ブログ「マクロなポケット」Blog

スウェーデンから「むすび」誌ゆかりの小川友子さんが協会に来られました

 

小川友子さんは、大阪でスウエーデンのマクロビオティック料理教室を開催する機会に、正食協会に寄っていただき、リアルな世界のマクロビオティック情報をお話ししていただきました。

 

(右から二番目:小川友子さん、中央:長女の舞さん)

 

20年ほど前に「LETTER FROM ABROD」というタイトルで、ご自身のことやマクロビアンの知人の体験記を翻訳して、本誌に投稿していただいています。

 

中学校の英語の教師だった小川さんは、ご主人の転勤にともなって1990年にスウェーデンのストックホルムに移住。三人の男子と一人の女子を育てられ、日本語教師の仕事をしつつ、マクロビオティックの普及活動をされています。

 

スウェーデンではマクロな生活をされながら、日本からのホームステイを受け入れ、生活を共にしながら、マクロを伝えられています。正食クッキングスクールの師範科卒業生も参加されている方が多数いらっしゃいます。

 

今回一緒に来日されていた長女の舞さんもそんなホームステイのみなさんと一緒に育ったとのこと。そして、小川さんはイギリスで行われているイベント、ワンワールドサマーフェスにも、マクロ料理講師として参加され、各国の方々にも広められています。

 

DSC06547.JPG

 

 

高校の教師をしながら、4人の子供を育てそしてそのような普及活動をされている小川さんは、本当にエネルギッシュ!そんな姿に憧れスウェーデンへ発たれる人が多いのも納得です。

 

今後は、正食協会のほうでもマクロ講座や料理教室など企画させていただければということで、この日は、お別れいたしました。

翌日に実施された小川さんの大阪でのお料理教室については、むすび誌9月号に掲載されますので、お楽しみに!

 

 

 

事務局 宮本貴子

 

小松英子先生にインタビュー!

 

(English is below)

 

 

インタビューシリーズ第二弾は小松英子先生です。

小松先生は24歳のときインドのアシュラム(精神道場)に行って以来自己への探求が始まり、ご出産などいろいろと紆余曲折を経てマクロビオティックにたどり着かれたそうです。小松先生のエスニックのマクロビオティック教室はとても人気で、毎回楽しみにしていらっしゃる生徒さんも多いです。機会がありましたら皆さんも是非ご参加ください!それでは小松先生への質問スタートです。

 

図1.jpg

 

 

Q1マクロビオティックに興味を持ったきっかけは?

 

インドから戻りしばらくしてから田舎暮らしをしました。その時にある料理本と出会いその影響でラクトベジタリアンになりました。また友人から聞いてマクロビオティックの手当法なども知りました。自分で農作物を作っていたので自然と調味料にもこだわるようになり、保存食もいろいろ作りました。その後田舎暮らしを止めましたが、私の自然食はずっと続きました。

 

二度目の結婚をした時に関西に引っ越し、初めて子供を授かりました。子供が4才の時に自分の子供に何を残せるかと考えたときに「健康だ!」と強く感じました。それから大阪の正食協会に通い料理を習い始めました。桜沢哲学が面白く、必要なヒントを岡田会長からいつも頂けたので「これだ!」と思い、それから20年ちかくになります。マクロビオティックのおかげで家族も健康で私の人生もハッピーです。

 

 

Q2皆さんに伝えたいメッセージは?

 

今の時代は情報が多すぎて、健康に良くないライフスタイルや食べものなどがたくさんあります。その上、環境にも体に良くないもの(排気ガス、農薬などなど)も非常に多いです。ですので、心も体も弱っている人が多いと思います。

 

インドへ行ったときに本当の貧困を目の当たりにして、「豊かさが及ぼす健康被害」についてもより考えるようになりました。

 

人間は幸せになるために、夢をかなえるために、まず「健康」ではないといけません。この「健康」は心の持ち方と毎日選んでいるお食事で作っていきます。人間はみんな一人一人自立して自分の「健康」を作るのみです。そうすれば本当の幸せが訪れると私は信じています。

 

 

聞き手 事務局 スザンナ

 

 

Interview with Instructor Eiko Komatsu (June 13th, 2016)  

Today we will introduce Instructor Eiko Komatsu, one of our lovely cookery teachers at the Japan Macrobiotic Association. Her first step towards a life-style change was a trip to an Indian ashram (an Indian monastery), where she went when she was 24. Today her macrobiotic ethnic cookery classes are very popular at the Japan Macrobiotic Association, please do join if you have the chance, we are sure you will enjoy!

 

Q1. What brought you to be interested in macrobiotics? After coming back from my trip to India, I decided to move to the countryside, willing to start a life-style more in tune with nature. It was in that period that I encountered with a cookery book that made me deeply think about the relation between food and health, and decided to become a vegetarian. I started growing my own vegetables, and also to carefully choose all the ingredients I was using in my cooking. As I was growing a lot of produce, I also learned how to preserve foods naturally, without using chemicals of any kind.

Shortly after that a friend introduced me to the macrobiotic natural remedies, and I have to say I was really fascinated by this. Even when, due to different reasons, I had to go back and live in the city, I never stopped following my new eating and health management style, and also continued to study and research on this matter.

When I got married I moved to Kansai and soon my son was born. When he turned 4 I strongly felt that the best thing I could do for him was to give him “health”, the most precious gift human beings can ever get. I therefore joined the Japan Macrobiotic Association in Osaka and started to learn the macrobiotic teachings more deeply. The precious views on Professor Sakurazawa’s(*) philosophy that former Chairman Okada gave me in those years deeply changed my life. I have been practicing macrobiotics for about 20 years now, and thanks to this my family and I are blessed with health and happiness today.

(*) Professor Sakurazawa is the founder of Macrobiotics

 

 

Q2. Would you like to send a message to our readers today?

Today you can get so much information anywhere, and this can be very misleading at times. Furthermore, there are so many foods that can be dangerous to our health, but they can be easily purchased anywhere. Unhealthy lifestyles and pollution make this situation even worse. Due to this, far too many people find themselves weakened and don’t know what to do in order to restore their own health. When I went to India I really thought that one of the worst enemies to our health is “excessive wealth”. Yet, in order to be happy and able to pursue our own dreams, first of all we want to be “healthy”. We surely can build our own health by carefully selecting the foods we eat daily, and by creating a positive mindset. We need to stand on our own feet and take responsibility for our own choices. I personally believe this is the most powerful way to pursue ultimate happiness.

 

 

Interview by Susanna

 

笹浪泉先生にインタビュー!

(English is below) 今回から新シリーズがスタートです♪正食クッキングスクールの講師の先生に、気になる質問をぶつけてお答えいただきます。 第一弾は笹浪泉先生。食育に力を入れられており、正食クッキングスクールでは親子教室を担当いただくことも多いです。今年京都から奈良に移られて、より自然と一体となる生活を目指すそうです。そんな先生のマクロビオティックとの出会いなど是非お読みください。 DSC03325.JPG Q1.マクロビオティックに興味を持ったきっかけは? 長男の出産と育児がトラブル続きで、とても孤独で寂しい思いをしていた時に「塩を変えてみて」と勧めてくれた友達がいました。塩を変えたら、調味料全般が変わり、白米が玄米になり、本物の食材に目を向けるようになり、そうしているうちにいつのまにかお医者様と縁遠くなっていました。長男は健康体となり、私の人生はすっかり変わりました。まさに難有がたし、を実感しました。 Q2.人生に変化はありましたか? 20~30代のころの自分を思い出すと、思慮が浅く常に目で見えるもので自分や周りを評価し、傲慢で人生において大事でないものを追い求めていたように思えます。正食を学ぶチャンスをいただいたおかげで、自分の価値観に疑問を持ち、違う生き方もあるのではないかと気づくことができました。自分を変えるためには時間をかけることも必要でした。遠回りのようですが、それが私の生き方なのだと思っています。 食を正すことが人生を変えるほどのことになるとは、やってみないとわからない深い体験だと思います。きっかけは未熟児で生まれた長男とそれに伴うトラブル。今はそれらに感謝です。 Q3.苦労はありましたか? しょせん自分にできることしかできないので苦労とは思わなかったです。楽しくて無我夢中で正食の勉強にはまっています(現在進行形!)。でも自分で勝手に枠を決めて厳しくストイックにやっていたときの周りとの距離感に「これはおかしい」と気づくまで数年かかりました。(笑)「自分だけが満足できたらいいというのはマクロビオティックではない」と思えるのもその体験あってのことです。 苦労と思わなかったのは当時家族が正食料理を何でもおいしいと食べてくれたことや、どんどん家族が健康的になっていく実感があったこと、そして何よりは 素晴らしい指導者の先生との出会い、心友との出会いがあります。比べるのは他人とではなく、過去の自分だと教えてくださった有機農家の方との出会いなど、多くの方とのご縁や思いやりをいただいてきました。おかげで今も勉強が続けられています。 Q4.皆さんへメッセージ 「マクロビオティック=規制のある特別なもの」と捉えられている感がありますが、本当は自由そのものです。大切なことは基本にいつも立ち返る気持ちをもつこと、小さな当たり前のことを大切にすること、そして楽しい気持ちで自分に合った食事やライフスタイルを考えていくこと。大本にはいつも自然に生かされている、という思いを忘れないことだと思います。ガチガチに固まったマクロビオティックで食べることだけですべてが解決すると思っていた昔の自分がおかしくてたまりませんが、そんな時も必要だったと思えます。 マクロビオティックはブームやhow toで語れるものではありません。私はいつも道しるべとなる良き先輩方に恵まれていました。人生の師となる方々を見習い、これからもこの道を歩み続けたいと思っています。 皆さんも気軽にできるところから、始めてみてくださいね。失敗も宝物になると思います!楽しく本気で生きる道がマクロビオティックです♪ 聞き手 事務局 スザンナ Insights – Interview with Instructor Izumi Sasanami   On May17th the 3rd lesson of the Beginners’ course took place here at the Japan Macrobiotic Association in Osaka. The instructor for the day was Mrs. Izumi Sasanami. At the end of the class I asked her if I could shortly interview her. She very kindly agreed, and today would like to share her lovely thoughts with all those who might be interested.   1.What brought you to be interested in Macrobiotics? I became interested in Macrobiotics when I was expecting my first son. It was a very difficult pregnancy, even after delivery I couldn’t recover, and felt very lonely. One day a friend advised me to try changing the salt that I was using in my cooking, and decided to give this a try. I today realize that this was actually my first step towards Macrobiotics. After abolishing chemical salt and using pure marine salt instead, I slowly started to feel the need to change also other foods, and before I knew brown rice had become my staple food. Also my son’s health started to improve, and it was the beginning of a new life for me.   2.How did your life change when you started to study and practice Macrobiotics? I have to say that when I was in my 20s and 30s I was very superficial and arrogant, ready to judge everybody and everything around me very sharply. But once I started to study and understand more about Macrobiotics, I felt that this way of living was not what I was really looking for. It took me a lot of time to make changes, especially because I took detours while looking for what suited me best. But today these detours have become a very important part of my life, as I feel they help me making even deeper experiences for even further change.   3.Was it hard to make the necessary changes?  I didn’t feel it was hard at all, actually I felt the changing process was quite enjoyable. But today I can say that at the beginning I was too stoic Furthermore, I was so completely absorbed with this new discovery that I ended up in building a wall between myself and others. Yet, I very soon realized that this was not right for me and started to be more and more flexible. Thanks to this my macrobiotic experience became even more interesting and enjoyable. Furthermore, I was able to meet amazing people, including teachers, who taught me so much and to whom I am immensely grateful.   4. Are there any messages in particular that you would like to send to the students and also to the readers today? Many people think that Macrobiotics means “strictness”, but in reality it is all about “freedom”. It is not necessary to go by the manual, the only things we need to do is to keep the focus on basics, on simplicity, paying attention to those little yet important things that fill “usual” days, feeling grateful for having been given the gift of Life. Also learning how to listen to the messages that the body sends out, so to be able to choose the food and the life style that best suit each of us, is fundamental. Macrobiotics is not a fashion, nor a trend, but a lovely way of living that leads to better health and happier life. I would like to invite all of you to start from those things that you don’t feel as a burden, one step at a time. Mistakes and failures are part of the process too, so please don’t fear them. To live intensely and happily is the real meaning of Macrobiotics. Interview by Susanna