ブログ「マクロなポケット」Blog

土と平和の祭典レポート★後編

  2月まであと3日、本当にあっという間です。 さて、今回は「土と平和の祭典」の後編をお送りします。 前編は11月、イベントがおこなわれたあとすぐに お届けしました。 後編もすぐに…!と思っていたのですが、 トークセッションでゲストの皆さんが語られたさまざまなお話を 追っかけているうちに、気がつけば年を越してしまっておりました… イベント当日はライブが中心のメイン舞台、 トークセッションが中心のコンパクトな舞台のふたつで それぞれライブやトークセッションがおこなわれていました。 (どんなイベントだったのかな? という方はこちらをご覧ください↓ http://macropocket.jugem.jp/?day=20121122) その中から、協会が発行している「むすび」にもご登場いただいている方を 中心に、3本のトークセッションを聞いてきました。 「今、都会でできる農と食のアクション」 司会:渡邊尚(NPOトージバ) ゲスト:吉度日央里(オーガニック編集者)/三原寛子(南風食堂) ソーヤ海(東京アーバンカルチャー)/冨山晋(東京朝市アースデイマーケット) セシリア・マッコーリー(パーマカルチャー講師) このセッションのテーマは、「都市部にいる私たちは何ができるか」。 東京という大都市にいるから、物理的に「農」や「土」と切り離されている、 わけではなく、 都市部にいても農家さんと交流もできるし、 毎日の食事に意識を向け、選択することもできる。 また、プランターなどで自分で野菜を育てて土に触れる機会も作れるし、 そういうことに関心を持っている人たちで集まって、交流したり 地方からだけでは中央に届きにくい声を上げ 情報発信することもできる。 そして大事なのは、スムーズに交流するためには、 参画する人々たちがちゃんとコミュニケーションすること。 そんなお話が、ゲストの皆さんが今されている活動と ともにそれぞれ紹介されました。 トーク渡邊さん司会.JPG 「社会を変えよう! 市民が参加する緑のネットワーク」 司会:髙坂勝(「ダウンシフターズ」著者/ オーガニックBar「たまにはTSUKIでも眺めましょ」店主) ゲスト:田中優(未来バンク事業組合)/Yae(歌手/種まき大作戦実行委員長) すぐろ奈緒(杉並区議会議員)/南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン/グリーンアクティブ) 草島進一(山形県議会議員) このセッションのテーマは、「もっとクリーンでエコな社会にしていくためには、 どんなことができるのか」。 震災復興や脱原発、経済立て直しとさまざまな課題が山積みの日本、 でも見逃してはいけないのは、その基盤となっている「地方」や「地域」。 多数決だけでは、少数派意見は無視されがちですが、その無視される 意見が実は、実際にその地域で日々の生活を送っている人々の声 だったりすることがあります。 大切なのは、いかにその“住んでいる地域”でみんなが元気に 生活できるようにするのか。 目先のことだけでなく、もっと先を見据えた判断ができるか。 得意なことで自分をもっと活かしていくこと、 また欠点や不得意なことを責めるのでなく、 それらを逆に、お互いを補い合う強みにすること。 マスメディアに一方的に流されるのではなく、 SNSなど新しいツールも存分に活用すること、そして、 バーチャルだけでなく、実際に人が集まるときの「パワー」が 重なって、社会を動かすのだと意識してほしいということ。 ひとりひとりの力は限りがあるかもしれないけれど、 ちゃんとつながれば、社会は変えていくことができる。 そんなお話が交わされました。 トークこうさかさん司会.JPG 「さぁ田舎で暮らそう! 移住者のステキな農園生活」 司会:塩見直紀(半農半X研究所) ゲスト:林良樹(NPOうず)/渡邊尚(NPOトージバ) 桐山三智子(片島生活塾) このセッションのテーマは、「田舎に行ったいきさつと、半農半XのXって?」。 司会の塩見さんが提唱している半農半Xは、いまや中国や台湾の 若者にも注目されています。 「農的な生活に飛び込んでみたい!」と思うものの、 「生計を立てるにはXがないと…」と躊躇されている方も 多いかもしれません。 ゲストの方々が語られた田舎に行かれたきっかけもさまざまですが、 Xを見つけてから田舎に行かれた、というよりも、 とにかく田舎に行って、そこで暮らす中でX,Y,Zと 増えていった、ということのほうが実は多いようです。 もちろん、元々やっていた仕事を生かして、という場合も ありますが、村と都市をつなぐコミュニティ作りや里山再生、 お年寄りから生活の知恵を引き継ぐ…など、 プラスαの「X」はたくさん。 それだけ、田舎には次世代に遺していきたい宝物が多い、 ということ。 そして、ひとつの職にこだわらず、いろんなことをして生計を 立てていても、しっかりその暮らしを楽しんで、 その「暮らしの楽しみ方」を子どもたちに見せることが大事 だということ。 といった、とても感慨深いお話でした。 トーク塩見さん司会.JPG 多くのメッセージがあり、誌面の都合で「むすび」にも 載せ切れなかったりブログでも書きこぼしていることが 多いのですが、ご興味をもたれた方は、 このセッションに登場された方々の本の一部を ご紹介しますので、ご参考にしてみてください。 トーク 本.JPG 「自分を生きる働き方」 渡邊尚さん、髙坂勝さんが登場されています。 部屋で野菜 本.jpg 「かんたん! 部屋で野菜をつくる」 吉度日央里さんの本。実際に部屋でどう育てると いいのか、実践されたものを収録。 半農半X本.jpg 「半農半Xという生き方・実践偏」 塩見さんの本。 スマイル.jpg 「スマイル・レボリューション」 林良樹さんと加藤登紀子さんの共著。 このセッションで語られた、司会・ゲストの方々の声を メッセージ形式で「むすび」3月号に掲載させていただきました。 2月中旬発行ですので、ぜひご覧ください また、「土と平和の祭典」前日におこなわれた 「藤本敏夫 没後10年を語る」の中沢新一氏による 記念講演も、ダイジェストですが掲載させていただきました! そちらも合わせてお楽しみください。 大阪アース.jpg ↑中沢新一氏の近著。「大阪アースダイバー」 正食協会のある場所は、ちょうど上町台地なのです

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年01月29日 17時34分更新
  • ブログカテゴリー:

1/24公開「手作り味噌」教室

  今回は、24日におこなわれた公開料理教室 「手作り味噌」教室の様子をお伝えします。 担当されたのは、幼い頃からおばあちゃんの手仕事の お手伝いをしてきた、今村圭子先生。 124味噌でも.JPG 今回仕込んだのは、丸麦麹。 米麹を使うと米味噌、麦麹を使うと麦味噌になります。 124味噌こうじ.JPG 大豆は前日から浸水して、午前中に圧力鍋でやわらかく 炊いたものを使います。 先生の手業で満遍なく混ぜられた大豆と麹。 丸く丸めて、容器に入れていきます。 124味噌でも2.JPG 容器に入れていく手際が、年季が入ってさすがだな~! という感じでした (すみません、あまりに入る瞬間が一瞬だったので シャッターが間に合いませんでした) 教室を終えた後、先生よりコメントをいただきました。 「皆さん、味噌作りご参加ありがとうございました。 みんなで一緒にワイワイと楽しめながら 仕込みが出来ました! 重石をして時間をかけて作るお味噌は 身体が喜ぶ味になってくれます。 今日仕込んだ分量や日にちを記入して保存容器に 貼っておくと、また次回の参考になりますよ!!」 皆さん、ご参加有難うございました お持ち帰りになられたお味噌が、 おいしい味に熟成されることを、祈っております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年01月28日 17時55分更新
  • ブログカテゴリー:

1/19、20福岡教室

  今回は、先週末春日市のクローバープラザにて おこなわれた、福岡教室・上級クラス、初級クラスの 模様をお伝えします。 第5・6回目となるこのクラスを担当されたのは、 前日大阪本校にて「暦」のクラスをされていた 島田弘子先生。 福岡の受講生にも、しっかりお料理を お伝えしていただきました。 119福岡島田.JPG 上級のこの回は、午前午後とも、ピザやちまきなど お楽しみメニューが多かったのですが、 一番習得していただきたいのは、写真左下の、「玄米クリーム」。 119福岡試食.JPG ぱっと見、「重湯」にも見えますが、 体調を整えたいとき、とても体力が弱っているときに欠かせない 大事なお料理です。 一度作られた皆さんならご存知だと思いますが、 手間と時間をかけ、本当に「作り手の心」がこめられる一品。 おうちでも一度作ってみてくださいね。 初級では、蒸し煮で野菜の旨みを引き出す「水無し炊き」や、 炒り玄米で味の深みを出す「玄米スープ」が登場しました。 これらは、覚えておくといろいろな料理にアレンジできるお得な レシピでもあります 島田先生からのコメントです 「上級の皆さんへ、 大切な玄米クリームの作り方、いざというときに 即実践できるように、よく復習しておいてください。 皆さん料理上手で、バランスのとり方はバッチリでした。 これからも実践あるのみです。 初級の皆さんへ、 お料理好きな方ばかりで、皆さんの正食への意欲に 私も初心に戻る気持ちでした。 今日のようにいつも丁寧にお料理されると、 実力がつくと思います。 頑張ってください」 そして初級は日程の変更があり、第7・8回目が27日に おこなわれました。 1週間しか間があきませんでしたが、 皆さん熱心に受講されていました。 授業を担当された高橋円先生からは、 「切り方や蒸し煮の大切さを、改めて皆さんに わかっていただけたと思います」 とお話いただきました。 次回、福岡上級クラスは2月2日に第7・8回、 初級は最終回が3月10日に実施されます。 (上級最終回は3月9日です) まだまだ寒い日が続きますが、 また皆さんの元気な姿を楽しみに お待ちしております
  • 2013年01月28日 14時05分更新
  • ブログカテゴリー:

1/18スペシャル「暦を感じる食生活」

  昨日今日と、また冷えていますね…! 先ほど外に出ると、雪がちらついていました。 今朝はところによっては雪が積もっていたとのこと。 皆様、移動の際や体調には、充分お気をつけくださいね さて、大変遅くなって申し訳ございません。 今回は1月18日におこなわれた スペシャルコース「暦を感じる食生活のススメ」 第1回の模様をお伝えします (「1月は行く」を実感中です…) このコースの担当は、島田弘子先生。 日本の旧暦、二十四節気、 その季節の変化に合った食材と調理法で お料理し、体調を整えよう、というコースです。 18日はちょうど「大寒」の直前、この日も寒かったですね。 メニューには、体を温める 葛や、酒粕が使われたレシピが登場しました。 こちらは、ゆりねまんじゅう。 118暦まんじゅ.JPG ゆりねも、寒い時期が旬の食材。 やわらかい甘みが、ちぢこまった体をいたわります。 鮭の頭の粕汁や、大根もちなど ほっこりさせてくれるお料理が並びました。 118暦試食.JPG 授業後、先生よりコメントをいただきました。 「4人のテーブルで、内容もバタバタさせてしまいました。 季節の移り変わりを感じながら、後2回のお料理を、 旬の食材、暦の話とからだの話で、より楽しく 深めていただけるように、がんばります」 「暦」のクラスは、次回2月22日。 テーマは「立春~雨水」です。 皆さん、元気にご参加いただけるのを 楽しみにお待ちしております

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年01月28日 13時23分更新
  • ブログカテゴリー:

1/19~22レギュラーコースコメント

  先週末はとても冷え込みが厳しく、 「これが“大寒”なんだなあ~」 と思ったのですが、 昨日は雨模様と、ますます、 風邪を引きやすい天気回りとなっています…。 皆様、どうぞお気をつけて! 今日は晴れてよかったです さて、本日は週末から火曜にかけて、 レギュラーコースの授業を 担当された先生方のコメントをお送りします。 1月19日、中級土曜クラスの第3回目は、 野口清美先生でした。 「皆さん、今日も元気に来てくださり、 楽しく明るくクッキングの勉強をしてくださって 有難うございました。 野口は授業中に完全燃焼しましたので、 今日は何も申し上げることはありません。 次回のドリアもおいしいので、期待してくださいね」 午後、第4回目は藤井美千代先生です。 「今日は、大切なひじき蓮根を作りました。 細かい質問をしてきてくださる方が多いので、 大変おいしくできました おうちでも作ってみてくださいね。 寒い毎日ですが元気でお過ごしください。 また、次回待ってます!」 1月20日上級日曜クラスのご担当は、 今村圭子先生でした。 「皆さん、大寒の日に、午前午後と、ご参加有難うございます。 1日で10品学んでいただきました。 どれも美しく、おいしく作ってくださるので、さすが上級クラス! と思っています!! 皆さんの腕に食材とお料理が輝いていました! 次回は鯉こくです。 時間のある方は、少し早めに来て、 ごぼうのささがきをお願い致します」 1月21日、中級月曜クラス第3回目は、 前日に続いて今村圭子先生。 「中級ダブルご参加有難うございます。 3回目は、スパゲッティ、サラダ、コロッケ、ケーキと 洋風メニューでした。 動物性なしでも、旨み、コクのある茸ソースが できました。 皆さんとってもおいしく作ってくださり、 お伝えさせていただいて、嬉しく幸せです! ソースのポイントは、豆乳が入るので 味をしっかりつけておくことです。 ご自宅でもぜひ、復習してみてください」 午後の第4回目は、竹内泉先生でした。 「先月より、ぐっと手際よく進められて チームワークも良くなり、見ていても とても気持ちよかったです。 後半も頑張ってください!」 1月22日、初級火曜クラスは、 日曜月曜に続き、今村圭子先生でした。 「本日はご参加有難うございます。 食養で大切な、小豆昆布をしました。 皆さん、煮加減、塩加減、上手にされて いました! 小豆昆布はお汁が大切ですので、 おぜんざいのように仕上げてください。 また次回、お待ちしております」 皆様、重々風邪に注意して、 …そして来月中旬からは早くもスギ花粉飛来の 模様です…ので、 さらに体調を万全に、最終回、または後半分、 元気にまいりましょう
  • 2013年01月23日 12時27分更新
  • ブログカテゴリー: