ブログ「マクロなポケット」Blog

西下圭一先生の講座「未病を治す意識と、自己診断法」を開催

86日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の講座「未病を治す意識と、自己診断法」が開催されました。

この講座は、病院勤務の経験もある立場から、未病から病へと進行していく段階を解説しながら、東洋医学の診察法と、養生の基本から、姿勢・動きの正し方までが凝縮されています。第3回目のテーマは「自然な氣の流し方」でした。

講座の冒頭部分を抜き出して、ご紹介します。

 

 

今日は、86日、日曜日。季節は夏なんですけど、節気でいう土用から立秋に入ろうとしています。月でいうと8日が満月で、季節の変わり目であり、一カ月のスパンで言うと満たされた時期であり、このような時にこの日を迎えられたことを嬉しく思います。

 

土用とは季節の変わり目。次の季節のための準備期間。

土用というのは、精をつけるための期間です。体を休めて滋養強壮して弱った免疫力を高めておきましょう、という時期でした。ただし、これは江戸時代までの話なので、今は食べ過ぎですから、この時期にさらに食べたら体に負担がかかるので、むしろ食べないほうがいい。

 

 

ぼく自身、土用の時期、特に夏の土用は一週間に10食以内にします。一日3食とるとすると最大21食なので、その半分です。自分に課しているんです。ここ5年くらい。土用の時期に四日間くらい断食したこともあるし、意外とそのほうが調子よかったりします。精をつける、食べるばっかりが能じゃないということを覚えておいてください。

 

体を休めるという意識だけは持っているほうがいい。次の季節に移行しやすい。今日までが夏の体です。明日から秋の体です、とはならない。季節も突然変わることはないし、木の葉が突然落ちたり、蝉が突然ピタッと鳴き止むことはないわけです。

 

この土用の18日間に最大の変化があるわけです。その変化に対応するには、できるだけ身軽のほうがいいし、体を休ませたほうがいいわけです。

自然は間違わない。身の周りに目を向けると、秋のものが目についたり、夏のものが目につくことが減ってきたりしています。

(「家の近くの銀杏並木の葉が黄色く変色しているのを発見して驚いた」という参加者の声がありました)

 

 

今回のシリーズ最後は気の流し方です。

この講座でずっとやってきたことは、自分で自分を見つめて、前向きにしていくためのヒントなんです。なんのためにと言われると、桜沢如一のこの言葉です。

 

自由とは、自分のやりたいことをやりたいだけ、しかもそれをいつまでもやれる人間の行動につけられた名前である。

幸福とは、自分のやりたいことすべてをやりたいだけ思う存分いつまでもいつまでも何の道具も用いずやりとげる人間の精神である。(『道の原理』) 

 

やりたいことをやりたいだけ、とことんやるためには、一番不可欠なのは健康なんですね。

今の人はお金と言うかもしれないけれど、健康な体さえあれば、お金を稼げるけれど、体が弱いままお金があっても、いつか底つきますから。何よりも健康が不可欠です。

 

 

〈西下先生からのコメントです〉

今回のシリーズでは「自己診断法」をテーマとして進めてきました。

人というのは、実は自分のことが最もわからないものです。

だからこそ、どこかで自分を見つめる時間を持ったほうがいい。

そのための、自己診断の仕方から、日々の姿勢の整え方、体の使い方から動きのつくり方、と、3回シリーズにわたって、陰陽の基礎とその解釈から話が拡がってきました。

 

陰陽を、食べ物とか料理だけのものと理解してしまっている人が多いと聞き、

とってももったいないという気がしました。

今回のシリーズに参加してくださった方々のなかから、陰陽を知ると幸せに近づくんですね、といった声なんかもいただき、講座をさせていただいて、本当によかったなと感じています。

 

〈参加者さんの声〉

・陰陽をより深く理解できただけでなく、体の使い方もよくわかり、日常が楽に過ごせるコツが理解できました。

・軸を持つことの素晴らしさを教えていただき、心が気持ちよく、自由になれた気がします。

 

〈事務局から〉

西下先生のお話しは、桜沢如一氏の言う「魔法のメガネ」を基本に展開されています。大切なことを平易に丁寧に語られるので、派手さはありません。

「考え方を分かっていただくということが大事なので、考え方を身に付けてほしいなといつも願っていることです」と本人はいつも言われています。

教えてもらうだけで満足、という方には、ちょっと難しく感じるかもしれません。

考え方を身に付ける講座として、初心者の方から指導者の方まで、幅広く来ていただけるような内容で、また企画したいと思っていますので、乞うご期待ください。

  • 2017年08月11日 14時43分更新
  • ブログカテゴリー:

レトルトタイカレーを無料プレゼント。モニター100人を大募集

正食協会の月刊「むすび」誌編集部からの耳寄りインフォメーションです。

 マクロビオティックを世界に広げようと国内外の有機・自然食品などの輸出入を手がけるむそう商事の協力で、弊誌11月号と12月号の2号にわたり、「本場の味が手軽に味わえる」と評判の「ムソーナチュラル レトルトタイカレーシリーズ」のモニターを計100人募集しています。来年創業30周年を迎える同社と本誌との特別コラボ企画です。

 タイカレーシリーズは全部で3種類。辛さレベル3でいちばん辛い「タイグリーンカレー」、レベル2の「タイレッドカレー」、レベル1で子どもからお年寄りまでだれでも食べやすい「タイベジタブルカレー」があります。

 保存料や化学調味料は不使用。希望小売価格は460円(税別)。ちょっとぜいたくなカレーです。

 読者の方は、弊誌巻末の「愛読者カード」を使い、ふるってご応募下さい。

 詳しくは、最新号の11月号30pをご覧下さい。

 ほか、11月号では、京都府綾部市をルポした特集を掲載しています。
https://www.macrobiotic.gr.jp/publish/musubi_tokushu.html (むすび編集部)
  • 2015年11月04日 14時41分更新
  • ブログカテゴリー:

~スペシャル企画カフェフード講座の試作会~

4月16日(木) 5月、6月に実施されるカフェフード講座の試作会を実施いたしました♪ 二回にわたって「マクロな店をしてみたい!」という方々に、 経験豊富な先生方に指南していただくという今回の講座。 担当の岡一美先生、永原味佳先生も真剣です! いろいろなアイデアやアドバイスが飛び交う試作会になりました。 イタリアンの店を経営されていた岡先生は、イタリアンランチの イメージで♪ 永原先生は、「なんでも大丈夫よぉ」と話し合いながら、 構想を練ってられました。 永原先生のプレートひとつひとつには、物語があります。 このようないろいろな話を当日、たぁっぷり聞いていただけるかと 思います。 日程は、 2015年5月21日(木)と      6月18日(木) 時間は、 10:30~13:00 料理講義 13:10~14:30 講義 となっております。 残席ですが、若干の余裕がございますので、 お申込みまだお受けいたします!! どうぞよろしくお願いいたします。  
  • 2015年04月17日 10時59分更新
  • ブログカテゴリー:

師範科にて「ザ・リッツカールトン沖縄和食料理長」の三ツ井先生が特別授業

3月27日 秋からスタートしている師範科の授業に沖縄から 「ザ・リッツカールトン沖縄和食料理長」の三ツ井裕一先生がきてくださいました。 春を感じられるレシピでみなさん真剣に授業を聞いてらっしゃいました。 そして次々にお料理が仕上がっていきます! 菜の花を使ったおひたし。生麩、独活、木の芽をあしらって とても春らしい一品です。 こちらは、さすが沖縄からいらっしゃった先生。 海ぶどうと蕪を使ったなますです。 柚皮をそえて♪ こごみの胡麻和えも、とても繊細な仕上がり♪ 胡麻豆腐、ふきのとうやタラの芽のてんぷらです。 桜の花をあしらってとっても春ですねぇ~。 玄米のちらし寿司には、パプリカや筍、こごみ、わらびなどで 色鮮やかな一品に。 高級食材岩のりを使った赤だしです。 昼からの授業では、和食料理人が感じる接客についてや 基本のお出汁についての説明や、てんぷらをおいしくあげるコツ など本当に幅広いお話をしてくださいました。 質問もたくさんとびかっていました。 正食クッキングスクールでは、レギュラーコースの中で このようなプロの料理人の方の特別授業もございます。 今初級の方も、上をめざしてがんばってくださいね。 春のレギュラーも本日の師範科を皮きりにスタートしていきます。 まだお申込みは間に合いますので、ぜひご検討くださいませ。  
  • 2015年04月05日 12時34分更新
  • ブログカテゴリー:

1月30日朝日新聞朝刊で畠山千春さんが紹介されています

明日にせまった食育フォーラム。 講演者のお一人 畠山千春さんが本日の朝日新聞(大阪版)で紹介されています。 朝日新聞デジタルからもお読みいただけます。 畠山さんの書籍を読んでいる最中ですが、 食べるということを大切にしていきたいとあらためて実感します。 こちらもお勧めです。明日、会場で販売もいたしますので この機会に是非ご来場ください。  
  • 2015年01月30日 09時58分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました

8月3日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました。「元気力をひきだす自然医術」シーズン5〈元気力アップのコツ〉最終回のテーマは「元気力を育てる」。   書店に行けば、医療に関する本が増えていて、現代医学を否定する本が一杯ありますし、その否定する本を否定する本も一杯あるし、どうなっているのと思われると思います。もしそういう本に興味があって読まれるとしたら、臨床の現場で診察されている先生かどうかを見極めたらいいのではと思います。大学病院の先生といっても、研究されてる先生の話は言い切ってくれるから分かりやすいんですが、それが実際にどれだけの人にあてはまるのかというと未知数になると思います。   ぼくの経験を言いますと、長男が生まれて半年くらいの時、湿疹がひどく出て、病院に行ったら見るなり「アトピー性皮膚炎」と診断されたのに憤りを感じて、「ちょっと待ってください。今の診察はなんですか」みたいな事を言って、別の大きな病院の小児科を紹介してもらって、そこでアレルギー科の科長の先生から「この子はアレルギーではございません」となりました。   ふつうの人はそこまでしませんよね。病院の先生に言われたら、そうなんですかとなります。モンスターペイシエント的なことを言って、嫌われたらどうしようと。 ぼくがそういうことができたのは、この子を守ってあげるのは親しかいないという気持ちと、病院によってはいい加減なこともあるということを、その時すでに知っていたからです。   その湿疹は数ヶ月で治って、その後、何もないんです。汗疹一つでていません。子どもに治療はしていないんです。そういう意味では、「何もしない」という選択をもてるのかというのが今日の講座に関連するかなと思います。  
  • 参加者の声です
  • 砂糖や化学調味料が良くないことは知ってはいたけど、どれだけ怖いものか、今日は教えていただくことができました。まさに「白い粉」なのですね。
  • 食の大切さばかりを考えてきましたが、体の使い方や心の持ち方、すべてが大切なものなのだとあらためて気づかせていただきました。あっという間の2時間でした。
  • 病院にはむやみに行かないほうが元気でいられるという話に説得力がありました。自分もあまり病院は好きではなかったのですが、ちょっと弱気になり安易に頼ろうとしていたことを振り返るきっかけになりました。きちんと自分で考えることが大切ですね。
 
  • 西下先生のコメントです
  • 今日のテーマは「元気力を育てる」。育てるということでは「種」がないと育てられない。その種というのは。外から持ってくるものではなく、皆さんそれぞれに内側に持っているものです。それは、健康でいるために「何かをしなければならない」という思い込みを外し、「何をやめるか」という逆の視点であったり、あえて「何もしない」という選択肢。これらは誰でもが知ってはいるけれど、育てていない視点なのかも知れません。こういう視点に気づき育てていければ、元気になるだけでなく、残りの人生がもっと自由になるのではないかと思います。
  • 今日も含め、今回の3回シリーズは熱心な方々にご参加いただきました。僕自身もたくさん学ばせていただきました。本当にありがとうございました。
  次回は9月7日(日)、「冷えない生き方から一歩を踏み出す」というテーマで、1DAYセミナーを開催します。Part1の講座「冷えを徹底解剖!」(10:30~12:30)の後、Part2「冷えないヒントをつかみとる」(13:00~14:30)を主題に読書会を行います。終わったときには、ココロもカラダもほんのり温かくなる一日にしたいと思っています。是非、ご参加ください。 (Terry)
  • 2014年08月08日 16時47分更新
  • ブログカテゴリー:

西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました

7月6日、日曜日。鍼灸院の院長で、統合医療専門クリニックで鍼灸治療と食養相談を担当する西下圭一先生の自然療法セミナーが開催されました。「元気力をひきだす自然医術」シーズン5〈元気力アップのコツ〉、第2回のテーマは「自然治癒力を鍛える」。   季節は、梅雨です。梅の実を膨らせるためにちょうどいい雨が降っています。 梅から作られる梅干し。すごく酸っぱい梅干しの酸味、クエン酸が体の筋肉にたまっている乳酸を取り去ってくれて疲労回復に役立ちます。   もう一つは、弁当の中に入れて日の丸弁当。ごはんの中に梅干しを入れておくだけで、弁当全体が腐りにくくなります。昔の人は経験的に知っていた。梅そのものに効果があるのではなくて、塩蔵、塩漬けすることによって、濃い塩分が雑菌を遠ざける。紫蘇の葉の色の成分アントシアニンも、強い殺菌力を持っています。   旬の青梅に塩と紫蘇の葉の三点セットによって、疲れやすい夏ですから、クエン酸の力で疲労回復、食中毒予防というようなことを生活の知恵として生かされていました。自然というものが、生活と一緒にあって、これが日本人の知恵として受け継がれてきたわけです。   ところが、最近は塩がすごく悪者にされています。 最近あった例ですが、小学生のお母さんが、子どもさんの調子が悪いと連れて来られて、なかなか良くならなかった。 よく尋ねてみると、家庭での食事に問題がありました。 お母さんが塩がだめだと思い込んでいるから、伸び盛りの子どもに超薄味の食事を出している。 子どもは塩抜けによって体の調子を崩している。 子どもは欲しがるけど「醤油かけたらダメ」と言っていたようです。 こちらからは「欲しがるだけあげなさい」と伝えたら、成長期のお子さんはその後みるみる元気になりました。 塩を控えすぎて体を悪くした実例ですね。 塩は決して悪いものじゃないんです。 悪いのは塩化ナトリウム。化学精製塩です。   塩が体から抜けると調子を崩します。足がつるというのは、塩分が不足か水分が過剰か、その両方かです。塩を摂り過ぎで足がむくむ人。塩を抜きすぎて足がつる人。要はバランスなんです。適度にどっちも必要です。これがよくないと言うと、それを止めてしまう傾向に走ることが多いので、ほどほどというのがあることを知ってほしいと思います。いわゆる、いい塩梅の塩加減ですね。  
  • 参加者の声です。
  • 「土用」の意味合いについて丁寧に説明してくださって、季節を感じて生活することが大事なんだなと思いました。
  • とっさのときのお手当など、実例を交えて話してくださるので、これまでにはなかった深い理解ができました。
  • 小さなことからコツコツとでも、自分で行動することの大切さがよく分かった気がします。
 
  • 西下先生からコメントです。
今回新たにご参加くださった方や、毎回ずっと参加してくださっている方など、本当にいつもありがとうございます。 自然治癒力とは、「自然」とつくように何か特別なことではなく誰にでも当然備わっているもの。そのあたりまえのことにきちんと目を向ける大切さは伝えられたかなと思います。   ●西下先生から次回に向けて。 次回8月3日は「元気力の育て方」。元気で居続けるために、いまよりもっと元気になるために、必要なポイントを解説していきます。 どうぞお楽しみに!
  • 2014年07月12日 10時08分更新
  • ブログカテゴリー:

藤井美千代先生からのおたより♪

残暑お見舞い申し上げます! クッキングスクールは、昨日からレギュラーコースの授業が おこなわれています。 連日まだまだ暑い日が続きますが、 皆様どうぞ体調管理に気をつけてお過ごしくださいね。 さて、お盆明けのブログ第1弾は、藤井美千代先生から いただいたお便りです。 伊勢神宮は今年が式年遷宮。 伊勢ではそれにまつわる行事が目白押しですが、 その中のひとつ、いつもは入ることのできない正殿の近くにまで 行くことの出来る「お白石持行事」に参加されたのだそうです! ************************************ 

伊勢の神宮 第62回神宮式年遷宮お白石持行事に参加してきました。

 

去年、さーくるふじ(※藤井先生が主催しているサークル)で 伊勢から公益財団法人修養団の寺岡賢先生をお招きして、日本の心や 伊勢についての講演会を西宮、芦屋で3回開催させて頂きました。 そのご縁から今回お白石持行事に参加できることになりました。

 

一日目(8月4日)

受付を済ませたあと礼法作法の実習 その後童心行というのを受けました。 ジャンケンをしたりゲームのようなことをして、 素直な自分にたちかえる行だそうです。

全員子供のようにはしゃげる事が不思議でした。

本当は心の中にあるんでしょうね。 身も心も軽くなりその後二見ヶ浦の二見輿玉神社に お参りし、お祓いもして頂きました。 IMGP0105.JPG

夕食の後宿舎の講堂でたっぷりと伊勢の神宮のお話がありましたが、 お腹がいっぱいなのと疲れてほとんど記憶に残っていないのが残念!

 

二日目 

朝は正座行の後朝食を頂いてから白い衣装に着替えました。

いよいよです。

集合場所にむかうと参加者が大勢でビックリしました。 DSC_05831[1].jpg

お白石奉献車をおはらい町やおかげ横丁で引いている間 地域の方々が お茶やおしぼりを振舞って下さり とても有難かったです。 参加者の掛け声の元気な事、楽しそうな事!

 IMGP0127.JPG

お白石奉献車を鳥居の前におき参加者は宇治橋を渡り 神域まで歩きました。 IMGP0132.JPG

神域に入ってからは、一人ひとりが白布に「お白石」を包み、 遷宮後は立ち入ることの出来ない新宮の御垣内、真新しい 御正殿の近くまで進み、持参した「お白石」を奉献しました。 感動の一瞬です。後、宿舎で閉校式があり解散となりました。 IMGP0135.JPG

 

とても暑かったので帰りは赤福の抹茶かき氷を頂きました。 何十年ぶりです。 かき氷ってこれだけ暑いと中々美味しいものですね。 さすがに汗がひきました。

     

初めてお白石持行事に参加できて、全員感動のうちに帰宅しました。 次回は20年後です・・・・・・。 ************************************* 藤井先生、おたよりを有難うございました。 なかなかご縁がないと、参加できない行事ですよね。 20年というと、まだまだ建物は新しそうな印象があります。 実際に行かれた方はご存知ですが、森の中の正殿の屋根などには 緑の苔が生えていて、真新しい正殿と比べると、 やはり年数を感じます。 解体された建材は、表面を削って別の建物や末社などの 建材として再利用されるとのこと。 連綿と伝えられる伝統と、再生する木の文化を 感じることができます。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年08月17日 14時47分更新
  • ブログカテゴリー:

香港☆マクロビオティックレポート

  連日、湿気と暑さの最中の日本ですが、 それよりもっと暑い香港より、おたよりが届きました。 香港でマクロビオティックの料理教室を開催している、 野崎恭子さんからの、レポートです。 **********************************
先日、梅の防腐効果がお弁当を腐りにくくするといった お話を教室でしたところ、香港で教室に通って下さる生徒さんが、 お弁当の会(24名ご参加とのこと)で梅酢をご紹介くださいました。
レッスンでお伝えした車麩のフライや切干大根の煮物なども ご紹介いただいたようです。 梅酢の活用をご紹介しました!」

 ~香港友の会お弁当講習会~

2013年5月24日 香港友の会お弁当講習会が 香港で開催されました。

まず香港では、日本人学校はお弁当、 インターナショナルスクールもスクールランチ(給食)か お弁当を選択します。 今回は毎日のお弁当作りをされているお母様方を対象として、 長年香港友の会の母親達が実践してきた内容をもとに紹介しました。 常備菜や手間貯金、中でも、香港の土地柄(高温多湿)であり、 お客様からはお弁当の保存についての感心が寄せられました。

私も梅酢は、実際に毎日のお弁当作りでご飯に直接スプレー、 容器の蓋にもスプレーする事で殺菌出来、その他にも 野菜のアク抜きや、ドレッシングでも活用出来る事を ご紹介しました。

 常備菜では切り干し大根や、車麩、ひじき等を 利用する事で手間貯金が出来、時間にも気持ちにも、 そして、体に良い乾物の活用方法をご紹介しました。

講習会でのアンケートを見ますと、梅酢と、乾物の 切り干し大根の栄養価の高さに関心が寄せられていました。

日本の食文化の素晴らしさを香港でも伝える事が出来、 日々のお弁当作りに活用されれば幸いです。

               香港在住 香港友の会会員DSC03396.JPG

香港のマクロビ店正食字號さんで取り扱ってる商品を使用しました。
梅酢は、私が10本ほど日本から持参していたのをお渡ししました。
 
教室では、日本のいいものをお伝えしていきたいという 気持ちがあるので、皆さん使ったことない乾物や、 ちゃんと作られている調味料などもどんどんご紹介しています。 (By:野崎恭子) ******************************************** お弁当作りの悩みは、日本でも香港でも変わらないようですね。 日本の伝統食品の知恵をフル活用して、 楽しくおいしいお弁当タイムを演出される裏方のお母様方に エールをお送りしたいと思います! 野崎さん、レポートを有難うございました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

https://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月06日 09時32分更新
  • ブログカテゴリー:

今年も1年ありがとうございました♪

  本日で協会事務局もお正月休みに突入です。 今年も、皆様をはじめ、色々な方とのご縁をいただき、 とても有意義な1年とすることができました。 どうもありがとうございます! そして来年からも、さまざまな課題をいただきながら、 事務局スタッフ一同、一歩一歩歩んでいきたいと 思っております。 どうぞよろしくお願いいたします さて、今年最後のブログは、1月のセミナーと公開料理の ご案内です! 1月11日(金)は、 協会理事でもある岡部賢二先生の単発セミナー 「食・開運講座!」が開催されます 食を変えると、心が変わる・・・。 心が変わると、運気も変わる。 というと、「またまたぁ~(笑)」とお思いの方も おられるかもしれません。 ですが、 実はお料理教室に通われている受講生の皆さんの 感想を聞く機会があるのですが、 そうとしか思えないエピソードがいっぱいあります! やっぱり、「食」は身体だけでなく、心もつくっているのだなあ、と。 年明け早々ですが、ぜひ、2013年の「マクロ始め」に、 お越しください 詳しくはこちらまで↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/shokukaiun/ 1月24日(木)は、 今村圭子先生の公開料理教室 「丸麦麹の味噌作り教室」です 味噌を手作りしてみたいけど、ひとりはちょっと面倒・・・という方、 前回もやってたけど、手順を忘れたかも?? という方も、 みんなでわいわい一緒にすれば、自然と手が 味噌作りのコツを覚えてくれるはず まだ定数に余裕がありますので、ぜひぜひ、ご参加ください 詳しくはこちらまで↓ https://www.macrobiotic.gr.jp/school/koukai/ それでは、皆様、 どうぞ良い年をお迎えください
  • 2012年12月27日 18時20分更新
  • ブログカテゴリー: