ブログ「マクロなポケット」Blog

6/28スペシャルコース「食養料理とお手当て」第2回

  昨日の夕方より、協会近くの公園から「ドォーン、ドォーン」と 太鼓の音が聞こえるようになりました。 “生玉さん”と呼ばれる「生国魂神社」のお祭りが、11・12日に おこなわれるのですが、その練習が始まると毎年 「夏になったなあ~」と実感します。 同じく昨日の夕方より、 9月に開催する「短期集中料理教室」の募集を 協会サイトにて開始いたしました! ↓ http://www.macrobiotic.gr.jp/cookingschool/tankishuchu.html まだ残暑の残る9月ですが、一足早く秋冬のメニューを実習しますので、 その後寒くなる季節への対応が出来るようになりますよ♪ 皆様のご参加、ぜひお待ちしております。 さて今回は、先月28日におこなわれた スペシャルコース「食養料理とお手当てコース」の第2回の 模様をお伝えします。 この前日、伊豆大島から東京経由で帰ってこられた校長先生。 628食校長1.JPG お疲れの様子もなく、大切な食養料理、 「玄米クリーム」や「小豆かぼちゃ」などを教えていただきました。 628食玄米.JPG 玄米クリームは、まず玄米を炒るところから。 炒った玄米は、ぷっくらと丸みを帯びています。 628小豆鍋.JPG 「小豆かぼちゃ」のかぼちゃを入れる前の土鍋。 628食鍋ご飯.JPG 今回は、土鍋で玄米ご飯を炊きました。 圧力鍋では「もっちり」炊けますが、土鍋だと、少々さらっとしているので、 夏場圧力鍋のご飯が重いと感じる方は、いちど土鍋で炊いてみては いかがでしょう? 628食実習.JPG 玄米粥を袋で漉し、クリーム状にしていきます。 時間がかかる作業ですが、そこに込められる作り手の思いが、 食べる側に元気を与えます。 628食試食.JPG 試食が完成しました。 奥の薄焼きせんべい、 いつもなら「玄米クリームの絞ったガラのおせんべい」ですが、 今回はそれとは別に、試飲した「玄心」の煮出したガラに 地粉を混ぜておせんべいにしました。 628食講義.JPG 試食後は、玄米クリームについてなどの講義が おこなわれました。 次回、「食養料理とお手当て」コース最終回は7月26日、 大阪天神祭りの翌日です。 お祭り疲れの方もいらっしゃるかも知れませんが、 皆さんのお元気な姿をお待ちしております!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

http://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年07月02日 15時32分更新
  • ブログカテゴリー: