え込みです 昨日も関西のあちこちでも雪が降っていましたよね。 皆さん、どうぞお気をつけてお過ごしください さて、今回は8日9日におこなわれたクラスの 先生方からのコメントをお届けします。 8日土曜日は、初級土曜クラスの第9回、10回 つまり最終回の日でした! 皆さん、2ヵ月半の間での受講、お疲れ様でした 第9回目、森脇敦子先生からのコメントです。 「皆さん毎回着実に力をつけられて、 最終日の今日はとても手順もよく 上手にできました。 感想発表では、ご家族が喜んでくださっている、 正食になじめないご家族が最近評価してくれる ようになった、などのお話をうれしく 聴かせていただきました。 この調子で、中級でも正食を楽しんでくださいね」 第10回目、藤井美千代先生からのコメントです。 「初級最終回、皆さんかなり腕があがりましたネ。 家での復習がなかなか、とおっしゃられて いましたが、料理に対してのめざめは、相当 あがられているように感じました。 これからも頑張ってください」 秋期中級土曜クラスのスタートは、 12月22日土曜日です まだ日にちも定員も若干余裕がありますので、 「来年からも正食やろう!」とお考えの方は (年末スタートですが)、ぜひご参加くださいね https://www.macrobiotic.gr.jp/school/top/index.html#02 9日日曜日は、上級日曜クラスの第5回、第6回でした。 こちらは月に1回のペース、ちょうど折り返し地点です。 第5回目、島田弘子先生からのコメントです。 「大切な玄米クリームの作り方を、 もう一度復習しておいてくださいね」 1130上級裏ごし.JPG 出来上がりはとてもシンプルですが、 完成までの過程で、とても作る側の想いが込められていく 玄米クリーム。 おうちで復習するには大変かもしれませんが、 手が覚えていると、いざというときに、 大事な人の役に立つかと思います 第6回目、藤井美千代先生からのコメントです。 「黒米ちまき作り、楽しそうでしたね。 またおうちでも作ってみてくださいね。 まだまだ楽しいお料理が続きます。 楽しみにしていてくださいね」 藤井先生、連日のご担当、有難うございます! 中華風ちまき作りは、ワクワクするメニューですよね 蒸すと竹の皮の香りがご飯に移って、 フワッと立ち上がるその香りが食欲をそそります。 次回も、大切なお料理、面白いお料理が 登場します 1月13日、年明けは身体をいたわりながら、 皆さんのご参加をお待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月10日 11時21分更新
  • ブログカテゴリー:

12/1,6秋期師範科第3回

  12月の第1週、あっという間の金曜日ですね! 週末も寒いようですので、皆さん気をつけましょう さて、本日は12月1日、6日におこなわれた 秋期師範科の様子をお届けします 担当は、5日の「バラエティおせち」もご担当された 島田弘子先生。 連日有難うございます…! 1206先生と.JPG 今回は、洋風のお料理。 1206ローフオーブン.JPG メインは、こちら。 1206ローフ焼き上がり.JPG アマランサスを使ったローフです。 アマランサスは、南米原産で 古代アステカやインカでも食べられていたとても栄養価の高い雑穀です。 1206ジャスミンライス.JPG 今回は、タイのスワンナさんにいただいた、 ジャスミン米(香り米)の赤米というとても珍しいお米も 試食しました。 玄米と一緒に炊き込んで、 仏塔のような形をしたタイの木型に詰めて、盛り付けました。 1206デザート.JPG デザートは、さつまいもとりんごのスイーツ。 クリスマスのお菓子にもなりそうですよね 木曜日のクラスでは、 受講されているKさんが月桂樹の葉を持ってこられ、 クラスの皆さんにプレゼントされていました。 1206月桂樹.JPG 乾燥させたローリエとはまた違った、爽やかな香りが とても優しく感じられました。 どうも有難うございます 次回の秋期師範科は1月10日、12日。 年明け早々の授業ですが、皆さんお休みの間 体調を崩されないよう、養生してくださいね~

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月07日 10時48分更新
  • ブログカテゴリー:

12/5公開バラエティおせち教室♪

  昨日は、公開料理教室「バラエティおせち」が おこなわれました。 担当は、島田弘子先生。 レギュラーの授業では白衣ですが、 公開ではラフなエプロン姿でご登場です 1205おせち島田.JPG 今年は2回ある、「おせち教室」。 「バラエティおせち」では、定番のおせちメニューに加えたい、 おもてなしやハレの日にも使えるレシピを 教えていただきました。 1205おせちみかん.JPG 15時終了予定でしたが、盛り付け完了が15時…。 皆さん、長時間お疲れ様です! 1205おせち.JPG 半月盆に少量ずつ飾り、目でも楽しみながらいただきました。 手前2品は、菊花かぶら(右)と、松風のし焼き(左) のし焼きは、食べ応えがあり、でもさっぱりしている上品な一品。 味見させていただきました ごちそうさまでした 来週13日の「基本のおせち」は、校長先生がご登場です。 おせちの定番を、下ごしらえからみっちり、皆さんに 頑張っていただきます (※こちらはただいま満席です) 当日、お早めのお越しをお待ちしております~!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月06日 15時14分更新
  • ブログカテゴリー:

11/30~12/4レギュラーコースコメント☆

  今日はいちだんと寒いですね 昨日アップしたTerry氏が行かれた沖縄が うらやましく感じる朝でした さて、本日は11月末から今週にかけておこなわれた レギュラーコースの先生方のコメント集をお送りいたします 11月30日、上級金曜クラス第5回の担当は、 島田弘子先生。 「今日は大切な食箋料理玄米クリームでした。 気持ちを込めて、丁寧につくることで玄米クリームの 力も変化します。 校長先生のお話も感動しました」 1130上級玄米.JPG お米を炒るところから始まる玄米クリーム、 食べてもらう相手のことを考えながらつくる、 その想いの結晶ともいえるパワーが、こめられています。 12月2日は、初級日曜クラス第5・6回でした。 午前第5回の担当は、栁澤幸代先生。 「今回は初のお粥を炊きました。水の分量に注意して、 ふきこぼれないようにつくってくださいネ。 水無し炊きは蒸し煮を活かしたお料理で、お野菜の 旨みを充分に感じられたと思います。 次回は、ごぼうの笹がきを朝からしていただきますので、 楽しみに来てください♪」 午後第6回の担当は、小松英子先生。 「短い時間に料理ができあがり、チームワークの 素晴らしさに感心いたしました。 来年の教室まで日にちがありますので、 玄米を炊いたり、炒ることの復習をしてください。 授業中にお話しした本も、読んでくださいね」 12月4日は、初級火曜クラス第5回。 担当は、金子多重美先生でした。 「年末・年始は、食生活も乱れがちになります。 そんなときに、今日の玄米粥でおなかを休ませて あげてくださいね」 12月、師走は寒さが本格化するだけでなく、 年末までに片付けないといけない仕事や、 新年の準備、そして忘年会に大掃除、と 連日連夜大忙しの毎日が続く方も いらっしゃるかと思います。 そんなときこそ、食を見直して、 体調に気をつけながら乗り越えたいですね 協会スタッフも、年末進行、頑張ってまいります~

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年12月06日 09時38分更新
  • ブログカテゴリー:

南の島沖縄に旅してきました

 

正食クッキングスクールの岡田昭子校長と 福岡でネットワーク教室の講師をされている 靏久ちづ子さんと、ザ・リッツ・カールトン沖縄の 三ツ井裕一和食料理長のお料理を食べに行ってきました。 IMG_7022.JPG 三ツ井さんは、六本木にあるザ・リッツ・カールトン東京の 副料理長を務め、今年3月に沖縄に異動されました。 およそ10年前より、正食クッキングスクール師範科で 料理指導をしていただいています。

車内で弾む会話に耳を傾けているうちに、 朱色に彩られた首里城に着きました。 日本・琉球・中国の建築様式が融合されていて、 2000年に世界文化遺産に登録されています。

曇りの予報が外れ青空が見え、気温は20℃を超えて、 暖かいというより、暑いです。

IMG_6976.JPG

地元の食材を見るため、お土産物の店が並ぶ国際通りの中心にある、 牧志第一公設市場に行きました。

お肉やお魚、野菜がところ狭しと並んでいます。 鮮魚売り場では、南国ならではのカラフルな魚が並んでいました。

IMG_7000.JPG 「暑い海の魚はおいしくないものと思っていましたが、 おいしいので驚きました」と三ツ井さん。 市場で買った魚は2階の食堂で調理してもらえるシステムになっています。 IMG_7004.JPG 大きな五色海老を選び、新鮮さが命の刺身とお味噌汁にしていただきました。 IMG_7015.JPG

その後、パワースポットと言われる 「斎場御嶽(セーファウタキ)」に行きました。 御嶽とは、南西諸島に広く分布している「聖地」の総称で、 斎場御嶽は琉球王国最高の聖地です。 目の前に神の島と呼ばれる久高島が見えました。 天気は曇り空に変りました。 IMG_6997.JPG

そして、夕方、三ツ井さんが勤める ザ・リッツ・カールトン沖縄に到着。 場所は沖縄北部に位置する名護市の喜瀬というところです。 那覇から車で2時間程度でしょうか。

東シナ海を望む静かな高台に建つリゾートタイプのホテルでした。 IMG_7070.JPG 「ようこそ」と優しい笑顔と言葉で、迎えていただきました。 IMG_7064.JPG

中庭には、プールのように水が張られていて、 ゆらゆらと光を受ける水面に思わず見とれてしまいます。 椅子に深く座り深呼吸をしました。

お楽しみの夕食です。メニューには、 特別会席と書かれていましたが、ずばり表現すると 沖縄マクロ会席になると思います。 IMG_7045.JPG

ゴーヤ、アーサ、海ぶどう、島豆腐、ふーちーばー豆腐など 地元の食材をたくさん使った料理を、三ツ井さんオリジナルの 精進出汁で仕上げ、盛り付けも芸術品のようでした。 IMG_7040.JPG

洗練されていてシンプルで美しい。絶妙な味に感嘆の声が上がりました。

常に料理をする、そして教える仕事をしている校長と靏久さんは、 三ツ井さんに調理や素材の質問が続きます。 IMG_7052.JPG

食後、ホテルの庭で夜風に吹かれながら 古琴と二胡のライブ演奏を聴きました。

まるで異国の地に来たような感覚と、 究極のリラクゼーションを楽しんでから、 静かで快適な部屋に戻り、長い一日を振り返り、 やがて深い眠りに入っていきました。

※ザ・リッツ・カールトン沖縄の和食料理長、 三ツ井裕一さんの公開料理教室は、 2013324()に開催いたします。 是非、ご参加ください。

(募集開始は2013115日以降の予定です)

Terry

  • 2012年12月05日 10時43分更新
  • ブログカテゴリー: