ブログ「マクロなポケット」Blog

2/10山村流食養診断力アップ法

 

山村流食養診断力アップ法の最終回 「診断力ワークショップ」が開催されました。

ほくろやシミは、赤ちゃんにはありません。 いつのまにか出来てきます。たるみや顔色も変り、 若い時には出なかったものが出てきます。

歳を重ねると、若い時は強かった排泄するレベルが下がります。 腸内細菌叢が崩れてきて、腸の働きが衰えてきます。

そうなってくると、若い時何でもなかった、 お肉が負担になってきます。

同じように胃も弱くなってきますので、 年齢に相応しい食べ方をしていく必要があります。

無理をして食べ続けていると、許容量がオーバーとなって、 たんぱく質の燃えカスが黒いシミになったり、 油ものが白い吹き出物になって、表面に現れてきます。 これは身体の負担になっていますよ、という警告になります。

210山村先生.JPG

身体は歳をとりますが、心は歳をとりませんね。 いつまでも1920歳と変りません。興味のあることには貪欲です。 カラオケでも、本当に好きな歌を・・・例えば吉田拓郎とか歌えばいいのに、 若ぶって今の時代の歌を選曲して、声が裏返ったりしています(笑)。 無理はいけません。

このままでは、日本は滅亡するのではないでしょうか。 子供たちの食生活がひどい、そして噛まない。 親は子供の機嫌ばかりとって、躾をしていない。 誤解を恐れずに言えば、アトピーや喘息などアレルギーの原因は、 清潔症候群です。

前回紹介した、私の大好きな藤田紘一郎先生の 『脳はバカ、腸はかしこい』は、本当に良い本です。 この本にあるように、どんどん菌を体内に取り入れましょう。 腸内細菌を増やしましょう。

 

無農薬で安全ということで、水耕栽培のスプラウトが 流行っていますが、無菌であるがゆえに、本来それほど 強くないO-157のような大腸菌が勢いを増してきます。 気温や天候に左右されないリスクの少ない栽培方法ですが、 そもそも思うようにいかないのが自然です。 このようなゴーマンな方法には、必ず罠があります。

山村先生は、この後も次々と身の周りのことや、 何気なく続けている生活習慣の問題点を面白おかしく提起され、 その理由と解決策などを話され、今回のテーマである望診の ワークショップに入られました。

 

4月から、山村慎一郎先生の新シリーズ 「意志を強くするヒケツ…崩れやすい自分を立て直す四つの方法」 が始まります。乞うご期待! (Terry) ↓セミナーの詳細は、こちら

http://www.macrobiotic.gr.jp/seminar/yamamura_hiketu/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Macropocket(正食協会事務局)

JAPAN MACROBIOTIC ASSOCIATION

http://www.macrobiotic.gr.jp/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

  • 2013年02月17日 10時28分更新
  • ブログカテゴリー: