ブログ「マクロなポケット」Blog

公開!蕎麦打ち教室!

 

公開料理教室に、

なんと伝説の蕎麦屋さんの

「凡愚(ボングー)」の店主、

真野龍彦さんに講師として来ていただきました。

 re_IMG_5644.jpg

大正区にあるお店は

およそ蕎麦屋さんに見えない

一風変わった雰囲気を醸し出して、

 凡愚.JPG

営業日は、木・金・土・日曜日の4日間、

さらにその日のそばが売り切れたら閉店となります。

日本中に愛弟子がたくさんおられ、

わざわざ関東から食べに来る

熱烈なファンもいるとお聞きします。

 

当日はプロの技を見たい学びたい参加者で

クッキングルームは満員となりました。

IMG_5654.JPG 

真野さんの奥様、スタッフの方、お弟子さん、

総勢5人のチームでいらっしゃいました。

泉大津市でそば・新鮮魚料理「そば草香(くさか)」

を経営されるお弟子さんの、そば打ちの技をご覧ください。

 

そば粉と水だけでこねていきます

 IMG_5653.JPG

IMG_5662.JPG 

華麗な手さばきで伸ばしていくと…

 IMG_5665.JPG

あっという間に広がっていきます

 IMG_5666.JPG

 IMG_5669.JPG

どこも同じ薄さという達人の技に驚き!

 IMG_5676.JPG

そば切り包丁で切っていくと…

 IMG_5673.JPG

均一の太さに切られたそばはまさに芸術品!

 IMG_5684.JPG

たっぷりの湯でゆでます

 IMG_5697.JPG

完成!

 

いただいた資料から、そばと製粉の話。

そばはタデ科の一年草で、

原始的な三角すいの形をしています。

 IMG_5648.JPG

発芽率100%で、手間も農薬もいらず、

75日目にピッタリ刈り取れます。

ピンクがかった白い小さな花で、

畑が雪のように真白になり幻想的です。

製粉は昔ながらの石臼で粉砕します。

石臼は用途に合わせて、

曲線、直線で美しいパターンを刻んでいます。

 IMG_5671.JPG

 IMG_5677.JPG

粉食は、人間にとって切っても切れない加工法ですが、

未だに石臼以上の粉砕方法はありません。

石臼はえらい!

 

<参加された方の声>

そば打ちが面白い!と聞いてはいましたが、

プロの方の華麗な技を目の前にして

「こんなにキレイに仕上げるなんて無理だ!」

と心が折れかけました。

しかしレクチャーしていただいた後に

参加者同士で声を掛け合って

そばを打っているうちに

どんどん楽しくなってきて、

太さがまちまちでも、

箸ですくうとプチプチとちぎれても

「これがまたおいしいんだよ!」

と慰め合い()ながらも

そばの良さを知ることができました。

凡愚のスタッフみなさんから

細かく優しく指導していただいて、

最後のそばがきまで

おいしくいただくことができました。

またこのようなすばらしい

講座があれば必ず参加したいと思います。

ちなみに…この講座の後、

手打ちそばの達人技を極めようと

ショッピングサイトでそば打ちセットを

検索したのは言うまでもありません()

 IMG_5696.JPG

 

そば切り 凡愚

大阪市大正区泉尾四丁目4-7 TEL:06-6553-7272

 

そば草香

泉大津市東豊中町2-2-14 TEL:0725-24-8576

  • 2011年04月18日 16時25分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの中級日記1

ふと気がつけば、 もう辺りは春の景色に変わっていますね。 お店の近くの公園も桜・チューリップ・菜の花・・・ たくさんの花が咲いていて 見ているだけで気持ちがウキウキしてきます さて先日 初級コースを晴れて卒業したTerryさん。 実は中級コースにステップアップして戻って参りました! 今回はどんな料理を作ったのでしょうか? *********************** 数日前からやっとのことで春らしい天候になりました。

春とは名ばかりの寒さの中で

じっと耐えていた桜のつぼみから

可愛い花びらが出はじめました。

自宅近くにある桜の木は、

朝出勤する時には数える程度だった花が、

帰宅時には夜桜を楽しめるほどになっていて驚きました。

きっと来週あたりは満開の桜で

世界が一変していることでしょう。

わーい、嬉しいな。

IMG_5715.JPG 

4月になりました。

ついに中級コースに進級します。

本来申し込んでいた受講日に仕事が入り、

土曜日の振替受講となりました。

久々の授業だし1回目ということもあり、

メンバーも違うし、なんだか落ち着かない気分で

教室に入りましたが、講師が初級でずっと

お世話になった竹内泉先生だったので、

正直ホッとしました。

 

「春休みが長く、

久しぶりの授業なのでドキドキしています。

初級は基本ということで、

少し地味なものが多かったと思いますが中級からは、

おもてなし料理のメニューも入って華やかになります」

と竹内先生。

 

さてさて本日のメニューは、

ごま入りご飯、三色白玉だんご汁、

実そばの葛煮、筍の木の芽和えの4品です。

初めてのチームなので、なんとなく硬い雰囲気・・・。

 

一番時間のかかる実そばの葛煮からとりかかります。

蓮根、人参、大根、高野豆腐と

食材を切っているうちにリズムができてきました。

実そばとはそばの殻をむいた粒の状態のもので、

そば米とも呼びます。

具として沢山入ったおつゆ料理は、

実そばのつぶつぶ感がおいしくて子どもの頃大好きでした。

鍋の底から、生しいたけ、筍、高野豆腐、

大根、玉ねぎ、蓮根、人参、笹がきにしたごぼう

の順番に重ね蒸し煮をしてからヒタヒタに水を入れ、

調味をしてから炊いていた実そばを加えて、

最後に溶いた葛でとろみをつけました。

今回はスープではなくて、

型に入れ固まったら、皿に移します。

 IMG_5705.JPG

筍の木の芽和えは、

茹でたほうれん草をすり鉢ですり、

木の芽を加えてさらにすると

ツーンといい香りが教室に漂いました。

 IMG_5698.JPG

三色白玉だんご汁は

何も入れない白・よもぎ粉を入れた緑・

人参の絞り汁を混ぜたオレンジ色で

三色のだんごがきれいに茹で上がりました。

IMG_5703.JPG 

黒ごまを入れた玄米ごはんは、

イカ墨を混ぜたように見えて

「おっ!」となりました。

 IMG_5708.JPG

三色白玉だんご汁を最初にいただきました。

ふのりの香りがふぁっとしたので

海のスープと名づけました。

みつ葉の香りと適度な塩味が

しみじみとおいしく目を閉じて味わいました。

 

筍の木の芽和えも香りを楽しみました。

テーブルのあちらこちらで

「おいしい」という声が聞こえます。

まさに春という旬をいただいているなと思いました。

 

後片付けも終わり、一緒に過ごしたチームの方たちに

「ありがとうございました」とお礼を言うと、

「また振り替えで参加して下さい」

と笑顔で言ってもらえました。

新しい出会いの季節です。 ************************ 春からの公開料理や講座も魅力的なものが沢山あります 興味のある方はぜひご参加くださいね

  • 2011年04月05日 10時30分更新
  • ブログカテゴリー:

公開料理・セミナースケジュール

 4月~5月前半 公開料理・セミナースケジュール 4/6(水) 10:00~13:00  春の桶盛り合わせ寿司 4/9(土)10:00~12:30  山村塾・望診法指導士養成講座-初級-Aクラス            13:00~15:30  山村塾・望診法指導士養成講座-初級-Bクラス 4/10(日)13:30~15:30  手当て法セミナー(講義と実習) 4/14(木)10:00~13:00  春の雑穀料理 4/17(日)14:00~15:30  初心者のための太極拳講座 4/28(木)10:00~12:30  気軽にティータイム 5/15(日)14:00~15:30  初心者のための太極拳講座 どこかに出かけたくなるこの季節。 みんなで新しいことにチャレンジしてみませんか? セミナー情報 https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/ 公開料理教室 https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/
  • 2011年04月05日 10時23分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの初級日記8

ついにTerryさん初級コースの 最終回となりました。 さて、今回はどんなものを作ったのでしょうか? ************************** 突如気温が緩んで4月の陽気が続いた後、

少しひんやりた3月らしい

清々しい空気が心地よい朝、

今日から3月です。

月並みな表現だけどあっという間に年が明けて

2ヶ月経ってしまいました。

 

これから桜の蕾が膨らみ、

爆発するように薄紅色の花が咲き乱れ、

花吹雪となって散ると、

新緑が景色を一変させます。

街が賑やかになり、

行きかう人々に笑顔が多くなってくるような気がします。

この初春から夏に向かう躍動的な季節が一番好きです。

 

そんなこんなで、初級コースも10回目の今日で終了。

なんとなく気分もいつもと違います。

 

「回数を重ねるごとに、皆さんの段取りがよくなってきました。

料理は楽しむことが大切。

おかずは少々脱線しても、主食に重きを置きましょう」

と講師の竹内泉先生が最初に話されました。

 

本日のメニューは、

玄米五目炊き込みご飯、筑前煮、

青菜と蓮根の梅和え、豆乳ムース。

 

メインディッシュっぽい筑前煮は、

斜め薄切りしたごぼうを蒸し煮して、

こんにゃく、干し椎茸、大根、蓮根、人参、里芋

の順番に入れてさらに蒸し煮。

椎茸の戻し汁と水を加えて、塩、醤油で調味していきます。

 IMG_5216.JPG

蒸し煮の仕上がるタイミングが難しく、何度も先生に確認。

「匂いや色や音などの五感を働かせて判断します」

と言われ、これは経験を積むしかないなと納得です。

今日は蒸し煮オンパレードのメニューでした。

 IMG_5213.JPG

豆乳ムースは、葛粉に豆乳と水を加え、

強い火で5分ほど練り上げます。

焦げないようにするため、

結構力を使って速いスピードで木べらを回します。

葛に火が入った見極めがポイントとのことでした。

 

竹内先生が「最後なので、マクロビオティックの始祖、

桜沢如一先生の著書『食養人生読本』の中にある

食前のことばを読ませていただきます。

いま私たちはここに、正しい食べ物を、あたえられました。

私たちはこれを、正しくとり、よくかみ、よく味わい、

健康と自由、幸福と平和を確立し、

絶対の安心、無畏の勇猛心、最上の知恵をうけ、

宇宙の秩序を身につけて、正しく楽しく生きたいと思います」

いただきまーす。

 IMG_5220.JPG

ごぼうや椎茸の香りと共に炊き込みごはんを口に入れる。

おいしい。

ぷちぷちと噛む楽しさ。

椎茸の戻し汁しか使っていないけれど、

しっかりと味が染みてそれぞれの素材の味を楽しめる筑前煮。

お酒のお供にも合いそうです。

 

洗いごまを炒って

すぐにすった胡麻と白味噌、練り梅で和えた

青菜と蓮根は絶妙な味と食感でもっとたくさん食べたくなりました。

 IMG_5214.JPGIMG_5215.JPG

デザートの豆乳ムースは、

メープルと黒糖で作ったシロップを少しかけていただきました。

葛と聞くだけで身体に良さそうです。

素朴な素材とシンプルな調味料で

こんなにおいしくなるなんてまるで魔法を使っているみたいです。

 

食事をしながら半年通い続けた人たちの感想発表が行われました。

「最初はピンとこなかった子どもが、

半年経っておいしいと言ってくれるようになりました」

「玄米食のレストランがマクロとの出会いでしたが、

今は毎日玄米を炊くようになりました」

「我流でやっていたけど、基本を学べたのでよかったです」

「食材に対する思いややさしさが嬉しかった」

「そんなことはあるはずないと思っていましたが、

体質や食べ物の好みがすっかり変わりました」など、

喜びの声がたくさん聞けました。

 

同じ釜の飯を食べた仲間たち

という言葉が頭に浮かんだ最終回でした。

さてさて、中級に進んで、

さらに正食料理ワールドの扉を開けてみたくなりました。 ************************ 料理を学べることは勿論ですが、 素敵な仲間と出会えるのも 料理教室の大きな魅力ですね 皆様本当におつかれさまでした!
  • 2011年03月06日 12時05分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの初級日記7

  少し寒さも緩み、春の陽気を感じる日も出てきましたね。 つい先日までとても寒かったのが 信じられないくらいです。 さて、早いもので料理教室は 初級第9回目となりました。 今回はおはぎやそば餅などです。 餅つき大会で腕を振るった Terryさん、腕の見せ所ですね 昨日、昼間から降り出した雪が

場所によってはかなりの積雪となり、

今日の教室の開催が心配されましたが、

先生も生徒さんも問題なく来ることができて、一安心です。

数日前は、雨が夜更け過ぎに雪に変わり、

朝起きて窓の外を見ると銀世界になっていてビックリ。

まだ寝ていた息子に「雪だぞーっ」と声をかけたら、

ばっと起きて外を見て、「うあっ」と言って、

すぐにふとんに潜りこみました。

さあ、今日で9回目の授業です。

残すところあと1回。

まだ暑さも残っていた10月にスタートしましたが、

季節は春までもう一歩。なんとも早いものです。

 

「昨日は外出していて、

家に着いた時は雪だるま状態になってしまいました」と、

元気いいっぱいの竹内泉先生。

 

メニューは、

三色おはぎ、けんちん汁、すき昆布の炒め煮、そば餅の4品。

三色おはぎは、いつもより柔らかめに炊いた玄米を、

すりこぎで軽くつぶして、

 IMG_5196.JPG

おにぎりよりは軽くまるめ、

小豆あん、きな粉、黒ごまをつけます。

小豆あんもきな粉もあえて塩味です。

黒ごまは炒ってすり鉢ですり、醤油を混ぜました。

 IMG_5191.JPG

「いつも玄米で重たいと感じたら、

時々このようにおはぎにしてはいかがでしょう。

おやつにしてもいいですね」と先生は言われます。

 

「具沢山の冷蔵庫のお掃除料理」

と先生が言われたけんちん汁は、

里芋、こんにゃく、干し椎茸、

ごぼう、大根、人参、蓮根と野菜だけの具なので、

塩を効かすのが調味のポイントでした。

IMG_5195.JPG 

すき昆布の炒め煮は、

蒸した昆布を和紙を漉くようにして板状にした昆布

(サラダ昆布ともいいます)と野菜の炒めものですが、

けんちん汁にも

ごぼうのささがきが使われているので、

現場が少々混乱。

「あーっ! この鍋どっちの料理?」とか

「しまった、梅酢入れるの忘れた」と

あたふたした場面が展開しました。

 IMG_5194.JPG

そば餅は、そば粉と白玉だんご粉に熱湯加え、

最初は木しゃもじで混ぜ、

少し冷めては手でこねます。

前回のいきなり団子の生地がうまくできたので、

率先して手がけましたが、

慎重にお湯を加えていったにもかかわらず、

手でこねる工程で、べたべたになってしまい、

手に生地がくっついて離れません。

白玉粉を追加してもらい、

再度挑戦したものの同じ結果となり、

「だめだこりゃ」と退散。

 IMG_5192.JPG

同じ班の女性にバトンタッチしました。

簡単そうでも、材料や熱の加減もあるのか

なかなか難しいものですね。

 

塩味の小豆あんがついた甘くない おはぎだと知らずに食べたら、

びっくりするかもしれませんが、

小豆の味が楽しめてとてもおいしいものでした。

甘くないきな粉のおはぎも、

きな粉の味をじっくり味わえました。

醤油味のごまおはぎもなかなかいけます。

何個も食べたくなりました。

 IMG_5198.JPG

竹内先生もおっしゃったように、

お料理に砂糖を使うと、

材料の個性や本来の味を消してしまうことに

なるのでしょう。

そば餅に入れた小豆あんには、

少し黒糖が入りましたが、

かすかに甘みを感じる程度のものでした。

「こういう甘みに慣れると、

市販のものの甘みはがつんと強烈ですね」と、

となりの女性と話しました。

昨日もらったバレンタインのチョコの甘さを想像し、

ちょっと気になりました。 IMG_5199.JPG 次はいよいよ最終10回目です。 皆さんお楽しみに ちなみに3月からの公開料理・セミナースケジュールも 魅力的なものばかりです。 ご興味のある方はぜひお申込みくださいhttps://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/ https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/

  • 2011年02月18日 10時55分更新
  • ブログカテゴリー: