ブログ「マクロなポケット」Blog

上級金曜クラスにお客様☆

  本日は秋晴れです 料理教室は、上級金曜クラスの第1回目。 担当は、島田弘子先生です。 上A島田先生.JPG このクラスには、海外からのお客様がみえられていました。 「むすび」9月号の特集で、タイのマクロビオティックをご紹介しているのですが、 タイにあるオーガニック&マクロビオティック専門店「レモン・ファーム」の スワンナ・ランナムサンさんとスタッフのポーさんが、特別に授業に 参加されました タイ受講.JPG (↑島田先生のデモを熱心に観察するスワンナさん(左)とポーさん(右) 中央は通訳と受講のサポートをされたむそう商事の細川さん。 後方が同じく受講をサポートされた杉中さん) 第1回のメニューは、ひじき入り玄米ご飯と、船場汁、 手づくり豆腐、おから餅、塩鮭の頭と大豆の5品。 (塩鮭の頭と大豆については、“集中料理教室上級1日目”を ご覧下さいね~!) 秋上A1実習.JPG 皆さん手際よく作業を進めていきます。 タイ実習1.JPG 英語で説明を受けながら、スワンナさんたちも調理を進めます。 レモン・ファームでもクッキングクラスをされているだけあって、 とてもスムーズにお料理されていました。 ポーさんのささがきは、本日のクラスの中でもピカイチ と先生方も太鼓判を押すほどの腕前。 タイ実習2.JPG 秋上A1試食.JPG 試食が完成し、皆さん一緒にいただきました 「マクロの独特の料理の仕方を習うことができてよかったです。 陰陽のバランスをとるのが、日常生活の食事の中でできることなど、 非常に参考になりました」 とスワンナさん。 「おいしかったです。健康のバランスをとるのに非常に よい方法だと改めて感じました」 とポーさんより、感想をいただきました。 タイ試食.JPG 第1回を終えて、島田先生からコメントをいただきました。 「どの班も、蒸し煮が上手に出来て、よくお味が出ていたと 思います。 この調子で次回以降も、頑張って下さいね!」 このクラスの第2回目は、19日。 皆さん、次はごま塩の復習がありますので、 おさらいもしてみてくださいね~ *** *** *** *** *** さて。 タイのスワンナさんたちがクッキングスクールに来られたのは、 ただ視察だけではありません。 実は、10月19日20日に岡田校長先生と島田先生の料理クラス、 岡部先生の講義を盛り込んだマクロビオティックセミナーを タイで開催するため、打合せに来られていたのです タイペーパー1.JPG ↑レモン・ファームさんのフリーペーパー その中に… タイペーパー2.JPG セミナーの告知がバッチリ掲載されております。 タイ打合せ.JPG 授業後、先生方と当日料理クラスでおこなうメニューの最終打合せを おこなうスワンナさんたち。 タイでのセミナーの様子は、「むすび」でご紹介する予定ですので、 どうぞお楽しみに タイみんなで.JPG 記念に、皆で一枚 (左は、スワンナさんたちを迎えに来られたむそう商事の嶽村さん。 タイのセミナーにも同行していただきます) スワンナさん、ポーさん、遠いところをおこしいただき、有難うございました。 セミナーの成功をお祈りしております ↓レモン・ファームのHPはこちら・・・ http://www.lemonfarm.com/lmf/
  • 2012年10月05日 17時55分更新
  • ブログカテゴリー:

秋期料理教室スタート!!

  本日はちょっと曇り空でしたね 今日から、秋期の料理教室がスタートしました 初日は秋期師範科の木曜クラス。 その詳しい模様は、土曜クラスと合わせて、 日曜日にお伝えする予定です 明日は上級金曜クラスがスタートします メニューは、この間集中コースのレポートで お伝えしましたが、 また楽しいニュースをご紹介できるかと思います さて、先月15日にアップした「おせち料理教室」の メニューが確定しましたので、 お知らせします。 12月5日 バラエティおせち 島田弘子先生 豆腐の松風焼き れんこん卯の花詰め ふくさ包み ごぼう照煮団子 菊花かぶら 五色なます 昆布巻き ほか 12月13日 基本のおせち 岡田昭子校長先生 黒豆 たたきごぼう 田作り 煮しめ 雑煮 ゆず釜なます りんごきんとん ほか のラインナップです ぜひぜひ、ご参加くださいね~。
  • 2012年10月04日 18時05分更新
  • ブログカテゴリー:

本日は教室はお休みです。

  朝晩が、徐々に冷えるようになってきましたね。 昼間との気温差で体調を崩される方も多いかと思いますので、 充分ご注意ください! さて本日は、料理教室はお休みの日。 教室が空いているのを利用して、 「むすび」に掲載するお料理 (滋味SUN菜~THE KANBUTSU~) の撮影をおこなっておりました。 今日の撮影分は12月号に掲載されますので、 テーマ・料理写真はマル秘です 発行までのお楽しみ、です 明日、師範科の第1回の授業で 秋期レギュラーコースは始まります まだクラスによっては余裕があるところも ありますので、ぜひご検討くださいね
  • 2012年10月03日 17時01分更新
  • ブログカテゴリー:

公開中華料理教室

本日もよいお天気です
  今日は、公開料理教室で中華料理教室がおこなわれました 講師は、知る人ぞ知る、の「創華飯店」店主、 蓮田マチ子先生です。 蓮田先生A.JPG メニューは、 焼玄米ビーフン、小芋のねぎ油炒め 三度豆と高菜漬けの炒め、梅肉風味のポテトサラダ、 生麩の酢豚、の5品です。 中華食材.JPG 今回のコンセプトは、「特別な中華食材がなくてもつくれる!」 ということで、特に中華食材屋に買いに行かないといけないものは 使いません。(強いて言えば、干しえび、くらいでしょうか) 講師の蓮田先生は、正食クッキングスクールの卒業生。 10年以上も前から、公開料理教室などの授業に特別講師として おこしいただいています 蓮田先生B.JPG 普段使いの調味料で中華味にするには、ひと工夫が必要です。 ごま油に白ねぎを入れて、ねぎ油を作ります。 この下ごしらえの時点で、香ばしい匂いが教室の外にまで充満しました ねぎ油.JPG さて、実習開始。里芋を蒸したり、ねぎを刻んだり、三度豆のヘタをとったりと、 手分けして作業を進めます。 里芋しこみ.JPG ながねぎ.JPG いんげんこしらえ.JPG 大量の三度豆は、油通しをして使います。 インゲン油通し.JPG 火口をフル稼働で、炒め物にチャレンジしていきます。 鍋炒め中華.JPG こちらは生麩。そのまま食べてもおいしいですが、 片栗粉をまぶして揚げて、酢豚の肉の代わりにします。 生麩片栗.JPG もちもち食感が、食べ応えあるボリューム感を支えます。 生麩揚げ.JPG 蒸したじゃがいもは、梅肉ベースのドレッシングで和えます。 いもふかし.JPG 梅肉は、梅干をたたいてつくりました 梅干たたき.JPG 出来上がりました 試食公開中華.JPG しっかりめの味付けのもありましたが、 こってりしていないので、とっても食べやすかったです 蓮田先生、どうも有難うございました ご参加いただいた皆さんも、有難うございました
  • 2012年10月02日 16時55分更新
  • ブログカテゴリー:

9/28,30春期師範科第6回

  台風も無事過ぎ去り、 穏やかな天気が戻ってきました! 本日は1日体験教室がおこなわれ、 みなさん和気あいあいと初級の基本のメニューに チャレンジされていました。 (いきなりカメラが入ると失礼かなあ、と思いその様子は 撮影しておりません・・・) さて、今日の話題は、昨日、金曜日と開催された 春期師範科の授業第6回目です。 担当は野口清美先生でした。 930料理講義.JPG

デモンストレーション前のお話で、

ホワイトボードに正食料理、マクロビオティック料理、

食養料理、食箋料理と書いて

「皆さん、これらの違いについてご存知ですか」

という問いかけがあり、

受講生の皆さんが、自分の意見を述べたあと、

それぞれの言葉の整理をされました。

930料理講義1.JPG お料理のレシピは、師範科になると 担当の先生方のオリジナルレシピがほとんどになります。 (レシピのプリントも、当日お渡し、となります) 今回のメニューは、 ごぼうとねぎのペンネ、もちもちれんこんボールの秋色スープ、 味わいきのこのイタリアンソテー、きびとひじきのカラフルサラダ、 木の実いっぱいのクッキー、の5品です。 930師範材料.JPG さすが師範科、みなさん手際よく さくさく調理が進んでいきます。 930れんこんぼうる.JPG サラダも華やかに盛り付けられています。 930からふるさらだ.JPG きのこは、まさしく秋の味覚ですよね♪ 930きのこそてー.JPG クッキーは、ドロップタイプのやわらかめの生地で、 しっとりめに焼き上げます。 930くっきー.JPG 930焼くっき.JPG 試食が完成しました 930試食.JPG

30日は、台風17号が近畿に接近している中での講義でした。

最初に、五行の解説があり、自然のサイクルと体について、

「季節の変わり目には気をつける。体調が崩れたら、

その前の季節の食事や暮らしの内容を見つめることが大切」

とアドバイスがありました。

 

免疫力を高める食事法のテーマで、

ますます健康に生きるための食事法や食べ物、

生活の仕方についての講義が行われました。

930講義.JPG 皆さん無事におうちに帰れたようで、なによりでした。 さて、今週から秋期のレギュラークラスがスタートします まだ、定員に余裕のあるクラスもありますので、 受講をご検討中の方は、ぜひ事務局までお問い合わせください ↓お問い合わせ先 main@macrobiotic.gr.jp https://www.macrobiotic.gr.jp/school/form/ (申し込みフォームに、受付状況が反映されております)
  • 2012年10月01日 15時20分更新
  • ブログカテゴリー: