カテゴリ一覧 ご利用ガイド 会員ログイン お問い合せ
新規会員登録
 
トップ>おすすめピックアップアイテム
高野豆腐 梅醤番茶 吉野葛
  レンコンは「先が見通せる」ことから、おせち料理やおめでたい料理に欠かせない食べものです。また、ぜんそくや結核、咳止めの妙薬として昔から活用されてきました。レンコンのなかでもとくに節の両側三センチの所が引き締まっていて陽性が強くミネラルやでんぷん質を濃縮しています。

レンコンは秋から冬にかけてがいちばんおいしい時期で、ほどよく小太りしたものがよく、細くて小さく未熟なものは歯ざわりも悪く味もよくありません。また、切り口が薄茶色になり、よく糸を引くレンコンほど陽性で薬効が高まります。市販のレンコンのなかには漂白したものや、変色を防ぐため薬品につけたものがありますので、できるだけ泥つきのものを手にいれてください。

ぜんそくは気管がゆるんで、空気の通りが悪い状態で発作が起こります。レンコンは気管の形と類似しており、気管を押し広げながら締めていく独特の動きがあります。レンコン湯はまさに咳止め・ぜんそく、風邪の妙薬となります。
レンコンを皮をむかずにすりおろし、布でしぼり、レンコンのおろし汁をつくる。 に醤油(無添加のもの)または塩で、飲みやすい程度に味をつける。 葛粉をに入れ、よく練る。 熱湯(150cc)を注ぎ、手早く混ぜ、透明になるまでよく混ぜる。湯の温度が低く、透明にならない時は、小鍋に入れて、火にかけてもよい。 最後に生姜のおろし汁を加え、飲む。

釈迦蓮根末
小さじ1杯を梅醤番茶やお湯に溶きお飲み下さい。また、みそ汁・煮物・天ぷら等のお料理に加えてお召し上がり下さい。
蓮根粉末
(コーレン)

節蓮根粉末
100ccの水の入った鍋に小さじ1杯のコーレンまたは節蓮根粉末を入れ、塩を少々加えます。火にかけて沸騰する直前で火を止めお飲み下さい。
 

上へ戻る
home