ブログ「マクロなポケット」Blog

【免疫力UP情報】健康長寿の食習慣のために④

【免疫力UP情報】
昨今、世間を騒がす新型コロナウイルス。
こちらのコーナーではコロナに負けない身体づくりのための情報を、
過去のむすび誌や正食出版発行書籍から抜粋してご紹介致します。
第16弾は「むすび誌2017年7月号」より渡邊昌氏の講演のハイライト記事です(全5回)。
-----------------------------------------------------------------------------------
検査値と症状で未病わかれば健康に引きもどす治未病を

 そこで登場するのが、治未病という発想です。
 未病とは、「検査値に異常があるが症状がない」あるいは「検査値は正常だが症状がある」という、病気と健康の間の状態です。
 そうした未病の状態に予防医学の視点から医療介入すると、治療対象となり、本当の病気にしてしまうことがあります。
 これに対し治未病は、健康に引き戻す、という考え方です=図3参照。
 「例えば、糖尿病の前には高血糖状態があります。脂質異常症の前には脂質異常があります。サルコペニア(筋力低下)とか、最近流行りのフレイル(高齢化に伴う虚弱)といったものも寝たきりになりやすい。こういう未病の状態を元の健康体に戻そうではないですか。ここにあなた方の働く場所がいっぱいあるではないですか」

毎日200グラムの焼き肉で腎臓の血液量が急激に低下

 渡邊さんは最近、三大栄養素の一つであるタンパク質に注目しています。
 糖質や脂質は、からだを動かすエネルギー源になります。タンパク質はからだや血液をつくるエネルギーとして使われたあと、尿素や窒素などの老廃物となります。腎臓は、その老廃物を除去し、体外に排泄しています。
 急激な血圧の低下や出血といった急性のほか、加齢や糸球体腎炎、糖尿病、高血圧などの慢性の病気で腎機能が低下することがあります。多数の糸球体が機能しなくなると、腎不全になります。
 渡邊さんによると、40歳をすぎると一年間でおよそ1㏄ずつ、腎臓の血液量が減ってきます。「正常だと100㏄ぐらいありますが、10㏄以下になると、否応なしに透析しないと生きていけません。あるいは腎移植しないといけない」
 ところが、中には「毎年5㏄ぐらいずつ落ちていく人がいます」。そんな中の一人は、筋骨隆々たる人でしたが、聞くと「焼き肉を毎日200グラム以上食べている」という返事でした。10年で50㏄も低下すると、透析のリスクがかなり高まります。

健康長寿の食習慣のために⑤へ
-----------------------------------------------------------------------------------
  • 2021年02月19日 17時59分更新
  • ブログカテゴリー: