ブログ「マクロなポケット」Blog

山村慎一郎先生の講座が開催されました

 

29日の日曜日、正食協会の理事で食養家の 山村慎一郎先生の講座、 食養に漢方を取り入れて、食べ物の仕組みを 最大限に生かして健康生活を手に入れる 「秘伝公開! 山村流・病気を改善する食事」 第5回「腎臓・膀胱・・・腎炎、メニエル、生殖器の病気」 が開催されました。

 

21日に開催された「食育フォーラム」に参加された 山村先生は、西福江園長の、玄米和食を給食にしている 高取保育園の取り組みについて、 「子どもたちが工夫して食の実験する場面が素晴らしい。 考える子になりますね」と感想を述べられました。

209山村先生1.JPG  

「幼い頃に培った感性も、大人になっていくうちに曇ってきます。 私は仏教が大好きです。仏教では自分を観ることが大事と教えます。 今やるべきことをやる。人間の苦難の一つは、 まだ起きてもいないことを不安に思ってしまう。 こうなったらどうしよう? と」

 

「禅の極意は、“今やるべきことをやる”ということだそうです。 玄米を食べて健康になっても、人生は試練が多く、 いろんな想いというものが崩れてくることがあります。 そんな時に、実に良いヒントとなると思って、 息子に買ってやった本があるんです」

 

「映画『ネバーエンディング・ストーリー』の原作、 ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』、 時間泥棒の『モモ』、もう一冊はすっかり忘れていたんですけど、 『ゲド戦記』なんです。 第一巻が影との戦いなんですね。 影に脅かされ続ける主人公が最後は影と向き合うんです」と あらすじを話され、陰陽の考え方について展開されていかれました。

 

「良く生きたいと思えば、死を観なければならない。 死んだらどうなるんだろうとか。一日を良く過ごすためには、 夜、ぐっすりと眠ることが必要なんです。

陰と陽は対になっています」

 

「便利になればなるほど忙しくなってきています。 歩けば時間のかかる距離を車ならあっという間に着いて、 余った時間があるはずなのにない。

携帯電話の普及する前、彼女に連絡するために、 公衆電話を探し、10円玉を入れてダイヤルを回すまでの時間や、 想いを綴る手紙。そんな無駄な時間が 実は大事な時間だったということです」

 

「毎日同じことの繰り返しですから、 目新しいことに気持ちは動きます。 基本を忠実にやっていくというのは、意外に難しいです」と、 講義の前の面白くてためになる雑観を述べられた後、 本題に入っていかれました。

209山村先生2.JPG  

このシリーズは、今回で終了です。

次回は413日(日)から4回シリーズで 「山村流・食養診断力アップ法」が開催されます。 ますますパワーアップしている山村先生の講座です。 是非、ご参加ください。 (Terry)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

http://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2014年02月12日 09時19分更新
  • ブログカテゴリー: