ブログ「マクロなポケット」Blog

11/14研究会☆

  昨日はまた寒かったですね~ なんでも、12月中旬の気温だったとか! 今日は11月に戻ってくれたようで、 ちょっとほっとしています さて、本日は水曜日におこなわれた講師・指導員の先生方の 研究会の模様をお伝えします。 先月の研究会はタイ出張でお留守だった校長先生。 改めて、先生方にタイの教室で気づかれたことなどを お話しされました。 1114校長先生.JPG 大阪本校だけでなく、各地のネットワーク教室で 活動していらっしゃる先生方も参加される研究会。 内容は盛り沢山です! 1114教室内.JPG まず、“正食の伝統料理”。 先生方の大先輩たちが作られていたお料理を、校長先生が 紹介されます。 1114そば米サラダ.JPG 今回は、「そば米サラダ」と、「ひじきごぼう」でした。 1114ひじきごぼう.JPG そして、雑誌「むすび」にもレシピを紹介させていただいている、 “郷土料理”。 山口県の成田先生と、広島県の藤原先生が担当されました。 山口と広島は隣り合っているせいか、似たようなお料理が あったりするとのこと。 まず、宇部でネットワーク教室をされている成田はるみ先生が、 山口県の郷土料理を紹介します。 1114成田先生.JPG ひとつは、「いとこ煮」。 山口県では、冠婚葬祭に欠かせない料理だそうです。 「いとこ」とは、「従兄弟」。山口の場合は、 いろいろな材料を「追々に」(=おいおい→甥甥)入れていくことからその名が ついたとも、長州藩主毛利公の遺徳をしのんでつけられてという説も あるそうです。 白玉団子、しいたけ(出汁をとったあとの干し椎茸)、かまぼこが 小豆といっしょに入ります。 1114いとこ煮鍋.JPG かまぼこはおめでたいときには、うす桃の色がついたものを使います。 白玉は、紅白。今回は人参の絞り汁で色をつけています。 県内でも、日本海側ではおつゆが残るように、瀬戸内海側では、 おつゆを残さず仕上げるのだそうです。 もうひとつは、「けんちょう」。 「建長寺」の「けんちょう」が由来だと言われており、 大根や人参と、お豆腐を炊いた煮物です。 1114けんちょう鍋.JPG 各家庭に伝えられるレシピがあるそうなのですが、 共通するのは、大鍋で大量に炊いて、何日かかけていただくということ。 盛りつけは、おめでたいご馳走風にしていただきました。 1114いとこけんちょう.JPG 右のお雛様は、「大内人形」。こちらも山口ならではのものです。 (毛利氏の前は大内氏の所領でした) 続いて、尾道でネットワーク教室をされている藤原祐子先生が、 お隣福山市の郷土料理「うずみご飯」を紹介されました。 1114藤原先生.JPG 昔から海の幸・山の幸に恵まれていた福山ですが、 初代藩主の水野勝成が倹約令を敷いたため、 ぜいたく品とされた鶏肉や海老などのおかずを、 ご飯で隠したのが始まりとされているそうです。 今では、B級グルメやご当地グルメブームに乗って 福山市内のお店で何件も食べられるところがあり、その地図も 作成されているとのこと。 しかも、お店では隠すと地味になってしまうので、 おかずが上に出ているそうです…。 そして、島根県津和野のほうにも、「うずめめし」というものがあるそうです。 どうやら、各地で「倹約」対策があったのでしょうか?? 今回は、冬の里の幸、根菜類などを炊いて、海老とぎんなんを あわせています。 1114うずめ鍋.JPG おかずとおつゆの上に、ごはんをかぶせます。 1114うずめ盛り付け.JPG こちらが、完成! 1114うずめ外.JPG ↓中の具材は、こんな感じです。 1114うずめ中身.JPG お店の「うずみごはん」は、鯛が入ったりと、かなり豪華になっているそうです。 紹介されている冊子には、スイーツバージョンもありました さてさて。さまざまなお料理ということで、 島田先生が紹介されたのは、“打ち豆”を使った料理。 1114島田先生.JPG こちらが打ち豆。左が青大豆、右が黄大豆です。 豆を蒸して少し乾燥させた後、木槌で潰してつくるそうです。 大阪周辺では全然見かけないのですが、福井県のほうでは 普通にスーパーに置かれているそうです! 1114打ち豆.JPG テキストのレシピ確認を担当されたのは、野口先生。 新メニューの玄米ドリアなどをデモされました。 一斉に、お料理を仕上げていきます。 1114仕上げ1.JPG 1114仕上げ11.JPG 打ち豆づくりにもチャレンジです。 1114仕上げ3.JPG 1114先生方2.JPG 1114先生方.JPG ドリアも焼いていきます。 1114仕上げ2.JPG うずみごはんも、参加された先生方の人数分、ごはんでふたをしていきます。 1114うずめ盛り1.JPG 午後は、3階の講義室に上がっての講義でした。 『正食生活術』をテキストに、講義を担当されたのは藤井先生。 その後、校長先生の講義もあり、とても充実された1日でした。 1114午後校長.JPG 次回の研究会は12月12日。 年末でお忙しい時期ですが、次回も どうぞよろしくお願い致します!
  • 2012年11月16日 10時29分更新
  • ブログカテゴリー:

11/13中級火曜クラス第3回

  昨日の雷雨はすごかったですね! 7時ごろにはおさまっていたのですが、 ちょうどお仕事の帰り道、雨に遭われた方も 多かったのではないでしょうか 今日は晴れていますが、 その分、気温が下がっています…。 寒さ対策、充分に注意しましょうね。 さて、本日は昨日おこなわれた中級火曜クラスの 模様をお伝えします。 第3回の担当は、藤井美千代先生です。 1113中火3藤井先生.JPG メニューは、スパゲッティ茸ソース、 ひえコロッケ梅ソース、人参のドレッシングサラダ、 ナッツケーキの4品。 1113中火3食材.JPG 作業が多いので、実習に入ると一斉に 手分けして野菜や具材を切っていきます。 1113中火3実習1.JPG 校長先生も、授業の様子を見に来られていました 1113中火実習2.JPG ひえコロッケは、雑穀のひえをコロッケのタネにしたもの。 穀類は主食で摂るものと思いがちですが、 こうやっておかずに加えると、穀物の割合を無理せず増やすことができます。 1113中火3コロッケ1.JPG ひえを炊いて、みじん切りにして炒めた野菜と混ぜて下味をつけ、 コロッケのタネをつくります。 1113中火コロッケ2.JPG そして衣をつけ、油で揚げていきます。 1113中火3コロッケ3.JPG 今回ひとり2個目安なのですが、一度に全部入れると 油の温度が下がってしまうので、お鍋は半分ぐらい余裕をもたせましょう 1113中火3コロッケ4.JPG いい色に揚がってきました 中はすでに火が通っていて、さらに余熱で揚がるので、 色よく揚げることに気をつけたいですね ナッツケーキは、以前ご紹介したかと思いますが、 以前の名前は「フルーツケーキ」。 ナッツの割合が多いのと、最近は「フルーツ」といえば 生フルーツのイメージが大きいので、このたび改名いたしました。 1113中火3ケーキ1.JPG ナッツや湯戻ししたレーズンを刻み、小麦粉とさっくり混ぜていきます。 型に入れ、焼いていきます。 1113中火3ケーキ2.JPG 途中、焼き色や、竹串で中の焼き具合のチェックは欠かさずに! 焼き上がりです 1113中火コロッケ.JPG 食感は、厚焼きクッキーのような、スコーンのような感じ。 中がちょっとしっとりめです。 お料理が仕上がりました 1113中火3試食1.JPG スパゲッティはまた次の機会に解説しますね ソースをかけた、熱々のうちにいただくのがベストです! 1113中火3試食2.JPG コロッケ、サラダ、ケーキも完成です 授業後、藤井先生よりコメントをいただきました。 「正食でスパゲッティは珍しいですが、たまにはいいですネ。 寒くなってきましたので、味つけは少し濃い目につけると 温まります、と校長先生からのアドバイスをいただきました。 参考にしてくださいね」 次回は11月27日。 11月も後半です! 晩秋、紅葉も終盤の頃でしょうか… 季節の移り変わりも早いですが、皆さん、 おさらいもしつつ、次回に備えてくださいね
  • 2012年11月14日 11時23分更新
  • ブログカテゴリー:

11/12初級月曜クラス第5・6回

  今回は、昨日おこなわれた初級月曜クラス第5・6回の模様を お届けします。 と、すみません…! まったく一身上の都合で午前中の授業に 入れませんでした… 第5回の担当は、鹿島三嘉先生。 1112鹿島先生.JPG (授業後、別件で打合せさせていただいていたので、 1枚撮らせていただきました) メニューは、小豆粥、水無し炊き、野菜天ぷら、 ひじき白和え、そば餅の5品です。 水無し炊きは、春のテキストにも食材が少し 変わっていますが、登場するメニュー。 ほぼ「蒸し煮」でつくり、塩・醤油で味を調える。 とってもシンプルですが、奥の深いレシピです。 季節ごとに食材を変えてみたり、夏にはそのまま ラタトゥイユに応用できたりと、とても重宝しますよ お昼には、校長先生が3階講義室で 講義をされました。 午後、第6回の担当は、島田弘子先生。 1112初月6島田先生.JPG メニューは、あわ入りご飯、玄米スープ、 キャベツサラダ豆腐ドレッシング、いきなり団子の4品です。 1112初月6材料.JPG 豆腐ドレッシングはミキサーでしっかり混ぜ、 滑らかなマヨネーズ状にします。 1112初月6実習1.JPG いきなり団子は、生地で芋とあんを包んだら、蒸し器で蒸しあげていきます。 1112初月6いきなり1.JPG 目安の時間はありますが、蒸し器の特徴やお団子の大きさに よって差があるので、竹串で中の火の通り具合をチェックするように しましょう 1112初月6いきなり2.JPG …蒸しすぎると、蒸気で中のあんがだれるかも、ですので…。 玄米スープは、炒り玄米をお鍋に入れたら、玄米がやわらかくなるまで ことこと煮ていきます。 1112初月6鍋.JPG ちょっと時間がかかるので、じっくり気長に火にかけます。 あわご飯も炊きあがり、全員分器に盛りつけていきます。 1112初月6実習2.JPG 料理が完成しました 1112初月6試食.JPG スープもドレッシングもお好みで胡椒をふります。 ふったほうが味にインパクトが出やすいのですが、苦手な方、 体がすごく冷える!という方は、かけなくても大丈夫ですよ 授業後、先生よりコメントをいただきました。 「5回は冬の体を整えてくれる、黒いものやごぼうなど、たっぷり入った メニューでした。おうちの献立の中に、1回、2回、入れてみてくださいね」 (鹿島先生) 次回は12月10日、かんたんコロッケの「かぼちゃコロッケ」や、 おせちにも使える「煮なます」が登場します。 体調を調える「小豆昆布」もありますので、 皆さん寒さに負けず、お越しくださいね
  • 2012年11月13日 17時21分更新
  • ブログカテゴリー:

11/11山村流食養診断力アップ法

  今先ほどから、雨と雷です 天気予報がばっちり当たっています。 さて、本日はまず日曜日におこなわれた 山村先生の講座の様子をお伝えします。

雨がしとしと日曜日。 実際の気温より、ずっと寒く感じられる天候でした。 ユーミンの「12月の雨」という歌が聞こえてきそうです。

山村慎一郎先生の健康セミナー、 山村流食養診断力アップ法の第3回、 「幸を手に入れる陰陽五行の基礎2」がおこなわれました。 講義前に、受講者にアンケートが配られました。 今までの人生で経験した困難、乗り越えたかどうか、 その経験でわかったことは?  というような内容で、提出後、お話は始まりました。

山村先生1111.JPG

通常、私たちの生活は不平不満だらけで、 うまくいかない理由を外に見つけることが習慣になっていますが、 思いもかけぬ事故や病を体験することで、 生きていることの有り難さや、周囲の人たちのお世話に なっていることに気づくことがあります。

いい面と悪い面は必ず同居しています。 表裏をしっかり見つめることが大切です。 悪いことは、いいことに気づくキッカケととらえれば 物事は違って見えてきます。

人は孤独だということを一回見つめる必要があります。 孤独を知ってはじめて人の温かさが分かります。

40年前に盛岡で自然食品店を始められた山村先生は、 その当時まさしく奇人変人でした。 その後の苦難、困難、孤独を乗り切ってこられた 体験からのお話は、ピンポイントで心に響きます。

ニューヨークでユニークな座禅体験から得た境地、 先生が学んでいる仏教から引用される例も、 東洋思想がベースのマクロビオティックの考え方と 自然に馴染み、納得できました。

厳しい時代、生きている限り続く困難に立ち向かう ヒントがたくさんあったと思います。

(Terry)

  • 2012年11月13日 16時25分更新
  • ブログカテゴリー:

11/11上級日曜クラス第3・4回

今回は昨日おこなわれた上級日曜クラス第3・4回の 模様をお伝えします。 第3回の担当は、藤井美千代先生。
秋上N3藤井先生.JPG メニューは吹き寄せ寿司、宝海苔蒸し、 青菜と蓮根の梅味噌和え、おたべ、鉄火味噌の5品です。 秋上N3食材.JPG この回は和食のおもてなしの盛り付けができるメニューとなっていますが、 実は主役は、「鉄火味噌」。 具材をこまかーく切ることや、加熱の仕方を、 しっかりと先生に教えていただきます。 秋上N3鉄火味噌.JPG 宝海苔蒸しは、具材を海苔に巻いて蒸しあげる料理。 蓮根ボールやゆり根などを海苔で包み込みます。 秋上N3海苔中身.JPG 上に、紅葉型に抜いた人参を飾ります。 秋上N3海苔蒸し1.JPG お出汁をはって、蒸しあげます。海苔からも出汁が出て、 ほっとするお味に仕上がります。 秋上N3海苔蒸し2.JPG お料理が完成しました 秋上N3試食.JPG 寿司飯の上に散らされたぎんなんや松葉ごぼう、 紅葉といちょうで秋らしさを表現します。 お昼には、3階の講義室に移動して、 校長先生の講義がありました。 秋上N3校長.JPG 第4回の担当は、龍頭佳世先生。 秋上N4龍頭先生.JPG メニューは、三色そぼろご飯、金時豆のスープ、 味噌グラタン、蒸しパンの4品。 秋上N4食材.JPG 雨雲で、窓の外はすっかり暗くなっていますが、 皆さん午後の授業も頑張って作業されます! 秋上N4実習.JPG 三色そぼろご飯のそぼろは、高野豆腐とひえ、グルテンとしいたけ、 人参で3つの色を出します。 高野豆腐は白、ですね。 秋上N4そぼろ2.JPG グルテンとしいたけは茶。どちらもしっかり味をつけていきます。 秋上N4そぼろ1.JPG 蒸しパンもそれぞれの班が思い思いの型で蒸して、お料理が 完成しました 秋上N4試食A.JPG 味噌グラタンは、確かに味付けに味噌を使ういますが、 玉ねぎやローリエがいい仕事をして、洋風の仕上がりに。 金時豆のスープは、ひよこ豆や夏場は枝豆など、お好みの豆で アレンジできますね 授業後、先生方からコメントをいただきました。 藤井先生から、 「今日の鉄火味噌の実習はいかがでしたか。 皆さん熱心でしたね。いいものができてよかったです。 他のメニューも彩りよくできあがり、日本の秋を 感じました。また、おうちでも作ってみてくださいね」 龍頭先生から、 「人参の蒸し煮は、油なしで水もほぼ加えないやり方で やっていただきました。 皆さんにその味、香りの変化を随時チェックしていただき、 驚かれていましたね! 初級の時から慣れ親しんだ蒸し煮ですが、再度気を配り、 手を必要最小限加える…その意味がわかっていただけたかと 思います。 頑張って、後半もおいしいものを作ってくださいね」 次回は12月9日、午前の授業では玄米クリームが登場です。 皆さん、まず玄米を炒るところから始まりますので、 お早めに来れる方は、ご協力よろしくお願い致しますね~

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2012年11月12日 17時04分更新
  • ブログカテゴリー: