ブログ「マクロなポケット」Blog

秋期初級火曜クラス第2回♪

  今日は晴れましたね! でも朝の冷え込みもかなりのものでした 脱ぎ着のできる服装や、うがいなどで 風邪を寄せつけないよう気をつけましょうね。 さて、本日は昨日おこなわれた初級火曜クラス第2回の 模様をお伝えします。 担当は、今村圭子先生。 「むすび」11月号の滋味SUN菜「のり」のお料理も 担当していただいています 秋初A2今村先生.JPG 第2回のメニューは、小豆ご飯、そばがき清まし汁、 切り干し大根と高野豆腐の煮付け、青菜のごま和え、玄米串団子の5品です。 秋初A2食材.JPG デモの最中に一度中断して全員でご飯の仕込をし、 先に火にかけながら実習を始めます。 第1回に比べて作業量が多いので、段取りよく皆で手分けして 進めていきます。 秋初A実習1.JPG 切り干し大根と高野豆腐の煮付けは、1日体験教室でも登場します。 土曜日におこなわれたオーガニックライブ2012でも、 とても好評でした!(その様子もブログにアップしていますので、 ご覧下さいね~) 塩と醤油だけで仕上げるためには、いくつかのコツがあります。 そのポイントは教えていただけたかと思いますが、 「ここはどうするんだっけ?」 と思われたら、次の授業で先生に確認して下さいね 秋初A2切干鍋.JPG そばがき、玄米串団子と手作業のものも協力して 丸めていきます 秋初A実習2.JPG そばがきは、火にかけながらこねるのですが、 こねるうちに生地が重くなってくるので男性がいらっしゃると 力強く混ぜていただけるので助かりますよね 秋初A2そばがき.JPG 料理が完成しました。 秋初A2試食.JPG 授業後、今村先生からコメントをいただきました。 「皆さん、雨の中のご参加有難うございます。 ご飯もおいしく炊け、切り干しの炒め方は学んだことに注意 しながら炒めておられました。 そばがきは各班個性もあり、「木の葉」や「栗」の形にされて いましたね。 玄米串団子は焼くことで香ばしさが出て、風味が引き立ち おいしく仕上がりました。 青菜の炒め蒸し煮と、ごま炒りはぜひ復習して、 しっかりマスターしてくださいね」 皆さんすっかり打ち解けられ、とてもにぎやかなクラスでした 次回は11月6日、ちょっと洋風なメニューも登場です。 元気に皆さんお越しいただけるのをお待ちしております
  • 2012年10月24日 10時03分更新
  • ブログカテゴリー:

秋期中級日曜クラス第1・2回

雨が止んで、夕方は晴れてきました 週末はイベントが目白押しになっていたため、 料理教室の模様のお伝えが遅れ気味になって しまっておりました 10月21日は、中級の日曜クラスの第1回、第2回の 授業がおこなわれました。 担当は、午前午後とも今村圭子先生です。 今村先生秋中1.JPG 第1回のメニューは、 かぼちゃ粥、信太巾着、わかめと切り干し大根の二杯酢、 ねぎ味噌餅の4品です。 秋中N1食材.JPG 中級になると、初級の頃と違い、 ちょっと工夫するとおもてなしにも使えそうなレシピ、 一品料理風のレシピも登場してきます。 ただ、忘れてはいけないのが、上級、師範科でも 復習するような大事な食養料理も登場するということと、 華やかな料理であっても、初級で学んだ基本の料理法を 踏まえてお料理する、ということです。 かぼちゃ粥では、初級に小豆粥を習ったので、 圧力鍋のふたのチェック、水加減などが復習できます。 信太巾着では蒸し煮が出てきます。 わかめと切り干し大根~では、切り干し大根の戻し方があります。 ねぎ味噌餅は軽食ですが、 なめらかになるよう生地をこねる作業は、初級から それこそ師範科まで、いろんな場面で登場しますよね。 ひとつひとつの作業は何気ないですが、 今まで習ったことが、これからのメニューにも どんどん出てきます その集大成が、今つくるお料理に反映されるのですね 秋中N1試食.JPG 第2回のメニューは、 ごぼうと揚げ入りご飯、野菜スープ、がんもどきと青菜、 ひじき五目煮、豆腐ケーキの5品です。 引き続き、ごぼうと揚げ入りご飯はごぼうの蒸し煮が 復習で、と、おさらいポイントを並べても良いのですが、 そこは、皆さん先生のお話をしっかり聞かれていると 思いますので 「あれ? ここ・・・メモが抜けてる??」 というところが見つかったら、次の授業で ぜひ先生に質問して下さいね お昼には、皆さんの自己紹介がありました。 「幼稚園に勤務しており、玄米食の給食実施のため、 受講しています」 「春に中級を受講していましたが、もう少し 中級でじっくり学びたいと思いました」 「おかずのレパートリーが少ないので、 増やしたいと思います」 「看護学を学んでいますが、マクロにも興味が あるので、師範科まで行きたいです」 皆さんそれぞれに目標を持たれており、 色んな世代の方があつまっているので、 これからお互いに様々な交流ができそうな クラスです 豆腐ケーキN.JPG 豆腐ケーキは、クスクスがケーキの台になっているという 面白いケーキ。豆腐を練りごまや豆乳を合わせ、葛で練り上げて フィリングにします。 これは、葛の扱いの復習でもありますよね 秋中N2試食.JPG  授業の後に、今村先生からコメントをいただきました。 「日曜日、中級のダブル、大変お疲れ様でした。 午前午後と、エネルギッシュにお料理をつくって下さいました。 今回は初級復習の意味で、ごぼうの蒸し煮がたくさん入りましたが、 皆さん、ちゃんとマスターされていて、おいしく出来上がりました。 盛り付けも、美しくしていただきました。 ねぎ味噌餅は、手軽につくれます。ぜひ、ご自宅でもつくってみて くださいね」 次回は11月18日、秋もぐっと深まっている頃かと思います。 木枯らしに負けずのご参加、お待ちしております~!
  • 2012年10月23日 17時37分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロビオティック基礎講座第2回♪

1021日、鍼灸師でもある西下圭一先生の マクロビオティック基礎講座がありました。 3ステージ応用編2回目のテーマは 「東洋思想とマクロビオティック」。
DSC_0038.JPG  東洋思想とマクロビオティックの本質は 同じことを伝えています。 どちらも「人間を磨いていく道」を説いていて、 とりわけマクロビオティックは「食」という 日常生活の中で、よき生活習慣を身につけて いくことを通して高めていくので、より実践的です、 と西下先生は桜沢如一氏や荘子の言葉もまじえて、 和やかな雰囲気で講義は進みました。 マクロビオティックとは何か? 分かっているつもりに なっていないか? とあらためて考える機会となり、 当たり前と思っていることの中にある大切なことに 気づかせていただきました。

受講生からも 「宝石を散りばめられたようなお話でした」 との感想があり、参加された方たちはそれぞれに キラリと光るものを持ち帰っていただけたのでは ないでしょうか。

岡田定三会長が、生前よく話されていたことを 思い出します。

「食事法・健康法としてのマクロビオティックが 広がっているのはいいが、欲を言えば、根底にある 東洋的な考え方を伝えることのできる日本人が 出てきてほしい」 今回初めて参加したので、 理解できるか不安もありましたが、 西下先生の丁寧でわかりやすい話に 引き込まれました。 1回だけの単発受講もできますので、 お気軽にご参加ください。 (A)
  • 2012年10月23日 17時30分更新
  • ブログカテゴリー:

スペシャルコース「天然酵母パン」最終回☆

  本日はまだちょっと雨模様。今は止んでいますが、 空気がとてもひんやりしています。 さて、今回は先週土曜日におこなわれた、 スペシャルコース「天然酵母パン」コース 最終回の模様をお伝えします 第1回はベーグル、第2回はシナモンロールと きましたが、第3回はなんと中華まんと花巻です 中華まんの中身のあんは、先生が前日に仕込んで くださいました。 中華まんのあん.JPG 中華まんと花巻は、「蒸しパン」の部類にあたります。 今回もみっちり手順を教えていただきます。 パン3鹿島先生.JPG こね方もしっかり指導していただきます。 中華まんこね.JPG 中華まんは、あんの包み方が独特。 ひとつひとつ丁寧にひだをつくって、 生地を寄せていきます。 中華まん包み2.JPG ちょっと麺点師の気分で、注意深く丁寧にあんを包みます。 中華まん包み1.JPG 手前が花巻、奥が中華まんです。 せいろの中.JPG デモの分は、先生持参のせいろで蒸しました。 せいろ加熱.JPG 完成です! 中華まん完成1.JPG 中華まんにあうお茶ということで、 中国茶の「白牡丹茶」を用意していただきました。 中華まん完成2.JPG 色は緑茶より薄い感じ。 上品な味わいのお茶でした 白牡丹茶.JPG 受講されている生徒さんの中には、前の回の 復習をして、つくったパンを持ってこられている方もいらっしゃり、 最終回も和やかな時間となりました 最終回ということで、皆さんで集合写真を撮らせていただきました パン集合.JPG 鹿島先生よりコメントをいただきました。 「生地をこねるときは、やさしく。ゆっくり休ませて。 おいしい蒸しパンをつくってくださいね」 皆さん、ご参加有難うございました! 皆さんの感想もいただいていますので、 そちらは「むすび」12月号にご紹介させていただく予定です。 ぜひご覧になって下さいね
  • 2012年10月23日 14時30分更新
  • ブログカテゴリー:

オーガニックライブ2012に参加しました☆

 

1020日(土)、(株)ビオ・マーケット主催の organic Live2012が、水都大阪フェス 「水辺のまちあそび」プログラムの一環として 中之島公園・なにわ橋駅前広場にて開催されました。

正食協会では定期的に、ビオ・マーケットさんの アンテナショップ、ビオ・マルシェ甲東園で マクロビオティックの出張料理教室をさせて 頂いております。

そんなご縁もあり、今回ビオマーケットさんより お声掛けを頂き、正食協会もスペースをお借りして 協会の活動や料理教室のPRをさせていただきました。 水都看板.JPG 公会堂.JPG

会場のすぐ目の前には大阪の歴史的近代建築、中央公会堂が。 素晴らしい秋晴れの下、 会場一帯は清々しい空気に包まれていました。 午前10時の開始からビオマルシェの宅配会員さんを始め、 一般のお客様もたくさんお越し頂き、朝から夕暮れ時まで大盛況。 「オーガニックを知る・買う・食べる・体験する」 というテーマのもと生産者と消費者が交流する場となりました。 にぎわい1.JPG にぎわい2.JPG ビオ・マルシェのブースです。 ビオブース3.JPG 色とりどりの有機野菜がずらりと並び、外国の市場のよう! ディスプレイがとっても素敵です。 ビオブース1.JPG ビオブース2.JPG 会場ではビオ・マルシェで取り扱いされている 野菜の生産者や農家のブース、商品の製造者の 試食試飲ブースなどがずらりと並びました。 参加ブース1.JPG 参加ブース2.JPG 参加ブース3.JPG 有機栽培のとうもろこしと有機菜種油で作った ポップコーン売り場は、イベント終了まで長蛇の列でした。 ポップコーン売り場.JPG 子供たちが並んでおもちつき体験をしています。 もちつき体験.JPG

さて正食協会のブースです。 正食ブース1.JPG 正食ブース2.JPG 協会からはお料理教室のPRということで、 初級コースで学べる「切干大根と高野の煮付け」の 試食を200食を用意して当日持参しましたが、 イベント開始後2時間足らずで終了(汗)! 予想外の展開でした。

正食ブース3.JPG お昼すぎに試食をお目当てにお越しいただいた方も 多くいらっしゃいましたが、ご提供できず申し訳 ありませんでした。 正食クッキングスクールの生徒さんも たくさんお越し頂きましたよ! 試食切干1.JPG

お子さん達にも「切干大根美味しい!」と 喜んで食べて頂きました。 試食切干2.JPG 試食切干3.JPG 試食いただいた方に、 「味付けはお塩とお醤油だけで、 甘みはお砂糖やみりんを一切使わずにお作りしてますよ」 と説明すると、多くの方が「ええっ!」と、 切干大根の自然の甘みにびっくりされていました。 「レシピを教えてください」、「レシピは配っていませんか?」 とのお声もたくさん頂きました。

別会場での講演会の出演で来阪されていた、 JONAの高橋理事長(左)も 正食協会のブースを訪れてくださいました! JONA高橋氏来.JPG

正食協会のブースを手伝ってくださった ビオ・マルシェのスタッフ山口さん(右)。 ブース黒板.JPG カワイイ看板も描いて頂きました! お忙しい中お手伝い頂きホント助かりました、 有り難うございます!

今回むすび誌のバックナンバーも無料配布しましたが、 こちらもお昼すぎに品切れ状態となり、 協会のスタッフに会場まで在庫補充のため 往復してもらうことに。 むすび配布1.JPG ビオ・マルシェの会員様からも 「ずっと読んでみたかったのです」とおっしゃって頂いたり、 「お友達にも配ります!」と何冊も抱えて持ち帰る方も いらっしゃったり、嬉しい限りでした(涙)! むすび配布2.JPG むすび配布3.JPG

夕方にかけては、ほぼ料理教室のPRをしていましたが、 「マクロビオティックを独学でやっていますが、 一度きちんと習ってみたい」とブースに相談に来られる方や、 「一日体験を受講されたい!」とおっしゃる方、 マクロビオティックに関する質問・疑問など 様々なお声を頂きました。 また 「正食協会のお料理教室を聞いたことがあるが 場所が分からなかった」、 「マクロビオティックってハードルが高そう」 などのご意見も頂き、直接お客様の生の声(まさにLIVE!) が聴けて対話できる機会はとても貴重でした。 スタッフ一同大変参考になります。

本日会場にお越しいただいた方、お会いした方、 また是非気軽に正食協会に足を運んでくださいね!

今回、正食協会の活動やマクロビオティックについて 存分にお知らせさせて頂く機会を提供くださった (株)ビオ・マーケットの石田さま、スタッフの皆様、 本当に有り難うございました! (J)