ブログ「マクロなポケット」Blog

7月~8月上旬の公開料理教室・セミナースケジュール

梅雨まっただ中ですが、今日はとてもいい天気で 洗濯日和ですね 夏に向けて続々と公開料理やセミナーがあります。 どれも魅力的なものばかりですので、 これから夏の予定を立てる方は ぜひ参考にしてみてください 【公開料理教室】 7/6(水) 夏のドルチェ            10:00-12:00               講師:増田加奈(正食クッキングスクール指導員) 旬の野菜と果物を使った簡単でおいしい 夏のデザートです。 夏の暑さをさわやかにクールダウン しましょう! 詳しくは https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/ ******************************** 【各種セミナー】 7/2(土) 実践!やさしい東洋医学講座        10:30-12:00         講師:佐々木章光(佐々木鍼灸院院長) 7/3(日) 太極拳で姿勢美人に!      初心者のための太極拳講座          14:00-15:30          講師:中本賢一(豊中ヘルスマート店主) 7/9(土) 山村塾・望診法指導士養成講座・初級Aクラス          9:00-13:40     山村塾・望診法指導士養成講座・初級Bクラス          14:00-18:40          講師:山村慎一郎(正食協会理事) 7/10(日) 手当て法セミナー(講義と実習)          13:30-15:30          講師:野口昭夫(ムソー食品工業(株)) 7/17(日) 太極拳で姿勢美人に!       初心者のための太極拳講座          14:00-15:30          講師:中本賢一(豊中ヘルスマート店主) 7/23(土) 足心道講座・午前クラス          10:30-12:30      足心道講座・午後クラス          13:00-15:00            講師:宇野仁英(正食クッキングスクール師範科卒) 8/6(土)  実践!やさしい東洋医学講座                  10:30-12:00                  講師:佐々木章光(佐々木鍼灸院院長) 8/7(日)  太極拳で姿勢美人に!       初心者のための太極拳講座              14:00-15:30                  講師:中本賢一(豊中ヘルスマート店主)   詳しくは https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/ 興味のある方はぜひご参加ください!  
  • 2011年06月11日 15時40分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの中級日記4

気がつけばもう6月。 少し前に年が明けたと思ったのに・・ 大人になるにつれ、月日の流れを 早く感じるようになりました。 毎日同じようでも今は今しかない! 大切に時間を使おうと1年の折り返し 地点で気持ちを新たに 頑張っていこうと思います Terryさん今回は中級4回目。 メニューは春の食材から夏の食材へ 少しづつ移行してきています。 さて、どんなお料理が出来たのでしょうか? ************************

台風2号が温帯低気圧に変わって過ぎ去り、

台風一過の爽やかな青空が・・・

と言いたいところですが

早々と入梅してしまい

どんよりとして空が低いさえない天気です。

 

昨年より12日ほど早い

梅雨の季節になりましたが、

その分早く明けるということではない、

ということなので、長い梅雨空を覚悟しました。

IMG_5872.JPG 

米をはじめとする農作物にとっては、

絶対に必要な雨なので

文句ばかり言ってはいけないことは

分かっているのですが、ついつい。

とはいえ、気温も湿度もまだ高くなく、

薄いジャケットを着て

街を歩けるのが快適で気分がいいです。

さまざまな節電対策を考えなくてはならない

今年の夏は、果たしてどのような展開となるのでしょうか。

 

5月最後の日、中級4回目の授業です。

今回も初めての講師で、金子多重美先生。

三重県の名張から来られていて、

地元でネットワーク教室もされているとのこと。

メニューは、梅粥、しぐれ味噌、かた焼きそば、

きゅうりとわかめのごま酢和え、

水無月(デザートの名前です)の5品。

 

名前からしてさっぱりとした酸味が

今の季節に合いそうな梅粥は

「梅が入ることで水気がべたべたするので、

炊く時に水を少なめにすること。

後でお好みや体調によって調整してください」

と最初にコツを言われました。

圧力がかかったらすぐに弱火にするのが

普通の玄米との違いです。

40分経ったら火を止めて自然放置。

蒸気が抜けたら混ぜ過ぎると

ねばりが出るので要注意。

「解毒作用もある梅干しは小さくちぎって、

種も一緒に入れて炊きます。

食べる時に、その種がはいっていた人

は大当たりです」(笑)とさらりとユーモアが入ります。

梅干しは時節柄、少しずつでも

ひんぱんに摂りたいものですね。

 

「しぐれ味噌は、

食養料理の鉄火味噌

(ふりかけです)の惣菜版です。

瑞々しくて甘くておいしい新タマネギを使いましょう」

「この味噌は、パスタソースやソーメン、

和え物、豆腐に載せるとか

いろんな用途があるので楽しんでください。

教室では細かいミスは気にせず

全体の流れを覚えることが大切です」

と先生のアドバイス。

 

ごぼうを細かい笹がきにして蒸し煮します。

みじん切りにした玉ねぎ、蓮根、人参を炒めてから

味噌を少しの水で溶いて

炒めた野菜の上に載せて、

さらに土生姜のみじん切りをその上に載せて、

ガスマットを使ったとろ火でなんと

1時間蒸し煮しました。

IMG_5859.JPG 

こんなに長い時間の蒸し煮は初めてなので、

いつも一緒に学んでいる同士のおじさんが

蓋を開けては、金子先生の声が響きます。

IMG_5865.JPG 

「開けたらだめですよ!」。

ぼくは笑いをこらえきれずに何度も吹き出しました。

 

かた焼きそばは、中華料理で言うフライ麺でしょうか。

パリッと揚げた麺に

あんかけのスープがかけられたものですね。

教室では天日乾燥した焼きそば用乾麺を茹でて

油で揚げました。

IMG_5857.JPG 

IMG_5860.JPG 

IMG_5862.JPG 

スープはキャベツや玉ねぎ、人参など

いろんな野菜を炒めて、だし汁を加えて

食べる間際に葛を入れてとろみをつけました。

 

デザートの水無月は、6月の旧暦の呼び名です。

雨が多いのに水無月、これいかに、

とか考えて葛と白玉粉に水を加えて攪拌していると

冷や汗がたらりと出そうになることが・・・。

IMG_5856.JPG 

300ccをあろうことか3カップと勘違いしていました。

「せんせーい、ヘルプ!

と小さな声で先生のそばに行って言いました。

「あらら、では粉を倍にして作りましょう」。

戦意喪失というか、「やってしまった」というショックで、

それからの作業は「これでよかったですよね」

と同じテーブルの人にいちいち確認して実行する始末。

なんとなく先生にマークされた

問題児のような気分になりました。

先生はミスを怖がるなと言われるけれど、

このような小学生のようなミスはいただけません。

チームプレイだから皆さんに迷惑がかかります。

 

蒸し煮の長いしぐれ味噌、

麺を揚げるタイミングで、

スープにとろみをつけるかた焼きそば、

食べる直前に和えて仕上げる、

きゅうりとわかめのごま酢和え、

と進行中の料理が多いからなのか、

かなり忙しい調理に感じました。

 

試食がはじまると

となりで食事をしているおじさんが

“大当たり”

で、梅干しの種が梅粥の中から出てきました。

予想通り淡い酸味の梅粥はさっぱりします。

IMG_5861.JPG 

しぐれ味噌は、他のテーブルのものも試食しましたが、

野菜のみじん切りの大きさだけでも

味が違うように思えました。

IMG_5868.JPG 

ごはんのおかずとしては少し量が多いので、

かた焼きそばに混ぜて食べるとおいしかった。

デザートの水無月を食べる時は、

テーブルの皆で顔を見合わせて笑いながらいただきました。

IMG_5871.JPG 

「途中で気づかなかったら、

一体どんな料理になっていたのか」と思うと、

またまた冷や汗が出ました。

片付けものも終わり終礼の後、

毎朝職場の朝礼で唱和している

接客用語の一つを同じテーブルの皆さんに

心を込めて言いました。

「(お騒がせして)申し訳ございませんでした!」。 IMG_5870.JPG

  • 2011年06月03日 09時03分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの中級日記3

こんにちは。 5月も半ばを過ぎましたが 季節は初夏を通り過ぎて まるで夏のようですね。 さて、テリーさん今回は中級の3回目です。 どんなお料理が出てくるのでしょうか? *************************

 

ゴールデンウィークは、

久しぶりにまとまったお休みをいただいて、

のんびり過ごしました。

そんなある日、東京の友人から電話があり

55日に大阪であるコンサートに

友だちのミュージシャンが出るんだけど、

メンバーの一人が厳格なマクロビアンなので、

そんな料理をテイクアウトできる店ない?

という問い合わせに対して、

何を思ったのか「ぼくが作ってあげる」

と答えてしまいました。

コンサートが自宅近くの

野外音楽堂だったこともあったのかもしれません。

迷うほどレパートリーはないので、

 

前夜に切り干し大根と高野豆腐の煮付け、

蓮根と青菜の梅和え、

中級で習ったばかりのひじき蓮根を仕込みました。

他のメンバーも食べるだろうから、

みりんで少し甘めに仕上げようかとも思いましたが、

正食協会仕込みのマクロ料理の評価に

ミソをつけることになるかも、と思い直しました。

翌朝、5合の玄米に黒豆を入れて炊き上げたところ、

素晴らしくおいしくできて、

せっせとおにぎりにして歩いて会場に向かい、

楽屋に差し入れました。

 IMG_5837.JPG

家族以外の人のために、手間ひまかけて料理をすることなんて、

少し前のぼくには考えられないことで、

自分でもびっくりしました。

それもこれも正食協会で仕事をすることになったことと、

料理を習っていることが

大きく影響しているんだなと改めて思いました。

 

5月も中旬を過ぎました。中級コースのレッスンです。

今日は初めての講師で藤井美千代先生。

ちょっと厳しそうに見えます。

あまり目立たないようにしよう。

「今日は、講義から始めます」と意外な展開です。

 

“料理は体に合った方法で”というテーマで、

「自分の体質や体調を考えて、

自然界の陰陽の力を認識して生活していると

自然の秩序や季節の移り変わりが分かるようになります」

 

「旬のものを全体食(一物全体)でいただきます。

今は野菜が年中ありますので、

勉強しないと旬が分からなくなります」

 

「体調は毎日変化します。昼と夜も違います。

素直に体の声を聴くことが大切です。

この話を聞いて『先生、私、体の声が聴こえないんですが』

と言ってきた人がいましたけど(笑)」。

さすがベテラン先生だけあって、

いろんな話が淀みなく次から次に出てきます。

お話が面白く分かりやすい。

 

さて、本日のメニューです。

いなり寿司(だ~い好き)、

ふきと高野豆腐の煮付け、

玉ねぎと車麩の酢味噌和え、

柏餅の4品です。

 

いなり寿司のごはんは、

玄米に人参、

ゆかり(梅干し用に漬けた紫蘇を乾かして粉末にしたもの)、

炒ってすったばかりの白ごまを混ぜます。

 IMG_5846.JPG

寿司揚げは(味がしっかり入るように)油抜きしてだし汁で煮ます。

IMG_5843.JPG 

ふきは茹でて冷ましてから、

蛇の皮をむくように(むいたことないですけど)、

いっきに皮をむくのが面白かった。

 

玉ねぎと車麩の料理の、

車麩は水で戻すだけで熱も何も加えないのに驚きました。

焼いているので、そのままでもOKのようです。

 

柏餅は玄米粉と上新粉を混ぜて

熱湯を加え耳たぶの固さに練ってから、

蒸し器で30分蒸しました。

 IMG_5850.JPG

おいしそうな色になった寿司揚げに、

 IMG_5848.JPG

味付けごはんを詰めていきます。

IMG_5849.JPG 

少しごはんの量が多かったけれど、

お腹がすいていたので思い切り詰め込みました。

巡回してきた藤井先生に、

「美しくないので、ごはんが多い場合は取り分けて、

別にいただくといいですよ」とアドバイスを受けましたが、

こっそり押し込んでごまかしました。

 

さて、お楽しみの食事の時間です。

あれ? 

なんてこった自分用のごはんの量の

多いいなり寿司は試食用として、

講師席に並べられていました・・・残念。

 

今日のメニューで特に「おいしい!」と感じたのは、

玉ねぎと車麩の酢味噌和えです。

すぐに家で作りたくなりました。

驚くくらい簡単なんです。

乱暴な表現をすると、蒸し煮した玉ねぎに、

水で戻した車麩を加えて酢味噌で混ぜるだけ。

きっと夏が近付き、

ほんのりした酸味が体に合うように

なってきたのでしょうね。

ふきと高野豆腐の煮付けは、

目をつむってもふきの味と分かるほど

旬を感じました。

 IMG_5847.JPG

今回、メニューにはありませんでしたが、

特別にふきの葉を使った、ふき味噌も作りました。

ほんのり苦く、冬の間に溜まった

体の毒素を出す作用のある食べものです。

IMG_5844.JPG 柏餅も2個ぺろりとたいらげ完食。

やっぱり正食の料理はシンプルでおいしい。

 IMG_5854.JPG

ごちそうさまでした。 ************************** 今回も旬を感じることができる 素敵なメニューでしたね。 ちなみに公開料理教室や各種セミナーも 素敵なものが沢山ございます! 興味のある方はぜひ ご参加くださいね 公開料理教室 https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/ セミナー https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/

  • 2011年05月23日 10時24分更新
  • ブログカテゴリー:

Terryの中級日記2

こんにちは。 すっかりあたたかくなり過ごしやすい日になりましたね そろそろ花の種まきをしようかと考えている今日この頃です さて、今回Terryさんは中級2回目です。 どんな料理ををつくったのでしょうか? ************************** 今月は仕事の帰り、近くを流れる

大川の対岸に咲く満開の桜並木を

ぼんやり眺めて過ごしたりしていましたが、

その桜も今週散りました。

一瞬の出来事だったように感じます。

 

季節は巡り、

今はフレッシュなライムグリーンの新緑がきれいで、

街の景色がいきいきと感じられます。

東京に住んでいた時、

原宿表参道のケヤキ並木を

散歩するのが大好きだったことを思い出します。

IMG_5831.JPG 

今日は、中級コースの2回目です。

しばらくぶりに初級で一緒だったおじさんと再会。

同士に会ったようで嬉しく、しばし歓談しました。

担当する講師は、島田弘子先生。

正食協会の料理教室に数年ぶりに

カムバックされた先生です。

冒頭に「初級・中級は、

あとになればなるほど『すごい』と実感します。

基本はとても大切です。

時間に追われる家ではなく、

この教室では時間もあって仲間もいますので、

じっくり楽しんで作ってください」と話されました。

 

メニューは、

筍とグルテンの混ぜご飯、

揚げ豆腐、

ひじき蓮根、

わかめと切り干し大根の二杯酢

4品です。

「ひじき蓮根は、食養料理の常備菜で、

毎食一箸ずついただきたいものです。

きんぴらごぼうと同じく大事な料理です」

と島田先生。

一度で完璧は無理ともおっしゃいました。

それだけ奥が深いということなのでしょう。

ひじきはさっと洗って水につけ、

爪で切れるくらいに戻し、

蓮根はいちょう切り、人参は細切り。

鍋を熱してごま油を差し、

ひじきを炒めて水気がなくなったら、

蓮根を炒め、

ひじきの戻し水と水をヒタヒタに入れて沸騰させ、

弱火にして人参を加えました。

あとは醤油を入れて汁がなくなるまで煮る。

まあ、これだけの手順で簡単そうなんですけど、

どこかに何かが

複雑に絡んでくるものがあるのでしょう。

乾物には落し蓋という鉄則通りにして、

ひたすら汁がなくなるまで待ちました。

 IMG_5753.JPG

その待ち時間を利用して、講義が行われました。

正食(マクロビオティック)の食事の原則として、

噛むことの重要性を特に強調して話されました。

腹八分目につながり、脳の刺激になり、

ボケ防止、だ液がたくさん出ることによる

メリットなど盛りだくさんにその効用が紹介されました。

締めの言葉としては

「量は質を変える」。

どんな体によいものでも、

食べ過ぎるとよくないということを話されました。

 

「桜沢先生の歌で『よくかめよ』というのがあります。

昔はよく合唱しました。ご存知の方歌ってください」

と、半ば指名のようにぼくの目をとらえて言われました。

ご指名とあらば仕方ない、

一肌脱ぎましょうとばかり

皆様の前でソロで歌いました。

「♪よくかめよ食べものを

 かめよかめよかめよ からだが強くなる♪」

・・・お粗末でした。

やさしい生徒さんたちから

拍手が起こりうれしかったです。

 

待ちに待ったお食事の時間です。

温かいうちにとばかり、

揚げ豆腐に箸をつけました。

おろしたばかりの大根おろしと葱に、

醤油をジュッとかけて、ほくほく食べます。

おいしい。

至福の瞬間。

やはりシンプルイズベストですね。

IMG_5758.JPG 

少し濃い目に味付けされた

筍とグルテンを混ぜた

玄米ごはんを、よく噛んで食べます。

噛むことの大切さを説かれた後なので、

どうしても意識して噛んでしまいます。

ひじき蓮根を少しずつ口に入れます。

確かに体によさそう。

この料理はカルシウムがばっちりで、

妊婦さんや貧血気味の人、

育ち盛りの子どもたちにぴったりの料理ということです。

 

わかめと切り干し大根の二杯酢は、

どちらかというと酢の物は苦手なんですが、

とてもおいしかった。

IMG_5756.JPG 

これも季節のせいなのか、

体が欲していたのか、

いろいろ考えさせられます。

ここ数日、少し体調を崩し、

ほぼ絶食していただけに、

おいしく食事ができる幸せを

しみじみ感じながら完食いたしました。

 

ごちそうさまでした。 IMG_5761.JPG

  • 2011年04月30日 09時40分更新
  • ブログカテゴリー:

公開!蕎麦打ち教室!

 

公開料理教室に、

なんと伝説の蕎麦屋さんの

「凡愚(ボングー)」の店主、

真野龍彦さんに講師として来ていただきました。

 re_IMG_5644.jpg

大正区にあるお店は

およそ蕎麦屋さんに見えない

一風変わった雰囲気を醸し出して、

 凡愚.JPG

営業日は、木・金・土・日曜日の4日間、

さらにその日のそばが売り切れたら閉店となります。

日本中に愛弟子がたくさんおられ、

わざわざ関東から食べに来る

熱烈なファンもいるとお聞きします。

 

当日はプロの技を見たい学びたい参加者で

クッキングルームは満員となりました。

IMG_5654.JPG 

真野さんの奥様、スタッフの方、お弟子さん、

総勢5人のチームでいらっしゃいました。

泉大津市でそば・新鮮魚料理「そば草香(くさか)」

を経営されるお弟子さんの、そば打ちの技をご覧ください。

 

そば粉と水だけでこねていきます

 IMG_5653.JPG

IMG_5662.JPG 

華麗な手さばきで伸ばしていくと…

 IMG_5665.JPG

あっという間に広がっていきます

 IMG_5666.JPG

 IMG_5669.JPG

どこも同じ薄さという達人の技に驚き!

 IMG_5676.JPG

そば切り包丁で切っていくと…

 IMG_5673.JPG

均一の太さに切られたそばはまさに芸術品!

 IMG_5684.JPG

たっぷりの湯でゆでます

 IMG_5697.JPG

完成!

 

いただいた資料から、そばと製粉の話。

そばはタデ科の一年草で、

原始的な三角すいの形をしています。

 IMG_5648.JPG

発芽率100%で、手間も農薬もいらず、

75日目にピッタリ刈り取れます。

ピンクがかった白い小さな花で、

畑が雪のように真白になり幻想的です。

製粉は昔ながらの石臼で粉砕します。

石臼は用途に合わせて、

曲線、直線で美しいパターンを刻んでいます。

 IMG_5671.JPG

 IMG_5677.JPG

粉食は、人間にとって切っても切れない加工法ですが、

未だに石臼以上の粉砕方法はありません。

石臼はえらい!

 

<参加された方の声>

そば打ちが面白い!と聞いてはいましたが、

プロの方の華麗な技を目の前にして

「こんなにキレイに仕上げるなんて無理だ!」

と心が折れかけました。

しかしレクチャーしていただいた後に

参加者同士で声を掛け合って

そばを打っているうちに

どんどん楽しくなってきて、

太さがまちまちでも、

箸ですくうとプチプチとちぎれても

「これがまたおいしいんだよ!」

と慰め合い()ながらも

そばの良さを知ることができました。

凡愚のスタッフみなさんから

細かく優しく指導していただいて、

最後のそばがきまで

おいしくいただくことができました。

またこのようなすばらしい

講座があれば必ず参加したいと思います。

ちなみに…この講座の後、

手打ちそばの達人技を極めようと

ショッピングサイトでそば打ちセットを

検索したのは言うまでもありません()

 IMG_5696.JPG

 

そば切り 凡愚

大阪市大正区泉尾四丁目4-7 TEL:06-6553-7272

 

そば草香

泉大津市東豊中町2-2-14 TEL:0725-24-8576

  • 2011年04月18日 16時25分更新
  • ブログカテゴリー: