ブログ「マクロなポケット」Blog

Terryの初級日記8

ついにTerryさん初級コースの 最終回となりました。 さて、今回はどんなものを作ったのでしょうか? ************************** 突如気温が緩んで4月の陽気が続いた後、

少しひんやりた3月らしい

清々しい空気が心地よい朝、

今日から3月です。

月並みな表現だけどあっという間に年が明けて

2ヶ月経ってしまいました。

 

これから桜の蕾が膨らみ、

爆発するように薄紅色の花が咲き乱れ、

花吹雪となって散ると、

新緑が景色を一変させます。

街が賑やかになり、

行きかう人々に笑顔が多くなってくるような気がします。

この初春から夏に向かう躍動的な季節が一番好きです。

 

そんなこんなで、初級コースも10回目の今日で終了。

なんとなく気分もいつもと違います。

 

「回数を重ねるごとに、皆さんの段取りがよくなってきました。

料理は楽しむことが大切。

おかずは少々脱線しても、主食に重きを置きましょう」

と講師の竹内泉先生が最初に話されました。

 

本日のメニューは、

玄米五目炊き込みご飯、筑前煮、

青菜と蓮根の梅和え、豆乳ムース。

 

メインディッシュっぽい筑前煮は、

斜め薄切りしたごぼうを蒸し煮して、

こんにゃく、干し椎茸、大根、蓮根、人参、里芋

の順番に入れてさらに蒸し煮。

椎茸の戻し汁と水を加えて、塩、醤油で調味していきます。

 IMG_5216.JPG

蒸し煮の仕上がるタイミングが難しく、何度も先生に確認。

「匂いや色や音などの五感を働かせて判断します」

と言われ、これは経験を積むしかないなと納得です。

今日は蒸し煮オンパレードのメニューでした。

 IMG_5213.JPG

豆乳ムースは、葛粉に豆乳と水を加え、

強い火で5分ほど練り上げます。

焦げないようにするため、

結構力を使って速いスピードで木べらを回します。

葛に火が入った見極めがポイントとのことでした。

 

竹内先生が「最後なので、マクロビオティックの始祖、

桜沢如一先生の著書『食養人生読本』の中にある

食前のことばを読ませていただきます。

いま私たちはここに、正しい食べ物を、あたえられました。

私たちはこれを、正しくとり、よくかみ、よく味わい、

健康と自由、幸福と平和を確立し、

絶対の安心、無畏の勇猛心、最上の知恵をうけ、

宇宙の秩序を身につけて、正しく楽しく生きたいと思います」

いただきまーす。

 IMG_5220.JPG

ごぼうや椎茸の香りと共に炊き込みごはんを口に入れる。

おいしい。

ぷちぷちと噛む楽しさ。

椎茸の戻し汁しか使っていないけれど、

しっかりと味が染みてそれぞれの素材の味を楽しめる筑前煮。

お酒のお供にも合いそうです。

 

洗いごまを炒って

すぐにすった胡麻と白味噌、練り梅で和えた

青菜と蓮根は絶妙な味と食感でもっとたくさん食べたくなりました。

 IMG_5214.JPGIMG_5215.JPG

デザートの豆乳ムースは、

メープルと黒糖で作ったシロップを少しかけていただきました。

葛と聞くだけで身体に良さそうです。

素朴な素材とシンプルな調味料で

こんなにおいしくなるなんてまるで魔法を使っているみたいです。

 

食事をしながら半年通い続けた人たちの感想発表が行われました。

「最初はピンとこなかった子どもが、

半年経っておいしいと言ってくれるようになりました」

「玄米食のレストランがマクロとの出会いでしたが、

今は毎日玄米を炊くようになりました」

「我流でやっていたけど、基本を学べたのでよかったです」

「食材に対する思いややさしさが嬉しかった」

「そんなことはあるはずないと思っていましたが、

体質や食べ物の好みがすっかり変わりました」など、

喜びの声がたくさん聞けました。

 

同じ釜の飯を食べた仲間たち

という言葉が頭に浮かんだ最終回でした。

さてさて、中級に進んで、

さらに正食料理ワールドの扉を開けてみたくなりました。 ************************ 料理を学べることは勿論ですが、 素敵な仲間と出会えるのも 料理教室の大きな魅力ですね 皆様本当におつかれさまでした!
  • 2011年03月06日 12時05分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの初級日記7

  少し寒さも緩み、春の陽気を感じる日も出てきましたね。 つい先日までとても寒かったのが 信じられないくらいです。 さて、早いもので料理教室は 初級第9回目となりました。 今回はおはぎやそば餅などです。 餅つき大会で腕を振るった Terryさん、腕の見せ所ですね 昨日、昼間から降り出した雪が

場所によってはかなりの積雪となり、

今日の教室の開催が心配されましたが、

先生も生徒さんも問題なく来ることができて、一安心です。

数日前は、雨が夜更け過ぎに雪に変わり、

朝起きて窓の外を見ると銀世界になっていてビックリ。

まだ寝ていた息子に「雪だぞーっ」と声をかけたら、

ばっと起きて外を見て、「うあっ」と言って、

すぐにふとんに潜りこみました。

さあ、今日で9回目の授業です。

残すところあと1回。

まだ暑さも残っていた10月にスタートしましたが、

季節は春までもう一歩。なんとも早いものです。

 

「昨日は外出していて、

家に着いた時は雪だるま状態になってしまいました」と、

元気いいっぱいの竹内泉先生。

 

メニューは、

三色おはぎ、けんちん汁、すき昆布の炒め煮、そば餅の4品。

三色おはぎは、いつもより柔らかめに炊いた玄米を、

すりこぎで軽くつぶして、

 IMG_5196.JPG

おにぎりよりは軽くまるめ、

小豆あん、きな粉、黒ごまをつけます。

小豆あんもきな粉もあえて塩味です。

黒ごまは炒ってすり鉢ですり、醤油を混ぜました。

 IMG_5191.JPG

「いつも玄米で重たいと感じたら、

時々このようにおはぎにしてはいかがでしょう。

おやつにしてもいいですね」と先生は言われます。

 

「具沢山の冷蔵庫のお掃除料理」

と先生が言われたけんちん汁は、

里芋、こんにゃく、干し椎茸、

ごぼう、大根、人参、蓮根と野菜だけの具なので、

塩を効かすのが調味のポイントでした。

IMG_5195.JPG 

すき昆布の炒め煮は、

蒸した昆布を和紙を漉くようにして板状にした昆布

(サラダ昆布ともいいます)と野菜の炒めものですが、

けんちん汁にも

ごぼうのささがきが使われているので、

現場が少々混乱。

「あーっ! この鍋どっちの料理?」とか

「しまった、梅酢入れるの忘れた」と

あたふたした場面が展開しました。

 IMG_5194.JPG

そば餅は、そば粉と白玉だんご粉に熱湯加え、

最初は木しゃもじで混ぜ、

少し冷めては手でこねます。

前回のいきなり団子の生地がうまくできたので、

率先して手がけましたが、

慎重にお湯を加えていったにもかかわらず、

手でこねる工程で、べたべたになってしまい、

手に生地がくっついて離れません。

白玉粉を追加してもらい、

再度挑戦したものの同じ結果となり、

「だめだこりゃ」と退散。

 IMG_5192.JPG

同じ班の女性にバトンタッチしました。

簡単そうでも、材料や熱の加減もあるのか

なかなか難しいものですね。

 

塩味の小豆あんがついた甘くない おはぎだと知らずに食べたら、

びっくりするかもしれませんが、

小豆の味が楽しめてとてもおいしいものでした。

甘くないきな粉のおはぎも、

きな粉の味をじっくり味わえました。

醤油味のごまおはぎもなかなかいけます。

何個も食べたくなりました。

 IMG_5198.JPG

竹内先生もおっしゃったように、

お料理に砂糖を使うと、

材料の個性や本来の味を消してしまうことに

なるのでしょう。

そば餅に入れた小豆あんには、

少し黒糖が入りましたが、

かすかに甘みを感じる程度のものでした。

「こういう甘みに慣れると、

市販のものの甘みはがつんと強烈ですね」と、

となりの女性と話しました。

昨日もらったバレンタインのチョコの甘さを想像し、

ちょっと気になりました。 IMG_5199.JPG 次はいよいよ最終10回目です。 皆さんお楽しみに ちなみに3月からの公開料理・セミナースケジュールも 魅力的なものばかりです。 ご興味のある方はぜひお申込みくださいhttps://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/ https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/

  • 2011年02月18日 10時55分更新
  • ブログカテゴリー:

2010年度春期師範科卒業制作発表会

春のような陽気がつづきますね。 2月6日(日)は最高気温が14℃近くまであるとても温かい日となりました。 正食協会でも2010年度の春期師範科卒業制作発表会が開催され、 春の空気がいっぱいの一日となりました。 朝早くからそれぞれに思いを込めた作品を持ち寄り発表の準備が始まります。 長い方ですと2年ほど一緒に学ばれたみなさんとの最後の制作の日。 和気あいあいとしながらも真剣に準備を進めていらっしゃいます。 今回はグループ発表が多いこともありしつらえも華やかです。 会の始めには事務局長、社長、講師のみなさまよりお祝いのことばがあり、 たまたま近くにいらしていた岡部賢二さんもお越し下さりみなさまとご歓談いただくという、うれしい来訪もありました。 つづいて発表者が順に作品の説明をしていきます。 それぞれのご家族等を交えた試食のにぎわいも華やかです。 みなさま共通して「基本」の大切さ、家庭を想う心、食を通じて伝えることのできることをおっしゃっているのが印象的でした。 この様子は、月刊「むすび」誌5月号にも掲載予定です。

 

  • 2011年02月07日 14時20分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの初級日記7

立春も過ぎ、だいぶ寒さが緩んできましたね 今回はもうすっかりおなじみとなりました テリーブログ8回目です ********************** 寒い日が続いています。

最近どたばたしていてニュースも新聞も

あまり見ていないので知らなかったけれど、

今年は記録的な寒さだそうです。

 

冬は苦手ですが、これだけ寒いと

むしろあきらめに似た覚悟のようなものが出て、

「よーし、やってやろうじゃないか」

と挑戦的になっている自分に気づきます。

そんな寒さも少しだけ緩んだ気がした今日、

料理教室の8回目を受講しました。

 

講師は竹内泉先生で、

メニューは金時豆入りご飯、

玄米クリームスープ、

二色高野、

キャベツサラダ豆腐ドレッシング、

いきなり団子。

マクロビオティック料理独特の

玄米クリームスープは食養料理の定番です。

身体が弱って食事も喉を通らない時に

いただきますが、今日は惣菜としてのスープで、

玄米粉から作ります。

 

竹内先生によると、上級コースでさらに

本格的な玄米クリームというメニューがあって、

これは玄米を炒ってから作るということです。

 

二色高野は、子どもの頃によく食べた

正食のごちそう料理で、人参を高野豆腐ではさんで

海苔を巻いて揚げたものです。

 IMG_5185.JPG

人参は嫌いですが、

これだけは好きでパクパク食べました。

 

いきなり団子も初めて聞く料理なので、

この世界独特のものだと思っていたら、

熊本県の郷土料理で、物産展などで

売られていることもあるといいます。

白玉団子粉と小麦粉を水で練った生地で、

あんことさつまいも包んで蒸したものです。

“いきなり”食べたくなって、

すぐ作れるという意味だそうです。

なるほど。

 IMG_5186.JPG

 

生地はよく練ったほうがおいしいと言われたので、

先日餅つきをした経験から、

そのイメージでプロッぽく折りたたんで

ボールに叩きつけたりして雰囲気を出しましたが、

皆さんは忙しく、誰も注目してくれませんでした。

 IMG_5183.JPG

さっと湯通ししたわかめと、

少し火を通したキャベツのサラダは、

豆腐と調味料をミキサーにかけて

作ったドレッシングで、いただきました。

「スーパーに行くとたくさんの種類の

ドレッシングがありますが、簡単ですので、

是非家庭で作ってください」と竹内先生。

 

一番多くよそっていただいた

金時豆入りごはんも、とても食べきれないから

お持ちかえりしようと思っていた、いきなり団子2個もすべて完食。

 IMG_5189.JPG

腹八分目の鉄則を破ってしまいました。

もうすぐ立春です。

****************************** Terryの初級日記も残すところあと2回です 次回もお楽しみに また、公開料理教室や各種セミナーも まだまだ募集中です 興味のある方は、ぜひのぞいて見てくださいね

  • 2011年02月06日 14時03分更新
  • ブログカテゴリー:

1月後半~2月の公開料理教室・セミナースケジュール

こんにちは! 少し間が空きましたが・・・ 今回は1月後半から2月の公開料理教室・各種セミナーの ご案内をさせていただきます 公開料理教室 1/28(金) 10:00-13:00 節分おもてなし膳 1/30(日) 10:30-13:00 一日体験教室 2/3 (木) 10:00-13:00 Macro de バレンタイン 2/5 (土) 10:30-13:00 一日体験教室 2/17(木) 10:30-13:00 一日体験教室 2/24(木) 10:30-13:00 一日体験教室 2/25(金) 10:00-13:00 和膳桃節句 https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/ 各種セミナー 1/29(土) 10:30-12:30 「足心道講座」午前クラス 1/29(土) 13:00-15:00 「足心道講座」午後クラス 2/12(土) 10:00-12:30 山村塾・望診法指導士養成講座-Aクラス- 2/12(土) 13:00-15:30 山村塾・望診法指導士養成講座-Bクラス- 2/13(日) 13:30-15:30 手当て法セミナー(講義と実習) 2/19(土) 10:30-12:00 実践!やさしい東洋医学講座 2/26(土) 10:30-12:30 「足心道講座」午前クラス 2/26(土) 13:00-15:00 「足心道講座」午後クラス https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/ みんなで楽しく学びませんか? 興味のある方はぜひご参加下さい
  • 2011年01月25日 14時54分更新
  • ブログカテゴリー: