ブログ「マクロなポケット」Blog

朝霧高原診療所に行ってきました

 

一昨年、大阪で行われたホリスティック医学協会の シンポジウムで、医師、山本竜隆先生の講演をお聞きして、 いつか訪れたいと思っていた富士山麓の朝霧高原。

標高700mの土地に診療所を開設されていて、 近くに購入した自然林や湧き水、清流などがある 約2万坪の土地に、滞在型の養生施設を作りたいと 話されていました。 そのリトリート施設、富士山静養園が、 今年の4月にオープンしたのです。

 

527日、梅雨入りしたかもしれない湿度と、 どんよりした空でした。 新幹線の新富士駅を降りて、駅前でレンタカーに乗り、 ひたすら富士山の方向へ車を走らせました。

山本竜隆先生は、アリゾナ大学統合医療プログラムの 代表であるアンドルー・ワイル博士の著書『癒す心治る力』を読んで、 大きな影響を受けました。

そして、本当の医療のあるべき姿、先生が目指 す医療の方向性が正しいことを確信されました。

 

自分の理想とする医療を実現するためにヨーロッパの 自然環境を活かした郊外型医療施設を視察されました。

そして何年も土地探しをした結果、 朝霧高原にたどり着いたのです。

 

登り一辺倒の道をドライブして、カーナビの指示通り 曲がったところに、朝霧高原診療所がありました。 IMG_7420.JPG

診療所の中には、何人もの患者さんがおられました。 先生に到着のご挨拶だけして、富士山静養園に移動しました。

鳥の鳴き声と風が葉をゆらす音だけの世界がそこにありました。IMG_7401.JPG

IMG_7383.JPG 一羽の鷺が静かに飛来し、我々を歓迎してくれました

  早速、山本先生の奥様に案内していただき、 敷地内を散策しました。 IMG_7384.JPG

あいにくの曇り空で、ふだんなら目前に迫る富士山が、 見えないのが残念です。

広葉樹が茂る原生林の中を歩きました。 清流がきれいです。ひんやりした空気が心地よく、 草や土の香りと共に深く吸い込みました。 IMG_7390.JPG 

IMG_7387.JPG 野生のクレソン 

IMG_7392.JPG 

奥様の心づくしの玄米菜食の夕食を堪能した後、 診療を終えた山本先生が来られ、ゆっくりお話をお伺いしました。

「“下医は病気を治し、中医は人を治し、上医は社会を治すとも言われているように、自然環境や社会、生活全般を含めた 幅広い視点で、人の健康や医療をとらえて実践していくことが、 本来の医療の有り方、医師としての活動ではないかと考え、 目指しています。」(朝霧高原診療所のホームページより)

テレビも新聞も何もない夜を贅沢に過ごそうと 早めに寝室に入りました。 そして、ほどよい疲れと共に、深い静寂と漆黒の闇に 沈んでいきました。

  

 翌朝、山本竜隆先生に、村の聖地・陣馬の滝に連れて行ってもらいました。

 IMG_7416.JPG

「むすび」8月号の特集にて詳細をお伝えします。どうぞご期待ください。

IMG_2751.JPG (Terry) 

 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

http://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

 

  • 2013年06月02日 10時21分更新
  • ブログカテゴリー: