ブログ「マクロなポケット」Blog

ヘナ講座

こんにちは! 秋晴れの11月、料理教室では毎日みなさん 元気にお料理されています 今日は、10月29日に開催された、ヘナの講座レポートをお届けします♪ ~ヘナの上手な使い方・塗り方~ 株式会社グリーンノートから、専門スタッフをお迎えして、 ヘナのお話をしていただきました。 P1050851.JPG ヘアカラーがポピュラーな現在ですが、髪や体の健康を考えるともちろん 天然のカラーの方がおすすめです。 ヘナにはトリートメント効果もあるそうです! 自分の髪に合った色の選び方、うまく染めるポイントなどのお話のあと、 参加者をモデルに実際に染めていただきました。 P1050862.JPG 柔らかめに水、またはぬるま湯でヘナを溶くことがポイントとのこと。 塗ったときに流れてこないように硬めにされる方が多いようですが、 泡だて器を持ち上げたときにトローッと落ちるくらいの硬さがよいそうです。 P1050872.JPG 刷毛を使いながら塗っていきます。 「塗るというよりも、乗せる」イメージで、たっぷり塗ることがポイント! P1050878.JPG 洗い流した直後は緑っぽい色ですが、だんだん発色していきます。 2日くらい経つと、落ち着いた自然な色になるそうです。 P1050881.JPG こちらはオレンジブラウンです。 慣れてしまえば、一人で気軽に染められるそうです。 ヘナっておもしろそう・・・と思った方、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

11月の公開講座&セミナースケジュール

  10月末の荒れたお天気が嘘のような、行楽日和なお天気の11月 どこかにおでかけしたり、 なにかにチャレンジする貴重な時間ですね さて、遅くなりましたが 11月の公開料理教室&セミナースケジュールをお知らせします 【公開料理教室】 11/19 (金) 13:00-16:00 手づくり味噌教室 ※人気のため、キャンセル待ちとなっています。  ご了承ください 11/25 (木) 10:00-13:00 ライトなフレンチ風マクロ 毎年恒例の味噌づくり教室は、早くもキャンセル待ちとなって います。 25日は、マクロの料理をフレンチ風にアレンジした手軽につくれるレシピ クリスマス、忘年会とパーティの多くなる12月は目前 来月頭には、クリスマススイーツをつくる教室も ありますので、ぜひチェックしてくださいね くわしくは: https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/ 【セミナー】 11/13(土) 10:00-12:30 山村塾・望診法指導士養成講座-初級Aクラス(2)                13:00-15:30 山村塾・望診法指導士養成講座-初級Bクラス(2) 11/14(日) 13:00-16:00  川邊先生の歯と健康にいい講座(2) 11/20(土) 13:00-15:00     女性にやさしいマクロビオティック入門(2) 11/27(土) 10:30-12:30 足心道講座 午前クラス(3)          13:00-15:00 足心道講座 午後クラス(3) どのセミナーも現在好評開催中です 来月半ばには、来年に開催するセミナーもご案内できる予定です どうぞお楽しみに! くわしくは: https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/

Terryの初級日記2

  はやいもので、もう11月ですね 料理教室も、ついこの間まで調理実習中は暑くて 冷房を入れていたのがうそのように、空気の冷たさを 感じる今日この頃です さて、11月トップバッターの記事は、 正食協会スタッフTerry氏の初級日記第2弾 初級第2回目、Terry氏はどんなメニューに 取り組んだのでしょうか?? ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

早いもので2回目の受講。

季節はまた少し動き、 今日の午後には木枯らし1号が吹くといいます。

身体もそろそろ冬支度の準備をはじめなければ。

 

今回の講師は、関東出身でフードコーディネーターの 鹿島三嘉先生。

「楽しく料理をするのがベストで、おいしくなる秘訣です」

とニコニコ顔でおっしゃられます。

でもメニューは5品と手強そう…。

小豆ご飯、ふのり入り味噌汁、かぼちゃコロッケ、

青菜のごま和え、みたらし団子。

 

調理に入る前の手順を聞いているだけで、

本当に全部できるのかなと不安になってきて、

弱気になりそうになってきました。

そんな思いを振り切って、 すぐに手をつけたのがコロッケ用の玉ねぎ。

前回失敗したリベンジを果たそうとスライスしていたら、

鹿島先生に「(玉ねぎの)上下が逆ですよ。 怖がらないでもっとスッと包丁を入れてください」 とアドバイスされました。

不満足だけど、まずまずの出来でしょうか。

 

玄米粉と白玉粉で耳たぶの硬さに練って作った団子を茹でて、

最後の焼きを入れる工程がぼくに回ってきました。

「毎回、1人くらい串を焼かれて折る方がおられるので、 注意してください」

と言われていたのに…、圧力釜の火に一瞬気をとられているうちに やってしまいました!

すぐに焼け落ちた箇所をつながっているように見せて証拠隠滅。

注意していたのに、さらに1本。

簡単に見えた団子焼きも奥が深いと実感。

責任をとって、その2本はぼくのものになり、

せっかく串にさした団子を箸で食べることになってしまいました。 …残念!! 初級2回目.JPG

  • 2010年11月03日 13時58分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロビオティック薬膳料理

ここ数日で、急に寒くなりましたね。 今日は、公開料理教室のレポートです! ~マクロビオティック薬膳料理~ <メニュー> ・ごぼうと黄菊のピラフ ・大根の彩り野菜あんかけスープ ・車麩とりんごの重ね焼き 赤ワイン風味 ・柚子入り手作り生麩と里芋の利休和え ・小豆と栗の村雨 P1050821.JPG ↑ 車麩を焼いています。軽く焼き色がついておいしそう P1050830.JPG ↑ もちもちの手作り生麩。     枝豆のグリーンと柚子の黄色がとってもきれいです。 P1050842.JPG ↑ 大根の彩り野菜あんかけスープ   薬膳でおなじみのクコの実と、白髪ねぎをトッピング。   葛でとじてあるので、とろみがあってまろやかな仕上がりです。 P1050841.JPG ↑ 車麩とりんごの重ね焼き    デザートでおなじみのりんごですが、今回は焼いてメインディッシュに。 P1050847.JPG ↑ 右: 生麩と里芋の利休和え    左: 菊のトッピングが鮮やかな、ごぼうと黄菊のピラフ    奥: デザートの村雨 P1050850.JPG 盛り付けているときから、「おいしそう~」と試食タイムを心待ちにされていました。 「どのお料理もおいしいです!」と、みなさん大満足でした。 秋の薬膳のお話などもあったので、今日学んだことを日々の生活に 取り入れてみてくださいね。
  • 2010年10月29日 11時48分更新
  • ブログカテゴリー:

秋の雑穀料理

こんにちは! 今日は、22日に行った公開料理教室 「秋の雑穀料理~雑穀づかいの大和膳」のレポートです メニューはこちら: 奈良茶飯(三穀入り) ひえしんじょの飛鳥椀 あわ麩と根菜ののっぺ 万葉さらだ(きびと蘇もどきののり巻き ゆずドレッシング) きびと干し柿の和風パウンドケーキ 平城遷都1300年でにぎわう奈良の郷土料理を、雑穀をたっぷり使いながら マクロビオティックにアレンジしています。 P1050795.JPG ↑万葉さらだを巻いていきます。 P1050797.JPG ↑茶飯は、型で抜いて盛り付けします。 P1050800.JPG ↑奈良の名物、奈良漬と、大和まなのおひたしを添えて。 P1050808.JPG ↑ パウンドケーキには、あんぽ柿も添えて。 P1050812.JPG ↑ 秋が感じられるメニュー&盛り付けでした 参加されたみなさん、ぜひお家でもつくってみてくださいね!
  • 2010年10月24日 15時42分更新
  • ブログカテゴリー: