ブログ「マクロなポケット」Blog

2/13研究会☆

  昨日はバレンタインデー 平日ながら街中はどことなくうきうきした雰囲気で いっぱいでした 先週おこなわれた「バレンタインスイーツ」の レシピで本番のプレゼントを作られた方も いらっしゃるかと思います さて、今回は水曜日におこなわれた講師・指導員の 先生方の研究会の模様をお伝えします。 今回郷土料理の紹介をされたのは、 徳島の龍頭先生。 213研究会龍頭.JPG 某人気テレビ番組でも取り上げられた、 徳島のちらし寿司です。 ちらし寿司の具に、大根、里芋、そして金時豆が 入るのですが、それが他県民には違和感があることを、 龍頭先生もご結婚後しばらくしても気づかなかったそうです。 「単に、主人が甘い金時豆と寿司の組み合わせが 嫌いなんだと思っていました」とのこと。 徳島では「かきまぜ」と呼ぶのだそうです。 213かきまぜ.JPG 里芋と大根が入ることによって、具沢山で、さっぱりといただけます。 今回の金時豆は塩味で。 そしてもう1品、「出世いも」。 シンプルなおイモのお菓子ですが、出世するようにという 願いを込めて、輪切りにしたお菓子をお皿に積み上げて 供するのだとか。 213出世.JPG これらのレシピは、「むすび」5月号にてご紹介しますので、 お楽しみに! ちなみに、前回(1月)の靏久先生の「靏久家のお雑煮」にちなんで、 龍頭先生も「龍頭家のお雑煮」をご紹介して いただきました。 というのも、龍頭先生のご主人のご実家は実は 久留米の靏久先生のおうちと車で10分の距離。 具材などは一緒なのに、家ごとに異なるお雑煮の味! ということで「家に伝わる伝統料理」の 大切さを改めて実感できました。 テキスト料理のデモは藤井先生が担当。 そして正食の伝統料理については 校長先生が「おめでとうスープ」を紹介されました。 213研究会校長.JPG ちなみに旧正月のお休みを利用して香港の野崎さんも 一時帰国されており、香港の大気汚染状況も 伺いました。 「多分距離的には、北京は日本のほうが近いと思うのですが、 香港の“中”レベルは日本の“高”以上のようなので、 気をつけるようにしています。 でも、香港では皆あまりマスクをつけていません」 やはり、何かとマスクをつける習慣があるのは、世界的にも 日本が突出しているようです。 試食の際には、香港のお土産のドライフルーツ、 そして金沢の玉田先生から手作り天然酵母パンの 差し入れもいただき、近況の報告など、にぎやかな 昼食会になりました。 来月は、3月27日、研修科・講師・指導員合同の講義の日です。 講師は、近畿大学経済学部教授の坂田裕輔先生と、 高知におられる正食の大ベテラン、西森寿美子先生です。 坂田先生の専門は、環境経済学。 正食クッキングスクールを受講され、 「むすび」には2006年に連載もしていただいていました。 講義のテーマは、「食品の科学と倫理的な生き方」。 坂田先生.JPG 安全な食生活、地球環境と、その中で生きる楽しみとを 考えていく内容です。 坂田先生と校長.JPG ↑久しぶりに協会にお越しになり、校長とお話される坂田先生。 西森寿美子先生のテーマは、「私のマクロビオティック」。 ご自身の体験、そしてお義母様のことなどの経験を 通して、また、専門の心理学的観点からなど、 お話していただきます。 研修生の皆さん、そして指導員・講師の先生方、 どうぞふるってご参加ください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年02月15日 13時35分更新
  • ブログカテゴリー:

2/12中級火曜クラスコメント

  東アジア圏では、ただいま旧正月の真っ只中 日本でも、中華街などではお祭りやイベントを おこなっているところもありますね 確かに徐々にではありますが、 日差しが春に近づいてきている感じがします。 さて、本日は昨日おこなわれた中級火曜クラスの コメントをお送りします。 第9回、最終回まであと1回を残した昨日の 担当は、藤井美千代先生。 「大根一本を使い切る料理、おいしかったですね。 何が一番気に入りましたか? また、おうちでも作ってみてくださいね。 今日は、2月8日におこなわれた廣田先生の バレンタインスイーツ教室に参加された方が そのレシピでクッキーを全員に作って来て くださいましたね。 思いがけないプレゼントに心温まりました。 有難うございました」 中級第9回は、藤井先生のコメントにも あるとおり、大根づくしの回。 サラダに煮物に炊き込みご飯と、 さまざまな料理で大根を楽しみました。 次回最終回は、洋風なおかずあり、 おかず味噌あり、な多彩なメニュー。 2月26日、また皆さんのお越しをお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年02月13日 17時45分更新
  • ブログカテゴリー:

2/7,9秋期師範科コース

  昨日まで三連休で、ゆっくりされていた方も おられるかと思います。 料理教室では、連休3日目には1日体験教室が開催されました。 ご参加いただいた方には、実際の授業の様子を 体感していただけたかと思います。 さて、今回は先週木曜日と土曜日におこなわれた 秋期師範科の模様をお伝えします。 木曜日クラスの担当講師は、ロイトン札幌支配人、 そして正食協会理事である大浦隆司先生でした。 先生には、北海道から前日入りして授業の準備を していただきました (2月といえば、札幌は雪祭りなどまっただなか… お忙しい時期に有難うございます) プロの先生に学ぶのはほぼ初めての、師範科の皆さん。 少し緊張した面持ちで、先生の手元を見つめます。 207師範大浦2.JPG しかし根っからの関西人で気さくな大浦先生。 デモ中も笑顔でお話されます。 207師範大浦先生.JPG 流れるような手際で、お料理を盛り付けて完成。 209師範大浦3.JPG 師範科の皆さんも、先生にアドバイスを受けながら、 作ったお料理を盛り付けていきました。 209師範大浦4.JPG 209師範大浦5.JPG 午後からの講義は、大浦先生が日頃感じたことを書き留めたメモから、 多岐にわたるジャンルのお話をしていただきました。 209師範大浦午後.JPG 大浦先生より、コメントをいただきました。
「皆様、先日はありがとうございます。料理は何度も何度も
繰り返して身につくものです、ぜひ今回の料理を自分のものにして
素敵なアレンジを加えて下さい。 大浦の独り言にお付き合いいただき
ありがとうございました。また皆様にお会いできる日を楽しみにしています」
 
大浦先生、有難うございました! 2月9日の土曜日クラス、担当講師は徳島の龍頭佳世先生。 古代米と玄米のおかゆを中心とした、 滋養の高いメニューを学びました。 味、食感にも変化をもたせた組み合わせのラインナップです。 209師範龍頭.JPG 龍頭先生よりコメントをいただきました。
「皆さん、師範科とあって仕上がりが美しく、 様々な配慮が施膳に現れていました。
後半もがんばって下さいね!」 次回は、3月23日と28日。 両方のクラスとも、またまた凄い先生が登場されます! お早目に来ることができる方は、お早めにお越しいただいて、 レシピの読み込みや準備のお手伝いなど、 よろしくお願い致します~

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年02月12日 16時31分更新
  • ブログカテゴリー:

2/5~10レギュラーコースコメント

  三連休、いかがお過ごしですか? 小春日和や寒の戻りで体調を整えにくい最近ですが、 無理をせず、「おかしい」と思ったらちゃんと休養を とるようにしてくださいね! さて、今回は2月5日、10日におこなわれた レギュラーコース初級クラスの担当の先生方の コメントをお送りします。 2月5日は初級火曜クラス、第9回がおこなわれました。 担当は金子多重美先生です。 「三色おはぎと二色高野は、どんな味なんだろう? と ワクワクされた方も多かったですね。 皆さんの試食の時間に“おいしい!”の声があがって、 とてもよかったです。 盛り付けもとても上手にできていましたよ」 2月10日は初級日曜クラス、午前中は同じく第9回が おこなわれました。 担当は柳澤幸代先生。 「初級最後までお疲れ様でした。(※午後が第10回目) 皆さまの感想をお聞きして、こちらも嬉しく勉強に なりました。 ありがとうございました。 おはぎの小豆餡は塩餡でしたが、 黒糖や米飴を入れて甘めにしても良いですよ。 蒸し煮も上手になりましたね。 料理の完成度もどの班も高くなっているのを感じましたし、 多くの方が元気になられて、笑顔がこぼれていたのが、 印象的でした。 またお会いするのを楽しみにしています!」 ちょうど日曜日は、山村先生のセミナーが午前中にあり、 山村先生にも一食試食をしていただきました。 先生も、「おいしい!」と喜ばれていましたよ 10日午後からは、第10回最終回でした。 担当は小松英子先生です。 「蒸し煮を利用した筑前煮はどうだったのでしょう。 おいしくできましたね。 皮をむかない、アクもとらないお料理はとても楽です。 そしておいしいなんて、なんて素晴らしい! これからも、できることを続けてくださいね」 無事終了した、初級日曜クラスに参加された 受講者の方の感想を、ご紹介します。 「どんな内容の料理教室か主人には言っていなかったのですが、 学んだ料理を出すと地味なので“宗教くさい”と言われ、“宗教めし”と 呼ばれるようになりました(笑)。 人間ドッグでの内容が良くなってきましたので、 あまり料理の悪口を言わないようになりました」   「教室に来て野菜の切り方、野菜の甘み、玄米の美味しさ、 水分を摂り過ぎていたことを気づきました」   「マクロは独学で実践していたのですが、がんじがらめになっていました。 ここに来てシンプルを教えていただき、楽になりました」   「ちょっとした体調不良や、風邪を、今までのように病院に頼らずに、 食事や食物による手当て法で治すことができるようになって、嬉しいです」   「初級を2回学びました(春・夏コース、秋・冬コース)。調味料を購入する際、 選ぶのがとても楽しくなりました」   「今度、アメリカに留学する際に、ジャンクフードばかり食べていたら駄目になると、 父親に勧められて来ました。野菜が嫌いだったのですが、とてもおいしくて好きに なりました」 (向こうの方たちに、是非料理をふるまってください。 きっとすごく喜ばれます・・・事務局の声)   「早食いの癖が直り、ゆっくり食べる習慣がついて嬉しいです」 「胃の調子が悪く、料理を勉強しに来ました。甘いものを食べ 過ぎていたことが原因が分かりました。 今までの食習慣が改善できました」 さまざまな目的を持って、教室にお越しになられたかと 思いますが、体調が改善したり、気持ちがすっきりしたり、 皆さまのプラスになることがあったということで、 スタッフもとても嬉しかったです。 中級では、ごま塩やきんぴらごぼうなど、 大切なお料理やおもてなしにも使えるレシピも 登場しますよ。 また皆さんの元気なお顔を拝見できるのを 楽しみにしています 11日は1日体験教室。お味噌汁や切干大根の煮付けなど、 ご家庭でもすぐに実践できるメニューですので、 実習も、お味も楽しんで体感してくださいね  
  • 2013年02月10日 22時13分更新
  • ブログカテゴリー:

2/8公開「おうちでお手軽バレンタインスイーツ」

  2/8バレンタインスイーツの教室がおこなわれました。 講師は廣田直樹先生。 スイーツ2.jpg

今回のメニューはガトーショコラとスコーン2種、 チョコドリンクのショコラシュー。 なぜ豆乳は無調整をつかうのか? など質問が飛び交い、皆さん熱心に受講されています。

スコーンにつけるクロテッドクリームも手作りです。 乳製品が入っていなくてもとても美味しい! 普段の教室とは違い、甘い香りが教室に充満しています。 スイーツ.jpg

ご自分のため、ご家族や大切な人のために 特別な日にはスイーツも楽しんで下さいね。 (A) ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ Macropocket(正食協会事務局) JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION https://www.macrobiotic.gr.jp/ ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年02月09日 16時35分更新
  • ブログカテゴリー: