ブログ「マクロなポケット」Blog

3/9,10福岡教室最終回

  昨日、3月11日は東日本大震災から丸2年の日でした。 犠牲になられた皆様と、そのご家族の皆様に深く哀悼の 意を表すとともに、 避難生活や慣れない生活を余儀なくされている皆様に、 心からお見舞い申し上げます。 さて、今回は3月9日、10日におこなわれた 福岡教室最終回の模様をお伝えします。 9日は上級クラス。午前中の第9回は、 恒例の「鯉こく」の授業です。 DSC_0092.jpg 鯉が怖がらないようにタオルで目隠しをして、 まな板に乗せ、立候補した方に仮死状態にしてもらいます。 DSC_0093.JPG 苦玉だけを取り出し、蒸し煮したごぼうが入った圧力鍋に入れて、 圧をかけて加熱していきます。 DSC_0103.jpg まさしく「一物全体」の、「命」をいただくお料理。 出来上がった「鯉こく」は皆さん「おいしい!」と、おかわりをされる方も いらっしゃいました。

「以前は夫婦喧嘩が多かったのですが、受講を続けるうちに主人も 理解を示してくれ、受講中子どもの面倒を見てくれるようになりました。 日々感謝しながら、こういう生活を続けていきたいと思います」

 

「宮崎のネットワーク教室で初級・中級を受講して、 上級まで来ました。それ以前は玄米の炊き方も知りませんでした。 今は家にいるときは玄米を食べています。周囲にも伝えられるように なりたいと思い、大阪の師範科にも通います」

 

「日ごろ家族にはマクロに関心を持ってもらえず、 『あなたの作るものは変わっている』と言われたりしますが、 無理なく続けていきたいです。自然食品店に勤めているので、 お店のお客さんにきちんとお話できたら、と思います」

 

「半年間通えるか心配でしたが、主人の協力もあり、 通いきることができました。とても有難いです。 少しずつ、家族の無理なく、自分でもストレスをためることなく、 取り入れていきたいです」

 

「仕事終わりが遅く、夕食は主人が作ってくれるので 自分で料理ができる機会が少ないのですが、やはり 基礎が大事だと痛感します。勤務している幼稚園で、 保護者の方がすごくマクロに興味を持っておられ、 『教えてほしい!』という声に背中を押され師範科に 行くことを決めました。同時に、地元で基礎の復習もする予定です」

 

「このクラスに来るたび、先生方にいろいろなことを気づかせて もらいました。皆さんとても分け隔てなく教えてくれ、自分もそんな風に、 伝えられる人になりたいと思いました」

 

「初めは普通の料理教室だと軽い気持ちで来ましたが、 人生やものの考え方について学ばせてもらいました。 『食べ物に感謝すること』というのも、普段は感謝していなかったことに 改めて気づかされました」

 

「久留米のネットワーク教室で初級・中級を受講して、 奥が深いなあとじわじわ感じ、上に進みたいと思うようになり上級に来ました。 家族の支えがあってここまで来れましたが、ここで学ぶことは自分のため でもあり、家族のためでもあると、家族の大切さを改めて知りました。 お弁当の中身を見て『どういう食事なのか、知りたい』と言ってくれた友人に、 少しでも知ってもらえたら、とマクロのことをお話しました。 また機会があったら師範科にも行きたいです」 午前午後と授業をされた校長先生は、 「皆さんの感想を聞けただけでも、ここへ来てよかったと思います。 ここで、食べ物が身体を変えるということ、そうすると心も変わることを 知っていただけたと思います。 他人を変えることは難しいですが、自分を変えられることは出来ます。 桜沢先生は“Give and Give”と述べられています。 家族の幸せを願って作る食事は、食べる人を元気にします。 食で迷っている人も多いので、少しでも皆さんに伝えてほしいです」 と上級の皆さんに話されました。 翌日、10日は初級の最終回がありました。 福岡校長310.JPG

「食に元々興味があり、マクロにたどり着きました。 食に対する考え方が変わりました。子どもたちにも、 こういうものを食べさせたいと思います」

 

「食事には気をつけていたつもりでしたが、改めて見直そうと思い 受講しました。初日は、とても質素なメニューに『続けられるのか!?』と 思いましたが、蒸し煮で料理の味がすごくおいしく変わることを知り、 最後まで受講できて嬉しいです」

 

「もともとマクロに興味があり、その関係での仕事を探して 福岡の玄米給食の保育園に就職しました。 出汁を使わずにおいしい味噌汁が作れることが、まず驚きでした。 肉・魚を使わずに満足できる料理が、すごいと思います」

 

「山口県の幼稚園で、正食料理教室を受講した方と一緒に調理しています。 もともと好きなので自己流でやっていましたが、ここに来て、 ここまで丁寧にするとシンプルな調味料でここまで味が変わるんだ、 ということを知りました。周囲の若いお母さん方は食べるものに関して、 信じきってしまっている人が多いので、ついマイナス面を強調しがちなのですが、 プラス面からアドバイスできるようになりたいです」

 

「養老会で働いており、そこで作る料理がマクロを取り入れたものでした。 本を読んで実践していましたが、ここへ来て、実際に教わるのとは違う! と実感しました。弁当を作って販売するうちに、『この料理を教えてほしい』と 言われるようになりました。今弁当は休止中ですが、ここで教わった玄米が おいしく炊ける圧力鍋を紹介したり、教室を1回やったら次回もしてほしいと リクエストされました。その生徒さんから食材が手に入らないと相談されたのが きっかけで、3月4日からお店を持つことになり、まだまだ勉強中ですが、 喫茶と軽食もします」

 

「ここへ来て、とても勉強になりました。無農薬の農業をしていますが、 続けてやっていきたいと思います」

こちらでも、午前午後と授業をされた校長先生。 「人にお伝えするには、自分が勉強しなければいけませんよね。 付け焼刃の知識では、人を納得させられないと思います。 単に知識を入れるだけでなく、毎日自分で食べて、正食をしてみると、 そのことが分かると思います。 桜沢先生は“料理はひとつの行”と述べられています。 毎日、料理をし続ける。食べる側は、しっかり噛み続ける。 岡田定三会長の『正食生活術』に、“かむかむ行”のことが 載っています。 続けることは難しいですが、難しいからと最初からやらないより、 とりあえずやってみるほうが、いいです。 悪いことは習慣になりやすく、良いことはなかなか習慣になりません。 でも、やっているうちに身について、習慣にすることができます。 人によってかかる時間は違いますが、確実に変わっていきますよ」 初級の皆さんに、続けることの大切さをお話されました。 この秋期の福岡教室は会場予約の都合もあり、 日程変更が多くなってしまいましたが、 皆さん熱心に最後まで受講いただき、有難うございました。 またお会いできる日を楽しみにしておりますので、 いつでも協会のイベントや教室にお越しください!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

  • 2013年03月12日 14時44分更新
  • ブログカテゴリー:

3/9正食料理基礎講座IN福岡

  昨日はとても日中暖かかったですね! 昼間外を歩いていると、上着はぜんぜん必要ありませんでした でも月曜日はまた寒さが戻ってくるようなので、 皆さま充分ご注意ください 大阪本校では今、集中料理教室の真っ只中、 いよいよ10日日曜日で初級が最終回です。 引き続き、翌月曜からスタートする中級にも ご参加いただく方もおられます。 どうぞよろしくお願いいたします! そして、9日、10日と、福岡教室も秋期クラスが 最終回を迎えています。 9日は上級の最終回でした。 最後まで皆さん熱心に、和気あいあいと学んで いただき、本当にありがとうございます その模様は、発表いただいた感想とともに、 改めてお届けしたいと思います。 さて、今回は昨日福岡でおこなわれた「正食料理基礎講座」の 模様をお伝えします。 309福岡基礎1.JPG この講座は、上級クラス、師範科クラスを修了された方を対象とした、 「同窓会」のような教室です。 講師は岡田校長先生。 「マクロビオティックをするうえで、基本はとても大事です。 基本をしっかり理解していると応用はいつでもできますが、 基本をよく理解しないままに応用しようとしても、 結局は自分の中に芯ができていないので迷ってばかりに なってしまいます」 勉強を重ね、また人にお伝えする機会も多い修了生の参加者に、 基本の大切さを話されました。 309福岡基礎3.JPG 実習も、味噌汁、きんぴら、ごま塩の基本メニュー、そしてマクロの先輩たちが 校長に伝えた古いメニューで、料理する際に心得ておかなければ ならないことを伝えます。 309福岡基礎2.JPG 「ひととおり習ったままのことをしさえすれば、料理が出来上がるのではなく、 食材や調味料、料理によって味の出し方も、方法も違ってきます」 309福岡基礎4.JPG 昼間におこなわれた上級クラス(午前午後)を終えて 引き続き3回目の実習をされた方、久々にクラスメイトとの再会を果たした方、 教える立場となって久しぶりに生徒となった方、 さまざまな方が連携して、料理を完成させました。 「楽しかった!」 「また基本をちゃんと勉強します」 といった声もいただき、盛況のうちに講座を終えました。 ご参加いただいた皆様、どうも有難うございました またクッキングスクールやセミナーでお会いしたいと 思っております
  • 2013年03月10日 00時40分更新
  • ブログカテゴリー:

3/3元気力をひきだす自然医術

 

鍼灸師、西下圭一先生の自然療法セミナーの 第2回が開催されました。テーマは、「アレルギーについて」。

花粉症が発症してから、大好きだった春が、 憂鬱な季節になってしまったという人も多いのではないでしょうか。 うきうき弾む気持ちと、陰鬱な気分との落差はとても大きいですね。 そのような季節的な要因もあってか、初めての方も多く参加されました。 303西下先生1.JPG

 

「今日は、33日。ひな祭りですね。菱餅の色の服を着てきました(笑)。 暦で言うと、雨水(うすい)と言って、雪が雨に変る季節です。 明後日、5日からは啓蟄(けいちつ)。冬ごもりの虫たちが目を覚まし、 巣穴から出て動きだす季節に入ります。今までの動きのなかった静的な 季節から、動的な春の季節に入ります」

 

西下先生の講義は、よく当たり前のこと、ふだんよく耳にする言葉を 繰り返し丁寧に語られます。ぼんやり聞いていると、聞き逃すこともあります。

自然療法で大きな役割を果たす自然治癒力についても、 「正しい生活習慣が大切です」といわれます。正しい生活習慣というと 当たり前すぎることですが、当たり前のことが大事で、 「当たり前のことを抜きに、特別なものに頼ってはいけない」ということを 言いたいと話されました。

確かに、「当たり前のことを実行していますか」、と問われると・・・いかがでしょう?

303西下先生2.JPG 

「大事なのは治すのではなく、治るということだと思います。 アレルギーとはなんぞや。自然環境に適応できなくなってしまった結果、 という言い方が一つできます。現代医学的解釈、東洋医学的解釈、 食養生・マクロビオティック的な原因と対策を、いくつかの実例を 交えながら話させていただきます」

盛りだくさんのお話が、2時間ノンストップで続きました。 303西下先生3.JPG

 

参加者の感想です。 「体の上と下、内と外のバランスを取るということが季節と関連する というお話に、すごくシンプルなようだけど奥が深いことを知りました。 旬のものをいただくという当たり前のことにも、きちんと意味があるのですね」 「ご自身の息子さんの写真も披露なさっての体験談にはとても 説得力がありました。正しい知識を知っておくということが、 家族の健康を守るための備えになるということを学べて、 参加して良かったと思います」

 

西下先生の感想です。 「今回はアレルギーがテーマということで、日々の治療現場での経験も もちろんですが、それ以上に、自分の息子が小児科医に安易に『アトピー性皮膚炎』 と診断されそうになり、意義を唱えて、「アレルギーではない」との診断をもらうまでの 体験を話させてもらいました。 安易な診断を安易に受け入れてしまうことが原因で、その先の人生でクスリから 離れられなくなる人が減ってくれるのに参考になれれば嬉しいですね。 今日も前回と同様に意識の高い人たちばかりに参加していただいて、 場の一体感のようなものが生まれてくる感覚があり、とても有難かったです」

西下先生は、大阪・南森町にある代替医療専門の病院、 「みうらクリニック」でも、鍼治療の外来と食養相談をされています。 その「みうらクリニック」が、間もなく発売される「むすび」誌4月号特集で 紹介されますので、是非ご覧になってください。 (Terry) 西下先生の元気力をひきだす自然医術」は、 次回4月7日、テーマは「婦人科系疾患について」です。 1回のみのご参加も可能ですので、

ぜひご参加ください。 セミナーについてはこちら↓  https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/top/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年03月07日 14時54分更新
  • ブログカテゴリー:

マクロ流・食育出張講座IN晴美台幼稚園

JUGEMテーマ:マクロビオティック
 

堺市南区にある晴美台幼稚園に、 正食クッキングスクールの講師、野口清美先生が マクロ流食育講座に行ってこられました。 IMG_7189.JPG

対象は、園児とその保護者の皆さんで、 お子様を入れて50名ほどの参加者でした。

天気は快晴でしたが、前日までの気温が高かったので、 とても寒く感じました。 IMG_7204.JPG

 

晴美台幼稚園の先生方が、正食クッキングスクールに通い、 学んでいただいたことが、今回の出張講座の実現につながりました。

 

小さなお子さんはもちろんのこと、その両親である若いお父さん、 お母さんが、食べ物の大切さやおいしさ、マクロビオティック料理の 真髄である、安易に出しの素や砂糖や調味料に頼らずに、 穀物や野菜の食材本来のおいしさを引き出す調理法や考え方に 触れるきっかけになればいいなと思いました。

野口先生は、参加者を前に 「正食、食養生、マクロビオティック、玄米菜食という言葉を 聞かれたことがありますか~?」と質問。 あまり手は上がりませんでした。 世間的にはまだまだマイナーな言葉だと感じる瞬間です。

 

三人のお子さんをお持ちの野口先生は、長男の妊娠・出産をきっかけに、 食事の大切さに気づき、正食協会とご縁ができて正食を学ばれました。

 

「協会で学んだ智恵を頭に入れて、日々の食事をちょっと 気をつけるだけで、子供たちが元気に育ってくれました。 私の自慢は、ほとんど保険証を使わずに子供を育てあげたことです」

子供たちの状態を観察して、その状態に応じて食材や調理をした 食事をするだけで、病気になる前に、本来身体が持っている自分の力で 治してくれたことが大きかったと話されました。

 

「自分の身体は食べ物によって養われています。 食べ物すべてに働きや役目があって、身体に働きかけて、 活かしてくれている。日々の食事を大切にいただく。 身体を養ってもらっているということで食べ物に感謝する、 という基本的なことが感じられたら第一段階がクリアじゃないかなと思います」

 

人という動物が、どういうものを食べていくのが、本当の食べ方なのかを 知ることが大切だと感じている野口先生は、人間の歯の数とそれぞれの 歯の割合と特性を話され、マクロビオティックの基本である、 一物全体、身土不二、陰陽調和について、噛み砕くように大切なところは、 いろんな例えを使いながら、熱く語られました。 IMG_7207.JPG 野口先生の講義の後に、味噌作り教室がありました。 IMG_7208.JPG IMG_7211.JPG 野口先生が、味噌作りの失敗談などを交えて、ポイントを 説明します。 IMG_7214.JPG お父さん、お母さんたちとわいわいしながら、楽しく作りました。 IMG_7217.JPG IMG_7237.JPG だしを使わなくてもおいしい、基本の味噌汁のデモをする 野口先生。 IMG_7241.JPG 最後のまとめとなるお話です。「一物全体」 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年03月07日 14時33分更新
  • ブログカテゴリー:

3/4中級月曜クラス最終回の感想

  連日良い天気ですね! しかも気温は高く、春の陽気でどこかに出かけたくなります。 さて、昨日より春期集中料理教室が始まりました お近くは地元大阪市内の方から、遠くはカナダ、ドイツから 一時帰国された方まで、熱心に授業を受けておられます 日曜日の初級最終回まで、どうぞよろしくお願い致します! さて、今回は4日におこなわれた中級月曜クラスの最終回に 受講された皆さんに、発表いただいた感想をお送りします。

「初級は大変で疲れていましたが、中級は毎回楽しみになり、 楽しかったなーと感じています。不安はありますが、上級へ進みます」

「おさらいしながら、教えていただきましたので、身についてきました」

「少しずつ身についてきて、家で重ね煮、蒸し煮をしています。 学べてよかったです」

「初級は必死でしたが、中級で講義も頭に入るようになりました」

「包丁の使い方から習いました。いろんな発見がありました。 家でも作っています。上級には行かず、初級と中級の春・夏 コースをもう一度受講します」

「以前受けた初級が春・夏だったので、秋・冬の初級を受講します」

「悩んでいた花粉症ですが、薬をまだまったく使っていないので、ビッ クリしています」

「子供がインフルエンザで寝ていたとき、ご飯を作らなかったのですが、 『味噌汁と普通のご飯が食べたい』と言ってきたので、嬉しかったです」

「いろんな先生から学べて、個性があって楽しかったです。 受講中に妊娠したので、マクロで、元気な赤ちゃんを産みたいです。(拍手)」

「今まで習ったのと違う調理法でした。かつおだしの素とか砂糖を使わなく なりました。生理痛がなくなりました」

「ヨガをやっていますが、ヨガは身体の健康と生き方につながるものですが、 正食も食だけだはなくて、生き方・考え方だなと感じました。 陰陽は難しいですが、変化に対応していく力をつけていきたいと思います。 中庸な自分を創っていくことかなと思っています」 今の時期は特に花粉症でお悩みの方も多いかと思いますが、 その症状が食事でなくなるって、嬉しいですよね また、おさらいをしっかりされるため、基本の初級・中級を もう一度受講される方、春夏は筍やふきといった食材の扱いも 学べますので、楽しみにしてくださいね 春期レギュラーコースは4月開講、まだまだ受け付けております。 1日体験教室は3月30日(土曜)と、4月2日(火曜)に実施しますので、 ぜひご参加ください! ↓1日体験の詳細は、こちら・・・ https://www.macrobiotic.gr.jp/school/taiken/index.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年03月07日 10時55分更新
  • ブログカテゴリー: