カテゴリ一覧 ご利用ガイド 会員ログイン お問い合せ
新規会員登録
 
トップ>特集「食育マンガシリーズ」
 

千穂のお手当て日記
監修:正食協会
420(税込・送料別)
正食協会で毎月発行されている月刊誌「むすび」。その中で掲載されていた「千穂のお手当て日記」が冊子になりました。お手当ての方法・作り方などを分かりやすく漫画で紹介しています。
昔から伝わっているおばあちゃんの知恵にきっと驚くはずです。

1.冷え性には梅醤番茶
2.肩こりに生姜シップ
3.喘息発作に蓮根湯
4.打ち身・捻挫に里芋パスタ−
5.熱が出たら豆腐パスタ−

購入ページへ
 
おなじみの真弓定夫先生が監修した、食育マンガシリ−ズ!!
真弓先生モデルのお医者さんが大活躍しながら、牛乳や肉・砂糖の危険性やごはんの素晴らしさなどを説きます。子供さんにも是非読ませたい、おすすめの食育本です。
 
監修真弓小児科医院院長 医学博士 真弓定夫 美健ガイド社

購入ページへ

購入ページへ

購入ページへ
子どもは病気を食べている
〜第1話:2つの孤食〜
監修:真弓 定夫
525(税込・送料別)
家族がバラバラの寂しい食事、家族みんなが違うものを食べる、好きなものを好きなだけをとって食べる・・・そんな食べ方には大きな落とし穴が!食卓のメニューだけにとどまらず、成長期に必要な一家団欒のない家族の危機も。現代日本の深刻な孤食化の問題を、真弓 定夫先生が警鐘を鳴らします。分かりやすくまんがシリ−ズで発売されました!!
子どもは病気を食べている
〜第2話:薄いガス室〜
監修:真弓 定夫
525(税込・送料別)
健康を守るための大切な3つの条件「身土不二」「旬」「生き物」。
そして、避けなければならない「農薬」「食品添加物」の2大公害を題材に食の根源について見直していきます。
子どもは病気を食べている
〜第3話:命を繋ぐ食べ物〜
監修:真弓 定夫
525(税込・送料別)
最終話!日本には四季があり、それぞれの季節に合った食べ物を食べ、バランスの良い食事を心がけて、子どもたちの未来のために皆が心身ともに健康を守ることが大切という事を知る1冊です。
 
牛乳はモー毒?
630(税込・送料別)
牛乳は人間の身体にとって必要なものなのか?この疑問を解決するため、ふしぎ医院を訪ねます。官兵衛先生の説き明かす事実を知って驚く日野本親子たち。牛乳を飲まないとすれば、何を摂ればよいのか…を考えていきます。
 
ご購入ページへ
ごはんはえらい!
630(税込・送料別)
お米とパン、日本人にとってどちらを選ぶべきなのか? タイムマシ−ンで過去にさかのぼって見たものは、米食を批判され、パン食を習慣づけられる戦後の日本の姿でした。本当に日本人に必要なのは、果たしてどちらなのでしょうか?
 
 
ご購入ページへ
肉はあぶない?
630円(税込・送料別)
3人に1人はガンになる…!? 不安になった日野本親子。現代人が必要以上に肉を食べている事実を知ります。どうして肉を食べる文化ができていったのか? このまま肉食を続けると一体どうなるのか?みんなで、私たちの体にあった食べ物を考えていきます。
 
ご購入ページへ
白砂糖は魔薬!?
630(税込・送料別)
生活習慣病・イライラ・キレる・骨折・肥満・何だか調子が悪い…これらの原因は、知らず知らずのうちに摂取している白砂糖にありました! 官兵衛先生が白砂糖の危険性を説き、食べ物を甘くするいろんな方法を教えてくれます。
 
上へ戻る
home