ブログ「マクロなポケット」Blog

【免疫力UP情報】健康長寿の食習慣のために①

【免疫力UP情報】
昨今、世間を騒がす新型コロナウイルス。
こちらのコーナーではコロナに負けない身体づくりのための情報を、
過去のむすび誌や正食出版発行書籍から抜粋してご紹介致します。
第16弾は「むすび誌2017年7月号」より渡邊昌氏の講演のハイライト記事です(全5回)。
-----------------------------------------------------------------------------------
生命科学振興会理事長でNPO法人・日本綜合医学会の会長も務める医師の渡邊昌さんは、今年1月に開催した「医と食 健康フォーラム」(正食協会主催)で、病気になる前の「未病」に注目した健康づくりなどについて講演していただきました。
テーマは「糖尿病の食事療法」。薬を使わず食事と運動だけで糖尿病を克服し、マラソンを完走するまでに元気になった渡邊さんの話も、主に食の視点からいかに健康長寿を目ざすかという内容です。特集記事の一つとしてお読み下さい。

戦後から38倍も増えた糖尿病 重い合併症は大変な悲劇に

戦後、食生活の変化とともに、病気は増加の一途をたどりました。
 渡邊さんが示した資料によると、戦後から2010年にかけて、胃がんは横ばいだったものの、肝がんは3・5倍に、結腸がんは7・5倍にまで増えました。糖尿病にいたっては38倍です。
 一方、食生活の方は、同時期に脂肪摂取量が4・6倍に、動物性タンパク質も5倍に増加しました。
 病気が急増した原因について渡邊さんは「明らかに、食生活を主体とした変化がもたらした結果」と指摘しました。
 糖尿病についてみると、2011年の統計では、糖尿病が強く疑われる成人(20〜79歳)の糖尿病人口は約1067万人。同成人全体9534万人の11・2%にあたります。
 年齢層別では、20〜39歳では5・9%ですが、40〜59歳になると33・3%に跳ね上がります。3人に1人は糖尿病になる可能性があるのです。60〜79歳だとさらに60・8%に上昇し、糖尿病にならない人の方が少数派になります。
 糖尿病患者1人あたりの平均医療費は年間約28万円。渡邊さんによると、人工透析を受けると年間で1人平均500万円もかかります。
 透析患者は約3万人いるといわれ、単純に計算すると年間約1500億円。透析費用だけでも膨大な金額に上ります。
 糖尿病で恐ろしいのは、重い合併症。「足を切ったり、目が見えなくなる人もいます。成人になってからの失明は大変な悲劇です。点字なんか勉強できません」と、渡邊さんは合併症の怖さを語りました。

脂肪太りはインスリン抵抗性 高インスリンが続けば不足

 怖い糖尿病ですが、発症の仕組みはかなりわかってきました。「一つはインスリン不足、もう一つはインスリン抵抗性です」
 インスリン抵抗性は、インスリンが分泌されてもうまくはたらかない状態を指します。渡邊さんによると、脂肪による阻害が原因の一つで、「脂肪太りの人はだいたいインスリン抵抗性です」。
 インスリン不足は、「食後高血糖になる人は、インスリンがどっと出ます。高インスリン血症の時代が数年あると、インスリン不足になるという考え方です」。
 糖尿病の診断基準の一つは、2回の測定で空腹時血糖値が126(mg/dl)以上になること。
 最初の測定で126以上なら、本来ならその後3か月間で食事療法と運動療法でコントロールし、もう一回測定しなければいけないそうですが、現実には最初の測定で126以上の血糖値とわかれば、すぐに血糖値を下げる薬を処方する医師が珍しくないようです。
 ほか、随時血糖値が250以上、Hb(ヘモグロビン)A1cが6・5%以上、食後血糖値が160以上、グルコアルブミンが25%以上という基準があり、「どれが引っ掛かっても糖尿病の薬を処方されます」。

健康長寿の食習慣のために②へ
-----------------------------------------------------------------------------------
  • 2021年01月30日 15時00分更新
  • ブログカテゴリー: